┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2006年2月17日発行第218号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■携帯の着信音、時計のアラームは論外ですが、ほかにも、
■演奏中の出入り、紙袋の音、おしゃべり、いびき、なども困りもの。
■いい演奏会はいいマナーから。常識っちゃあ常識ですがね。
■2月25日(土)Studio−K主催ライブシリーズ第1回
■川瀬順輔、福田千栄子、小林紀輔。何かがあるかも。

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★ おたすけ社鳥の話「二足のわらじ」(目次の1)
★【雀の会】「バイオリニスト」「行儀が悪い」「高嶋ちさ子」(目次の2)
★花季登喜葉会・平重衡の会・佐藤健作太鼓公演(目次の3)
★2月18日〜2月26日までの演奏会(目次の4)
★クイズ休止(目次の5)
★チケット・プレゼント 4件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友 3月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【野川流地唄を聴く会 菊原光治VS砂崎知子】
       知(とも)の会 第1回
2006年3月5日(日)14時〜 6000円(お食事付き)
場所 知子庵(岡山市御成町7−3)

「黒髪」    三弦 菊原光治
「越後獅子」  三弦本手 菊原光治、三弦替手 砂崎知子
「浪花十二月」 三弦 菊原光治
「虫の武蔵野」 箏 砂崎知子、三弦 菊原光治

《お申し込み・お問い合せ先》
700―0824 岡山市内山下2−8−5 
          吉廣 剛世  086−223−6617
定員 40名 (定員になり次第、締め切らせていただきます。)
……………………………………………………………………………………………
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(216)
          二足のわらじ
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
二足の草鞋といえば、裏と表のこと。
黒駒の勝造とか、実態はやくざなのだが、
表稼業は十手持ち。
これは関八州(田舎)だからできたことで
江戸の町ではそうはいかない。

江戸町奉行所の構成は、与力が検事で同心が警部、
巡査は小者。
逮捕権があるのはここまで。
ちなみに奉行は裁判官。
遠山の金さんでも逮捕権はない、というか現場には出ない。

町奉行所の予算は少なかったので、
小者は同心に一人くらいしか配属されない。
警部一人に警官一人。
これでは百万人を超える大江戸八百八町はまかなえないというので
情報網は各丁の木戸番やら、町役人に頼っていた。

初期はそれでもよかったのだが、やがて高齢化してくる。
そこで事情通のアシスタントを使うことにした。
私的なFBI、CIAみたいなものか。
銭形平次、岡っ引きの登場である。

私的なものだから彼らには給料がない。
同心にしても表向きは一代限り、契約も一年単位。
貧乏なので八丁堀の家の土地を又貸しして
家賃をとって一息つく体たらく。
当然、岡っ引きに支払える金はない。

岡っ引きも下っ引きという子分を養っているので
仕方なくもう一つ別の仕事、本業を持つことになる。
風呂屋、髪結い、料理屋・・・。
かみさんに喰わして貰うヤツもいる。
でもこれを二足の草鞋とはいわない。

ほかの収入は盆暮れに貰う町の旦那衆からの付け届け。
悪いことをしたヤツを目こぼしして
上前をはねることもする。
儲かるからといって図に乗って
自分で悪さをするヤツも出てくる。
今風に言うとインサイダー取引か。
いわばこれが二足の草鞋。

二足の草鞋は、ばれないつもりでいても
不思議なことに必ずバレル。
なぜバレルかというと大抵自分で喋ってしまう。
自慢話は話してナンボというやつだ。(笑)
お上の看板に泥をぬるわけだから
バレたときの仕置きは厳しい。

そういうわけだから、普通岡っ引きに志願者はいない。
志願者がいないと困るのは同心である。
どうするか。
遠島になるようなやつを許してやるからと言って
無理やり岡っ引きに仕立てた。

もっとも本当の悪人はいくらなんでも許すわけにはいかないので
その手前の「間違って」事件になった口である。
例えば喧嘩して相手に大けがを負わせてしまった。
金がないので示談に出来ない。
「岡っ引きをやるなら何とかしてやるぞ」どうする?

さてここまで書いてきて、
これを何とか邦楽に結びつけて落ちをつけたいが、
落ちに迷うぞ。(笑)
岡っ引きが邦楽の師匠をしていたとか、
そんなことはあるわきゃない。(笑)

小杉健治の小説「三人佐平次捕物帖」が面白いのは
三人が嫌々渋々十手持ちにならされたことだ。
同心が三人を恫喝する。
「十手を捨てて、どこへ逃げたとしても打ち首獄門にしてやる。」
この小説の中に常磐津の師匠と芸者は出てくるけれど
主役級じゃないんだよなあ。(笑)
……………………………………………………………………………………………
★江戸の名所を歩こう会★
【第22回】小田原
4月9日(日)小田原駅10時集合
内容未定。小田原城の桜見物ですかね(笑)

◆ 会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
218-1>【そのバイオリニストは】
それは高嶋ちさ子さんではありませんか。
彼女のお父さんは高嶋忠夫(俳優)の弟さんで,
かつての東芝EMIのレコードディレクター。
今TVなどで活躍中の高嶋兄弟はちさ子さんの従兄弟です。
間違っていたらすみません。
(水戸M子)
……………………………………………………………………………………………
218-2>【行儀が悪い】
守谷さんが好きになったバイオリニストは、高嶋ちさ子でしょう。
このところ売れっ子で、金曜日の
「たけしの誰でもピカソ」にも出ていました。

話は全然変りますが、邦楽の演奏会の聴衆と言うのは、
どうしてこんなにお行儀が悪いのでしょう。
昨日は「三曲若葉会演奏会」(証券ホール)へ行ってきましたが、
演奏中に出入りする。
(それも出入り口付近に立って待っている人が沢山いるのに、
堂々と前の方の席まで行って、どしんと座る)
おしゃべりはする。ガサガサ音は立てる。
昔のお座敷のおさらい会の悪いマナーを
ホールでの有料の演奏会に持ち込まれては、
たまったものではありません。

2月4日の「筝曲組歌演奏会」(紀尾井小ホール)では、
ホール側の規制が厳しいので演奏中の出入りなどはありませんが、
私の後ろの席の明らかに邦楽評論家らしい二人連れの一人が、
幕間には元気に話しているのに演奏が始まると
いびきをかいて寝ていました。
まったく迷惑な話です。
始まる前の「携帯電話や時計のアラームはお切り下さい」という放送に、
「演奏中のいびきはご遠慮下さい」
と言うのも付け加えて欲しいと思いました。
(もっとも本人は気づいてないのだから、効果ないか)
守谷さんのお力で、こういう人たちの
マナー教育をしてもらえないでしょうか。(S・H)
……………………………………………………………………………………………
218-3>★高嶋ちさ子さんですね。
水戸M子さん、S・Hさん
ありがとうございました。

マナーに関しましては、同感です。
2月14日の一中節を知る会で、私の後ろに座った人が
小声で喋っているのが耳障りで参りました。
幕間の解説のときも、あちこちざわめいていて、
よく聞こえないという状況がありました。
折角の一中がもったいないと思ったことでした。

いびきに関してはどうなんでしょう。(笑)
寝るつもりではないと思いますが。
芸が良いと熟睡できるといいます。
アルファー波が出るのだそうです。(笑)
きっとその時の芸が良かったのだということで。

あ、ちなみにどちらの会も私は行っていません。
ですからいびきをかいたのは私ではありません。
念のため(笑)
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【端唄 登喜葉の会のお知らせ】

3月19日(日)12時半開演 無料
深川江戸資料館小劇場

花季登喜葉主催の一門会。
「姐さん本所」「山中しぐれ」「十日町小唄」ほか。

お問い合せ 047−423−8858
……………………………………………………………………………………………
【桜井真樹子さんより演奏情報です。】

◆処刑される平重衡と白拍子「千手前(せんじゅのまえ)の一夜の物語
◆日本最初の僧侶は尼僧でした。彼女たちによる声明の再現を試みます。

【平重衡(たいらのしげひら)の会】
日時 2006年2月18日(土) 開場 17:30 開演 18:00
会場 スペース ラビ アデッソ(杉並区高円寺南4-22-1 03-3312-2468)
  http://www.space-rabi.adesso.com
出演 桜井真樹子(白拍子・声明) 小濱明人(尺八) 藤木友美(声明)
入場料 2500円+ドリンク代
問い合わせ makiko@zipangu.com 03-3312-2468(Tel&Fax) 080-3094-0951

◆自作自演「青い比久尼の物語」をひとりで語り、声明を唱えます。
『パフォーマンスの複数次元』
日時 2006年2月25日(土)開場16:30 開演17:00
会場 ギャラリー・サージ(東京、神田 03-3861-2581)
http://www.catnet.ne.jp/surge/GSURGE.html
出演 飯村隆彦、桜井真樹子、anti-cool、足立智美 
    *アフタートーク 記録映像上映あり
入場料 前売り1500円/当日1800円
予約問合せ ナヤ・コレクティブ 03-3921-4309 nayac@mc.point.ne.jp
企画 足立智美
企画協力 ギャラリー・サージ
制作 ナヤ・コレクティブ
……………………………………………………………………………………………
【佐藤健作 太鼓公演「西へ行け」】

4月15日(土)出演:佐藤健作 共演:今福優(太鼓)
場所:府中の森芸術劇場
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-2 TEL:042-335-6211(代表)
時間:昼の部14時・夜の部18時半
料金:全席指定 前売 5000円 当日 5500円

お問い合わせ・チケット取扱:カンバセーション
Tel 03−5280−9996(平日10:00−19:00)
http://www.conversation.co.jp/

府中の森芸術劇場 Tel.042-360-4044(窓口発売のみ・予約不可)
ローソンチケット:0570-063-003(Lコード 36524 )
0570-000-407(オペレーター予約 お問合せ)
楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、本誌広告などに掲載されています。
詳細はそちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
2月18日(土)小唄井上光子「若竹会」
12時半開演 目黒雅叙園
井上光子社中の新春唄い初め。
1部の賛助出演は若宮三千代社中、松風若裕社中、千紫章恵。
2部は宴会。円山芸妓連ほか。
……………………………………………………………………………………………
2月19日(日)小唄鶴岡会
2時開演 上野池之端・水月ホテル
「月はおぼろに」より「乗合万才」まで37番を演奏する。
鶴岡会各社中が参加。
……………………………………………………………………………………………
2月19日(日)生田流協会定期演奏会
12時開演 2000円 イイノホール
……………………………………………………………………………………………
2月19日(日)野澤松也と橘凛保の創作浄瑠璃
昼の部「親と子のプログラム」3時開演   
夜の部「トークと演奏」7時開演 3000円
節分の季節です。童話「泣いたあかおに」の懐かしいお話しを、
「浄瑠璃」太棹の調べにのせて。
橘凛保が書き下ろし、義太夫三味線奏者の野澤松也が作曲、
一人語りいたします。
……………………………………………………………………………………………
2月20日(月)現代邦楽作曲家連盟
6時開演 2500円 四谷区民ホール
野村峰山作品「かえるのゴム靴」小野正志作品「鶏頭」
富山清琴作品「ちょんがれ一休」芝祐靖作品「円江」
唯是震一作品「尺八・箏・三弦・十七弦の為の四重奏曲第五番」
今藤政太郎作品「蛍」
……………………………………………………………………………………………
2月21日(火)琵琶を識る その壱
6時半開演 2000円 なかの小劇場
琵琶についてのお話「琵琶楽の歴史と発展」友吉鶴心。
「白虎隊」山口香織。「さるかに合戦」友吉鶴心。「八甲田山」吉永鶴奏。
国際現代琵琶楽会主催、小中学生無料。
……………………………………………………………………………………………
2月21日(火)若宮三千代の世界 月岡ホテル
……………………………………………………………………………………………
2月22日(水)第2回安藤珠希博士リサイタル
6時半開演 無料 東京芸術大学内 第六ホール
「葵の上(木の本屋巴遊作曲)」
「古道成寺(岸野治郎三作曲・安藤珠希箏手付)」
尾上の松(作者不詳 宮城道雄箏手付)
研究演奏。助演・野坂惠子、長谷川愛子。
……………………………………………………………………………………………
2月22日(水)都一中レクチャーコンサート
7時開演 2500円 四谷スペース天夢
「浄瑠璃の中の美しい日本語」がテーマ。
……………………………………………………………………………………………
2月22日(水)女流義太夫演奏会
6時半開演 2500円 国立演芸場
「絵本太功記〜妙心の段」「夕顔棚より尼ヶ崎の段」
太夫・竹本駒之助、竹本綾之助、竹本土佐恵ほか。
三味線・鶴澤津賀榮、鶴澤賀寿、鶴澤津賀花ほか。
……………………………………………………………………………………………
2月22日(水)女流義太夫 国立演芸場
……………………………………………………………………………………………
2月24日(金)長唄協会 国立大劇場
……………………………………………………………………………………………
2月24日(金)一噌幸弘 笛・幻想の旅
7時開演 5000円 東京オペラシティ・タケミツメモリアル
東京フィルハーモニー交響楽団と笛の競演。
……………………………………………………………………………………………
2月24日(金)コリアの舞と和の響
7時開演 3500円 牛込箪笥区民ホール
韓国/朝鮮舞踊と元鬼太鼓座の今福優「石見の風」との公演。
「日本海幻想、春の笛、散調舞、僧舞」
ぺ・ジヨン、安斉文、今福優、木村俊介、末長愛ほか。
三鼓舞と和太鼓〜舞踊と和太鼓、韓国打楽器のセッション。
……………………………………………………………………………………………
2月25日(土)Studio−Kライブシリーズ第1回
4時半開演 3500円 高円寺・Studio−K
「残月」「千鳥の曲」「晩秋?(オリジナル)」その他。
川瀬順輔、福田千栄子、小林紀輔。
Studio−Kの主催ライブ。琴古流尺八宗家竹友社社主川瀬順輔と
三ッの音会家元福田千栄子によるオリジナル演奏はきわめて珍しい。
ライブシリーズを立ち上げた会主小林紀輔の意欲を感じる。
……………………………………………………………………………………………
2月25日(土)越中おわらを楽しむ会
2時開演 無料 NHK放送博物館・愛宕山ホール
邦楽の友レーベル11「風の盆に魅せられて」の
蓼胡珠己(たで こすみ)さんがコンサートを行う。
小唄と小唄振り、おわら、沖縄舞踊といったプログラム。
CDの自作詞も演奏する。中田博物館館長との対談もあり。
おたすけ社鳥の作詞「昔ばなし金太郎さん」を6歳が唄います。
小唄「本牧亭」「浜町河岸」「青いガス灯」「昔ばなし金太郎さん」
「つくだの渡し」日本舞踊「白扇」「青いガス灯」小唄「空や久しく」
「辰巳の左褄」「まとい桜」「春浅き」「無理なのに」「浮いたかひょうたん」
沖縄舞踊「四つ竹」「花の遊び」小唄「小雪ちらつく」「五月晴れ」
「八尾風の盆」おわら踊り「四季」「輪踊り」「おわらのお話」
……………………………………………………………………………………………
2月26日(日)伝統文化こどもの祭典
1時開演 無料 国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール
花柳珠玉、藤間亜寿賀主催。八幡山伝統文化こども教室、
八幡山日本舞踊こども塾、中野区立第十中学校、都立杉並総合高等学校、
共立女子第二中学校・高等学校、世田谷区立芦花中学校ほかが参加、
長唄演奏や日本舞踊がある。
……………………………………………………………………………………………
2月26日(日)琵琶奥村旭翠 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
2月28日(火)第35回逍遥忌記念祭
1時より 無料 熱海市昭和町・起雲閣
長唄演奏「一休禅師と地獄太夫」今藤長七郎・杵屋徳衛。
坪内逍遥の記念祭。ほかに講演、解説と実写がある。
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
■唄って踊って、松戸小うた■
■松戸小うた連、活躍中。■

「松戸小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
松戸市内の観光バスの中でも唄われております。
「松戸小うた連」という総勢60〜70名の踊りのグループが
市内のイベントで活躍中。さらに参加者を募集中。

  1、 3月5日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・第一会議室
唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用¥1,000
小唄教室(唄・糸)3時〜6時 費用¥3,000

  2、 4月9日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用¥1,000
小唄教室(唄・糸)3時〜6時 費用¥3,000

■ 中條京子インフォメーション

1、3月12日(日)松戸市民劇場
  川の歌コンサート(一芸発表会)
「松戸小うた」「坂川小うた」
  唄・中條京子 踊り・松戸小うた連

2、4月2日(日)松戸市八ヶ崎「桜まつり」
  松戸小うた連参加
  「松戸小うた」「坂川小うた」を踊る。

   お問合せ先 「中條京子音楽事務所」
千葉県松戸市栄町西3丁目1134−8
電話・FAX 047-368-4339
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【邦楽クイズ】休止
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】 4件

★3月11日(土)5時・両国 回向院
鶴澤駒登久3回忌追善演奏会
「絵本太功記〜妙心寺の段」竹本越孝・鶴澤駒清。
「傾城恋飛脚〜新口村の段」竹本綾之助・鶴澤駒治。

★5月18日(木)7時・第一生命ホール
「日本音楽集団」定期演奏会 第183回演奏会
コンチェルトの夕べ。

★9月21日(木)7時・津田ホール
「日本音楽集団」定期演奏会 第184回演奏会
林光氏からのメッセージ。

★11月18日(土)第一生命ホール
「日本音楽集団」定期演奏会 第185回演奏会
和楽劇「呑気布袋・ドンキホーテ」音楽と芝居。
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
3月号は、2月24日(金)に発売されます。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。

3月号目次                   【表紙絵】吉田まりの
【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【新潮会勉強会】山木七重(23)
【邦楽道しるべ】東山晋士(24)【長唄芸語】稀音家義丸(26)
【四季随想】杵屋栄禧(28)【三味線音楽の歴史】渡邉浩子(30)
【創作の景色】菊村しづ(32)【余音余情】波多一索(34)
【小唄オシャレ考】竹越治夫(37)【長唄正本研究】(40)
【詞章考】長崎由利子(42)【日本音楽聞書帖】笹井邦平(44)
【舞踊年表】如月青子(48)【芸競前評判記】笹井邦平(56)
【牧野由多可賞】(58)【長唄随想】辻阪和美(60)【NHK】(63)
【小唄散見】目賀田武藏(64)【演奏会】三曲(70)三味線(73)

【グラビア】東音中島勝祐・福原清彦・清元紅風会・小唄華兆会・
小唄華兆会新名取・古川箏曲研究所・吾妻扇駒名取式・錦文喜央会・
白峰扇優雅・松戸七福神・坂川に清流を・デーモン小暮の邦楽維新・
須磨琴保存会・根岸悦子・メールマガジン@コンサート

演奏会広告(五十音順)小唄まつり(82)新日本音楽抄(6)
砂崎知子(8)東音中島勝祐(5)東音宮田哲男(4)根岸禮(3)
名流端唄会(82)山田流子ども会(9)
★読者優先演奏会情報フォーマット(90)

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【邦楽の友社住所】
■156−0053 世田谷区桜3−26−2 (株)邦楽の友社
03−5451−3068・FAX03−5451−3069
Eメール info@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
【メールマガジン@コンサートの模様をアップしました。】
http://www.hougaku.co.jp/conhtml/magcon.htm

こちらです。
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−5451−3068
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。
ご注文は邦楽の友社へどうぞ。info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−5451−3068
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜12【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己、12「江戸
小曲六歌仙」】
お問い合わせ 03・5451−3068(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
   ■新譜案内■CD 白峰扇優雅 端唄集

端唄白峰流 家元 
白峰扇優雅 端唄集

不二の白峰 風薫る 
扇涼かな 舟遊び
お江戸優雅しき 三味の音
端唄ゆかりの 華が咲く

伊達奴・雪のだるま・川越夜船・雨の夜・炎の恋(八百屋お七)・綱は上意・
女未練・たばこの煙・男涙・から傘・月見草(滝の白糸)・お梶・福の神・
空ほの暗き・夕暮・しょんがいな・秋の夜・笠の紐・吉三髷・更けて逢う夜・
影法師(お梅)・夜あそび・涙の城跡(白虎隊)・米山

お申し込みは→mailto:info@hougaku.co.jpまたは、
   邦楽の友社TEL 03-5451-3068 FAX 03-5451-3069 まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・5451−3068邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・5451−3068邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★江戸の名所を歩こう会★
【第22回】未定。

(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「小唄春香会」★
平成19年1月19日(金)3000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 小唄春香会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成18年5月26日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★
平成18年5月14日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー★
休止中。
……………………………………………………………………………………………
3月号 一般広告(五十音順)朝日屋(83)安藤政輝ビデオ(88)
演劇出版(87)加藤邦楽器(83)かとう(83)菊岡(83)
作者邑(88)白峰扇優雅CD(カラー裏表紙)新橋野村(82)
甚富華CD(18)スタジオK(89)誠和音芸(84)武井写真(86)
竹うち(85)たのしい三味線(84)塚本楽器(87)鶴屋(82)
中川写真(85)日本和楽器(86)ノブレ管(87)東山楽譜(84)
ふじせ(85)牧野由多可賞(7)松戸小うた連(91)三越劇場(12)
光春野村(85)宮本卯之助(88)メルマガ(88)矢野(86)
龍角散(85)ワード(89)
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒156-0053世田谷区桜3−26−2
TEL:03―5451―3068
FAX:03―5451―3069
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP