┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2005年10月28日発行第203号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■江戸の名所を歩こう会の第19回は小江戸で知られる川越です。
■川越藩は松平伊豆守が初代藩主であり春日局の墓所もあります。
■戦火に遭わなかったので土蔵造りや時の鐘も残っています。
■11月20日(日)午前10時、西武線本川越駅改札口出発。
■会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
■Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★ おたすけ社鳥の話「田村小つるさんの新企画」(目次の1)
★【雀の会】「2度目の投稿」「愛の邦楽の友誌」(目次の2)
★邦楽技能者オーディション・小唄処好秀(よしひで)のご案内・
  東海正派合奏団・ミュージカル「明日への扉」・
  訃報/大瀧浪子さん(目次の3)
★10月29日〜11月6日までの演奏会(目次の4)
★クイズ休止(目次の5)
★チケット・プレゼント 5件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友11月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………

■歌舞伎の名曲を「生録携帯着うた」でご提供差し上げております。■

携帯電話から【KABUKI@MBOX.JP】へメールを送って下さい。
(タイトル、本文は空白のまま)歌舞伎サウンドのURLが書かれた
メールが届きますので、そこからサイトへ一発アクセス。
すべての曲が試聴できます。月額315円(税込)

ニートウェア株式会社 INFO@MBOX.JP

……………………………………………………………………………………………
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(201)
          田村小つるさんの新企画
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
何事にも潮の変わり目ということがある。
業界で仕事をしているものにとっては
そういった潮の変わり目を読むことが
肝心肝要なことであると思っている。

10月16日、横浜にぎわい座で行われた
田村小つるさんの小唄「小つる会」の中にも、
その潮の変わり目のきっかけがあったように感じた。
補導は田村彌枝家元。第13回温習会。

それはこういった5つの企画だった。
助六4題「花の雲」「春霞」「傘さして」「助六」、
梅5題「たまに嬉しき」「春風に」「梅は匂いよ」「梅一輪」「かねて手管」
祭3題「日吉さん」「夏祭り」「神田祭」、
月4題「一声は月が」「うから」「残る月」「吉三節分」、
雪3題「雪降れば」「いざさらば」「雪がちらちら」

それぞれが独立した一つ舞台で
たとえば1番目の「助六縁り」は
後列上段に三味線の田村小つる、つる花が並び
前列下段に鶴昇、鶴護、鶴弘、鶴彰が並ぶといった舞台面。
助六にちなんだ小唄4曲を三味線が通しでつなぎ、
唄は分け口にしてときに合唱となる。

これはつまり小唄構成曲である。
10月30日に三越劇場でおこなわれる栄芝さんのリサイタルでも
テーマに沿った「江戸風流唄ごよみ」の構成舞台があるが
これとは少し趣が違う。
どちらかというと鈴木庸生さんの小唄組曲が近いと思うが
これはリサイタルの形式をとるので若干の差異がある。

この5演目はいずれも田村小つるさんのお弟子さんが唄ったこと、
時間帯が12時半頃より1時半頃であったこと、
ここらに興趣を惹かれるものがあった。
それは客の立場になってみればよくわかる。

一般的にお浚い会にでかける人は社中の知り合いである。
プログラムを貰って「遊びに来てね」と言われる。
では何時を目指して行けばいいのか。
番組の時間に合わせて出かけられる人は素人ではない。
素人でなくたって時間の踏めないこともある。

およその時間が踏めても都合により出番の順序が変わったりする。
お弟子さんの出番は幕開きからの捨て番(声出し)と
捨て番後の早めのとこらへんと決まっているが
なにせものの4分足らずで終わってしまうのだから
見はぐる、聞きはぐること、ざらである。

折角はるばる会場まで出かけてきたのに
義理のある(プログラムを頂戴した)方の唄を聴けないのは
来た甲斐がないというもの。
その人以外の唄は聞いても仕方がないと
挨拶だけで帰してしまうのは小唄界の発展にとって真に惜しい。

そこでこの企画である。
これならば1演目10分弱。10分もの間舞台にいられる。
お客さんはついでに通しで5演目聞いてみようと思う。
1曲だけなら何を唄っているかわからなくとも
何曲かテーマに沿った唄が続けば
なるほどこういうことを唄っているのかとよくわかる。
わかれば次ぎも聞きたいとなるし
自分もやりたいとなるかもしれない。

お弟子さんにとってもいいことずくめだ。
一人で唄う部分と一緒に唄う部分があることによって
同舞台に登るお仲間に恥をかかさぬようお稽古に熱が入る。
分け口があることによって社中の一体感が深まる。
大げさに言えば小唄で段ものができたようなものだ。

「一人で唄うのと、皆さんでこうやって舞台に上がるのと
どっちが緊張するものですか?」と聞いた。
「とても心強かったです。」
「楽しかったわよねえ。」

11月26日(土)2時より三越劇場で
田村小つるさんとお仲間の三師匠、
松峰照さん、ふじ松加奈子さん、蓼胡茂さんの4人のプロジェクト、
第3回「えんの会」が行われるが、
こちらの2部で行われる小2から中1までの6人の
「子供たちと唄う」にもきっとそれが活かされているかも知れない。
潮の流れが加速する舞台を見に行こうと思っている。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第19回】小江戸川越
11月20日(日)午前10時、西武線本川越駅改札口出発。
(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
203-1>【水戸M子さんより2度目の投稿】
お言葉に甘え「茨城県芸術祭参加30周記念長唄演奏会」の概要を
お知らせします。
◎日時 11月5日(土)正午開演。
◎会場 常陽芸文センター7階ホール
            (水戸駅北口から徒歩5分,中央郵便局隣)
◎会主 杵屋勝雄治,杵屋ちよ
◎賛助出演 杵屋勝正雄,杵屋六次郎(以上三味線) 
       東音味見純,杵屋三七郎,今藤龍之右(以上唄)
◎演目 記念番組「初しぐれ」「秋の色種」の他、
小鍛冶、岸の柳、藤娘、元録花見踊り、吉原雀、鞍馬山、菖蒲浴衣、
多摩川、供奴、助六、綱館、鶴亀、蜘蛛拍子舞、二人椀久、
五段目角兵獅子、土蜘蛛、以上です。
会が終わったら,またご報告したいことが沢山あります。
字数オーバーですね。お許しを。(水戸M子)

肝心なことを書き忘れました。
入場料は1,500円,但し学生さんは無料です。
私の招待券が5,6枚ありますので希望者があればプレゼントします。
(水戸くんだりまで来るような酔狂な方はいらっしゃらないでしょうが)。
今は東京駅からも快適な高速バスが,水戸駅まで来ています。念の為。
……………………………………………………………………………………………
★肝心なこと・・・以下は三回目の投稿ですね。
地方に多く(外国をふくめて)配信しているわりに
地方の情報が少ないというのが困りものです。
遠慮なさらず、おおいに宣伝してください。
会場でけっこう読者の皆さんとお会いしているようなので
効果はあるだろうと思っています。
水戸の情報を今後も下さいね。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
203-2>【愛の邦楽の友誌】
邦楽の友誌がテレビにデビューするかも。
TBSテレビの「愛の劇場」という昼の帯番組で
邦楽の友誌が登場することがあるかもしれません。
ボツになる可能性もあるそうですが(笑)
「ママはバレリーナ」という番組です。
主役は床嶋佳子さん、主婦でバレリーナを目指しているという役柄です。
その姑役が中尾ミエさん、長唄のお稽古に通っていて
邦楽の友を愛読しているという設定だそうです。
どんな話かは聞きそびれましたが(あえて聞かなかった)(笑)
邦楽の友を読んでいるシーンを見たらご報告ください。
12月後半から1月初め頃です。(まだ未収録らしい)
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
【めるまが@こんさーと】200号配信記念

■11月4日(金)12時半開場・1時開演 3000円 日本橋劇場
1部
1、「から傘」「春風がそよそよ」どっちが下手でショー(笑)
   唄・守谷幸則(おたすけ社鳥)VS目賀田武藏(邦楽評論家)
2、三味線構成曲・創作「すいふよう」弾き唄い・東音小網喜代子
3、小唄「落人」唄・根本次郎 糸・華兆由乃
4、小唄「まとい桜」唄・駒子 糸・京極万寿美
5、小唄「満月」「忘れているのに」唄・堀小代枝 糸・堀小治波
6、箏合奏「れんげ草と蜜蜂」GOTEN
吾妻香穂里、岡山亮子、北川英里、佐藤優子、中澤明日香、
降旗千鶴、渡辺由布子、鮎沢和彦、田中奈央人、玉井伴和

2部
1、歌と踊り「松戸小うた」「坂川小うた」中條京子と松戸小うた連
2、「新内流し」富士松鶴千代一門
3、新内「蘭蝶入り」富士松鶴千代社中
4、20絃独奏曲「黎明」榎戸ふゆき
5、小唄「主さんと」「惚れて通う」唄・京極万寿美 糸・竹枝せん男
6、小唄組曲《灯》「埋み火」「だんろ」唄・竹枝せん 糸・竹枝せん男
7、箏独奏「上無」砂崎知子
       ……………………………………………
■協賛各社
茄子のよいち漬 合資会社島村俊商店 松戸市松戸2000
         047―368−4141
ピーナッツサブレー本舗 株式会社富井 松戸市常盤平5−9−12
         047−385−1031
松戸銘菓矢切の渡し舟 株式会社峰月 松戸市松戸1281
         047−362−2785
玉三白玉粉 川光物産株式会社 松戸工場 松戸市根本11−1
         047−362−2131
まとばの小倉あん 株式会社的場製餡所 松戸市上本郷158
         047−363−5255
       ……………………………………………
■「おふみ」(オフミーティング)「飲み会」決定。
■4時半開宴・6時半中締め(人形町の結構美味しい居酒屋です)
■時間まではホールのロビーで懇親会をしましょう。
■会費は3000円です。(もちろん飲み放題)私も自腹の参加です。
■ moriya@hougaku.co.jp お申し込みはメールでお願いします。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【日本伝統文化振興財団による邦楽技能者オーディション】
CDアルバム制作による、日本の伝統音楽継承者の育成の一環として
古典に限定したオーディションに応募した中から選考される。
応募受付期間は11月10日〜1月13日まで。
応募先、申し込み方法などは日本伝統文化振興財団のホームページへ。
……………………………………………………………………………………………
【小唄処 好秀(よしひで)のご案内】
蓼津留好さんのお弟子さんの蓼好秀さんが日本橋三越前(A6出口)で
小唄処を開店しています。
12人くらい入る小さな空間ですが小舞台もあり
気楽に唄ったり、弾いたりできる隠れ家のような店です。
看板も何も出ていませんので必ず電話で予約してお出かけ下さい。
03―3272−2082
……………………………………………………………………………………………
【箏曲 東海正派合奏団 50周年記念演奏会】
日  時  12月11日(日)午後1時30分開演
会  場  名古屋市民会館 中ホール
入 場 料  3,000円
曲  目  越後獅子/三つのアラベスク/牡丹/木と石の詩/
箏と十七弦のための嬉遊曲/協奏風秋風の曲/桂花
/協奏曲第十番
出 演 者  中島靖子/唯是震一/奥田雅子/唯是雅枝
/酒井帥山/山本真山/他
聞 き 所   正派家元・中島靖子主宰の正派合奏団の最初の地方
分団として発足以来、50年間に合奏勉強を続けてきた
レパートリーの中から各作曲者の代表的な曲を演奏
連 絡 先  052-761-6532 事務局
担  当  深谷 雅楽宜(名古屋三曲連盟理事)
……………………………………………………………………………………………
【たまにはミュージカルでも】
「明日への扉」 東京スクールオブミュージック専門学校主催
11月29日(火) 第一回公演:開場:12:30 開演13:00
        第二回公演:開場:17:30 開演18:00
11月30日(水)      :開場:16:30 開演17:00
文京シビックホール
チケット全席当日指定 ¥3,000  高校生以下・入場無料
ローソンチケット 0570-063-003 Lコード 33780 (24時間対応)
CNプレイガイド 0570-08-9999 (10:00-22:00)

■あらすじ ミュージカルスターを目指している主人公吉川ゆかりは、
「明日への扉」の第1次オーディションにライバルの
真弓、俊江、遥とともに、合格する。
4人は、最終審査に向けて気持ちが高まり練習に励む日々であったが、
ある日の練習中にライバルの遥が倒れて病院に運ばれる。
彼女の体は病魔に侵されていたのだ。
病名は『慢性骨髄性白血病』と診断され、遥の病気は、ゆかり達の中に
さまざまな波紋を投げかける。
そして、友人の一言でゆかりの心が動き始めた。

■概要 骨髄移植推進キャンペーンミュージカル「明日への扉」は、
白血病で苦しむ方々の力に少しでもなれるように、厚生労働省、
夏目雅子ひまわり基金の後援を得て公演されているミュージカルです。
1993年、骨髄移植や骨髄バンク事業の現実を知った本校の学生たちが
「私たちの力でできることは何か」を考えて誕生したミュージカル。
企画・制作はもちろん出演者、スタッフ、運営にいたるまですべて学生が
手掛けています。1994年の初演以来全国で70回の公演が行われ、
約90,000人を超える動員を記録しています。

■「夏目雅子ひまわり基金」は、故夏目雅子さんの遺志を継ぎ、
脱毛に悩む患者の方々に「かつら」を貸与し、彼らの悩みを少しでも
和らげようと設立されました。基金では不要になった「かつら」の提供を
求めるとともに5億円をめどに寄付金を募り財団法人化を目指しています。

夏目雅子ひまわり基金事務局
〒106-0032 東京都港区六本木2-3-9 亀甲ビル7F
TEL 03-3354-7261 http://www.himawari-kikin.com/
…………………………………………………………………………………
【訃報】大瀧浪子さん死去
10月23日逝去、91歳。(株)大瀧邦楽器監査役であった。
喪主は同社社長大瀧進一郎氏。
通夜は10月26日、6時より7時、
告別式は10月27日、10時より11時、
高円寺セレモニーホールにて執り行われた。
…………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、本誌広告などに掲載されています。
詳細はそちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)三味線本手組歌演奏会
12時開演 2000円 イイノホール
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)琴による幻想へのいざない
4時開演 3000円 大日本家庭音楽会ホール
大嶽和久とグループ「響」による第30回演奏会。
いずれも大嶽和久作品によるイブニングコンサート。
「虹色の風」「雪のしらべ」「夕影の島」「大和川」「飛天」演奏後
ポピュラー・オン・ステージ「マスカレード」「黒田節」「車屋さん」
「はじめから今までー冬のソナタよりー」尺八・川村泰山。
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)花季利恵の会
11時開演 無料 内幸町ホール
端唄花季会会長花季利恵の第26回秋の大会。
合奏あり合唱あり、池田弘一さんの特別出演ありで71番を上演する。
会主の花季利恵は「俊寛」「キンライ節」
三味線・花季知優佳、花季利弥でお目見え。終幕の舞台を飾る。
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)根岸悦子乃会
11時開演 無料 三越劇場
根岸悦子の第20回一門会。特別出演に西流家元西英輔。
会主は「木曽もみじ」「磯節カッパ」で登壇。74番上演の後
端唄振立方新ばし加津代「羽織着せ掛け」「長崎ぶらぶら節」で千穐楽。
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)レチスマックLive2005with溝口肇
5時開演 2500円 鴻巣市文化センター(クレアこうのす)
ネオクラシックユニット(大谷祥子(13弦、20弦)佐藤まどか(vl)
阿部篤志(pf)小松玲子(per))がチェリスト溝口肇を招いて
「世界の車窓から」をはじめ、全14曲を熱演します!
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)吉村千比呂舞の会
2時開演 6000円 テッ仙会能楽研修所
地唄「八島」は地方に富山清琴。地唄舞吉村流で大切にされているもの。
創作「松風想」(しょうふうそう)は吉村千比呂の母和歌山富野が
長唄「汐汲」より想を得て唄と鼓、笛で構成した意欲的な作品である。
節付、唄を和歌山富野、作調、鼓を望月朴清が勤める。芸祭参加。
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)小唄吉川明貴子 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
10月29日(土)春日とよ孝33回忌追善小唄会 祇園歌舞練場
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)栄芝リサイタル
4時開演 5000円 三越劇場
第26回栄芝の会。
大和久満、大和櫻笙の賛助出演による「大和楽秋思ほゆ」と
芝園、芝洲、芝あいの「江戸風流唄ごよみ」の二部構成。
ナレーションは風間杜夫。
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)邦楽のつどい
1時開演 無料 新宿文化センター小ホール
箏曲「かざしの雪」尺八「湖上の月」一絃琴「愛宕の四季」
箏曲「六段の調」尺八「三谷」箏曲「岡安砧」雅楽「平調音取ほか」
箏曲「花の旅」尺八「瀧落の曲」
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)箏曲松の実会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)一弦琴京都山水会
1時開演 無料 河村能舞台
会主大西一叡以下門人、笛福原清彦、文楽吉田文吾で
「野辺の錦」「泊仙操」「都の春」「住之江」ほかを上演する。
大西一叡芸歴40年を祝って都の春を文楽人形が舞う。
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)第4回邦楽鑑賞会
1部10時半・2部1時・3部・3時開演 各2000円 広島県縮景園
邦楽で綴る源平盛衰記。源平の歴史にゆかりのある地域に因み
箏、琵琶、篠笛、尺八、謡曲などで物語を再現する。
広島邦楽連盟、福盛智子ほか。
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)永廣孝山尺八リサイタル イシハラホール
芸祭参加。
……………………………………………………………………………………………
10月30日(日)〜11月2日(水)清虚洞一絃琴宇佐日田公演
10月30日(日)3時開演 2500円 宇佐神宮内能楽堂
(宇佐)「勅祭記念 神宮の杜に響く一絃琴の調べ〜清虚洞一絃琴演奏会〜」
10月31日(月)10時開演 宇佐神宮神殿回廊
「宇佐神宮神前奉納演奏」
11月1日(火)10時開演 咸宜園秋風庵
(日田)「咸宜園淡窓祭」
11月1日(火)7時開演 2000円 照蓮寺(日田市 隈町)
「古都日田に響く一絃琴の調べ講演(廣瀬淡窓と長三州)と一絃琴演奏会」
11月2日(水)10時開演 日田市文化センターホール
「淡窓没後150年記念式典」
11月2日(水)午後2時開演 かんぽの宿日田
「講演(淡窓とその弟子たち)と一絃琴演奏会」
出演:峯岸一水、齋藤一蓉、清虚洞一絃琴社
宇佐は10年に一度の勅祭を記念して、
日田は廣瀬淡窓の没後150年を記念して行なわれる演奏会。
11月1日咸宜園淡窓祭においては廣瀬淡窓の詩「隈川雑詠五首」より
「三隈川をうたふ」(齋藤一蓉作曲)という新曲を初演する。
……………………………………………………………………………………………
10月31日(月)野村祐子箏リサイタル
7時開演 4000円 紀尾井小ホール
芸祭参加。
「六段の調べ」「四季の眺め」「千鳥の曲」「瀬音」「三つの断章」
賛助出演・川瀬白秋、富山清琴、深海さとみ、三橋貴風。
……………………………………………………………………………………………
11月1日(火)清元宗家 三越劇場
……………………………………………………………………………………………
11月1日(火)長唄二十一の会
6時半開演 3500円 紀尾井小ホール
「喜三の庭」「胡蝶」「船弁慶」
男性唄方・杵屋三左衛門、東音味見純、杵屋巳之助、杵屋三七郎。
女性唄方・東音浅見文子、東音竹内亜紀、吉住小与ひで。
男性三味線方・東音味見亨、東音高橋智久、松永和寿三郎、
東音阪本剛二郎、東音赤星喜康。
女性三味線方・東音新井康子、吉住小しな、東音荒川知子、杵屋巳織。
囃子方・藤舎呂凰、望月左太郎、中井一夫、梅原雅一、笛・福原徹彦。
……………………………………………………………………………………………
11月1日(火)沢井比河流箏リサイタル
7時開演 3500円 津田ホール
沢井比河流の自作自演リサイタル。
「デイブレイク」「F・L・Y」「氷華」「月光百姿」「上昇の彼方」
菅原久仁義、沢井忠夫合奏団。
……………………………………………………………………………………………
11月1日(火)高畠一郎箏リサイタル
7時開演 3000円 福岡市あいれふホール
賛助出演・河原伴子、河原抄子。
「みだれ」「ゆずり木」「水の変態」「讃歌」「いするぎ」「花舞」
…………………………………………………………………………………………
11月1日(火)〜3日(木)義太夫三日間
5時開演 1000円 上野広小路亭5階会議室
「関取千両幟〜猪名川内の段」竹本越孝・鶴澤駒治、鶴澤駒清。
……………………………………………………………………………………………
11月3日(木)目黒区邦楽大会
11時開演 無料 めぐろパーシモンホール
長唄、箏曲、清元、小唄、尺八、大和楽の各会員により21番を上演する。
……………………………………………………………………………………………
11月3日(木)小唄堀派ほのぼの会
12時開演 無料 内幸町ホール
堀小婦勇、堀小規良、堀小歌、堀小歌由、堀小よ寿々、
堀小歌奈美、堀小遙の七同人による勉強会。
46番を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
11月3日(木)春日とよ浜栄実「森夢幻」
5時より 伊豆高原花吹雪
晩秋の森の空間から尺八と三味線の音。
闇に浮かぶ舞い姿。
尺八・川瀬順輔、小唄春日とよ浜栄実、舞踊花柳三美佳。
……………………………………………………………………………………………
11月3日(木)箏・三昧
2時開演 3500円 東京文化会館小ホール
卯月裕子、沢田真余、橋本治恵の三人会。
尺八の森田柊山を迎えて第20回定期演奏会。
……………………………………………………………………………………………
11月4日(金)藤井泰和地歌演奏会
4時開演 4000円 紀尾井小ホール
芸祭参加。「菊の露」「夕辺の雲」「三津山」藤井久仁江、徳丸十盟。
……………………………………………………………………………………………
11月4日(金)めるまが@こんさーと
1時開演(3時終演予定) 3000円 日本橋劇場
邦楽の友メールマガジンの200号配信を記念してのコンサート。
砂崎知子箏独奏、榎戸ふゆき20絃独奏、
GOTEN(吾妻香穂里、岡山亮子、北川英里、佐藤優子、中澤明日香、
降旗千鶴、渡辺由布子、鮎沢和彦、田中奈央人、玉井伴和)箏合奏。
竹枝せん、竹枝せん男、京極万寿美、駒子、堀小代枝、堀小治波、
根本二郎、華兆由乃、小網喜代子。
「松戸小うた」「坂川小うた」中條京子と松戸小うた連。
「新内流し」「蘭蝶入り」富士松鶴千代一門
守谷幸則(おたすけ社鳥)VS目賀田武藏(蓼派会事務局長)
……………………………………………………………………………………………
11月4日(金)長唄道声会
10時45分開演 3000円 国立小劇場
東音宮田哲男による道声会の45周年記念会。
会主の初孫3歳になったばかりの奈々ちゃんの初お目見えもある。
後見の会主の笑顔が目に見えるようだ。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)崇華五代山勢松韻三回忌追善会
2時開演 5000円 国立小劇場
芸祭協賛公演。
「菊の薫」「橋姫曲」「石山源氏(上・下)」「萩の露」「花の雲」
六代山勢松韻ほか。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)長唄蔦の実会
4時半開演 無料 日本橋社会教育会館ホール
「鶴亀」「秋の色種」「連獅子」「桜時雨」「都鳥」「新蔦の寿」
おはなしは山口崇。特別出演の「都鳥」は
唄・杵屋巳紗鳳、三味線・杵屋巳太郎、杵屋巳吉が出演。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)本條秀五郎三味線リサイタル
2時半開演 3000円 紀尾井小ホール
本條秀太郎プロデュースによる第2回。
尺八に川村泰山を迎えて「明鏡」「誦」「手事五連」「竹取」を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)小唄長生会
11時半開演 無料 証券ホール
長生小真浜会長、長生松帆、長生嘉杏、長生松奈美、長生松代、
長生松次ほか長生会各社中の合同演奏会。
「白扇鶴」ご祝儀曲より93番を上演する。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)新内小唄ふじ松亀美恵会
1時開演 無料 木材会館
新内小唄ふじ松派の重鎮ふじ松亀美恵の第32回温習会。
「松の栄」「ひめはるの里」ご祝儀曲ほか48番を上演する。
賛助出演・蓼延は留、蓼胡珠己、蓼胡競静、蓼胡菜三ほか。
後半9番はふじ松加奈子家元ほか師範演奏、
会主のふじ松亀美恵は「城木屋」の唄、
糸・家元、上・ふじ松美鶴でトリをつとめる。
……………………………………………………………………………………………
11月5日(土)茨城県芸術祭参加30周記念長唄演奏会
12時開演 1500円 常陽芸文センター7階ホール
会主は杵屋勝雄治,杵屋ちよ。
賛助出演は杵屋勝正雄,杵屋六次郎(以上三味線) 
東音味見純,杵屋三七郎,今藤龍之右(以上唄)
記念番組「初しぐれ」「秋の色種」の他、
小鍛冶、岸の柳、藤娘、元録花見踊り、吉原雀、鞍馬山、菖蒲浴衣、
多摩川、供奴、助六、綱館、鶴亀、蜘蛛拍子舞、二人椀久、
五段目角兵獅子、土蜘蛛。
……………………………………………………………………………………………
11月6日(日)小唄春日とよ稲「みのり会」
11時開演 無料 証券ホール
財団法人春日会の新会長に就任した春日とよ稲師の秋の大会。
「秋浪漫」「酉年の唄」「祭三題」として
12曲を揃えた企画が終盤のお楽しみ。
初代の春日とよ作品と会主の春日とよ稲の作品集である。
……………………………………………………………………………………………
11月6日(日)小唄菊岡派創立記念披露演奏会
11時開演 無料 神奈川県民共済プラザビル一Fみらいホール
常磐派より独立、新流派菊岡派を立ち上げた菊岡弘の創立記念披露会。
賛助出演は立花素光、吏美いち絵、不二小みち、永井ひろ、ほか。
80番余を演奏する。
当日終演後同会場ビル6Fで祝賀パーティを予定。
会場のみらいホールは桜木町駅下車動く歩道利用3分。
……………………………………………………………………………………………
11月6日(日)宗家葉風会三曲演奏会
10時開演 無料 新宿文化センターホール
久保葉童指導による第52回。
会歌久保葉童作曲「葉風の曲」より「鳳将雛」まで23曲を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
11月6日(日)小唄稲舟妙寿記念小唄会
10時開演 2000円 名古屋市民会館中ホール
稲舟派二代目家元稲舟妙寿の師籍40周年記念会。
特別番組、視る小唄「夏秋冬春糸」(とこしのこよみうた)
ほか小唄振り多数。
……………………………………………………………………………………………
11月6日(日)大阪雅の会・いざなふ会ジョイント箏演奏会
2時開演 2000円 京都染織会館シルクホール
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
■唄って踊って、松戸小うた■
■松戸小うた連、活躍中。■

「松戸小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
松戸市内の観光バスの中でも唄われております。
「松戸小うた連」という総勢60〜70名の踊りのグループが
市内のイベントで活躍中。
十月の「まつど祭り」に向けて、さらに参加者を募集中。

1、11月13日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
  唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500

2、12月11日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
  唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500

■「松戸小うた連」中條京子インフォメーション

1、めるまが@こんさーと・東京日本橋劇場 3000円
   11月4日(金)「松戸小うた連」参加。
   「松戸小うた」「坂川小うた」を踊る。

2、小唄「火星会」作品発表演奏会
   12月3日(土)東京証券会館ホール (有料)
   中條 京子(蓼 競三) 唄「はるの雪」「とめても帰る」

3、松戸七福神めぐりバスツァー (松戸・金蔵院)
   平成18年1月5日(木)6日(金)小唄奉納
   中條 京子 (蓼 競三)

4、小唄春香会
   1月13日(金)3000円 東京証券会館ホール
   中條 京子(蓼 競三) 唄「浜町河岸」糸・蓼胡鈴子

5、川の歌コンサート(一芸発表会)
   平成18年3月12日(日)松戸市民劇場
   「松戸小うた」「坂川小うた」
   中條京子・唄 「松戸小うた連」・踊り

■お問い合わせ先「松戸小うた連」中條 京子
千葉県松戸市栄町西3丁目1134ー8
電話・ファックス 047−368−4339
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【邦楽クイズ】休止
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
■11月18日(金)日本音楽集団 第一生命ホール
邦楽のオーケストラの草分けともいうべき日本音楽集団の
第181回定期演奏会。今回はNHK東京児童合唱団を迎えて
合唱と邦楽器たちとの出会いを演出する。

■11月19日(土)富士松鶴千代会 三越劇場
昼夜2回公演。
昼「風の盆・おわら慕情」「丹頂千歳」「唐人お吉」「品川心中」「雪女」
夜「明烏上」「トークて近きは」「明烏・夢泡雪」「明烏・后正夢」
「まつり囃子(蘭蝶入り)

■11月30日(水)二人会 国立小劇場
柳井美加奈による第7回箏曲演奏会。
特別出演・人間国宝青木鈴慕、賛助出演・芦垣美穂、富山清琴。
「四段砧」「八重衣」「菊の露」「磯千鳥」

■12月3日(土)小唄火星会 証券ホール
小唄作詞家の集団である火星会の新作発表会。
今年はどんな作品が登場するのか楽しみですね。

■12月18日(日)今藤政太郎邦楽リサイタル 紀尾井中ホール
「藤船頌」「四季―篠笛によせて」(今藤政太郎作曲)「英執着獅子」

【チケット・プレゼント】お申し込みは、Mailto:mag@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
11月号は、10月25日(火)に発売されます。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。

11月号目次                 【表紙絵】吉田まりの
【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【天覧演奏会】鶴賀若狭掾(24)
【唱歌の話】安藤政輝(28)【長唄芸語】稀音家義丸(30)
【三味線音楽の歴史展開を探る】渡邉浩子(32)
【四季随想】杵屋栄禧(34)【邦楽道しるべ】東山晋士(36)
【邦楽たんけん記】初見れい子(39)【詞章考】長崎由利子(42)
【創作の景色】菊村しづ(46)【舞踊年表】如月青子(48)
【NHK放送案内】(52)【おしゃれについて】山木七重(53)
【小唄オシャレ考】竹越治夫(54)【長唄正本研究】(57)
【小唄散見】目賀田武藏(61)【日本音楽聞書帖】笹井邦平(66)
【芸競前評判記】笹井邦平(70)【演奏会情報】三曲案内(72)
三味線音楽案内(75)【歌舞伎チャンネル】(78)
【池田弘一氏の忠臣蔵】守谷幸則(79)【ニュース】(45・65)

【グラビア】河東節を知る会・芸大定期「邦楽70回」・長唄和歌山会・
長唄矢乃音会・常磐津協会定期演奏会・新内仲三郎会・トモゴンクラブ・
箏曲武声会・外山香・雅道会・天覧新内鶴賀若狭掾会・中條京子パーティ
新内光千之・東音創作会にて・根岸禮ディナーショー

演奏会広告(五十音順)今藤政太郎(4)えんの会(3)友渕のりえ(6)
鳥居名美野(9)中能島弘子(17)中村市之輔(4)福田千栄子(7)
富士松鶴千代(16)めるまが@コンサート(81)唯是震一(8)
若宮三千代(5)
★読者優先演奏会情報フォーマット(90)

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【邦楽の友社住所】
■156−0053 世田谷区桜3−26−2 (株)邦楽の友社
03−5451−3068・FAX03−5451−3069
Eメール info@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−5451−3068
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。
ご注文は邦楽の友社へどうぞ。info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−5451−3068
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜12【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己、12「江戸
小曲六歌仙」】
お問い合わせ 03・5451−3068(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
   ■新譜案内■CD
2005年7月1日 New Sale
   hougaku-12 「江戸小曲六歌仙」¥2.000(税込価格)

  明石寿々栄「伊勢音頭」「御所のお庭」
   二代目稲邑香乃粋「お江戸日本橋」「春は嬉しや」
   二代目柏葉すみ「なすとかぼちゃ」「雪のだるま」
   中條京子「青柳」「春風がそよそよと」
   二代目松永茂花「深川」「奈良丸くずし」
   雅福仙「京の四季」「からかさ」

プロデューサー・中村市之輔、ディレクター・東山晋士
三味線・中村市之輔、鳴物・藤舎円秀

お申し込みは→mailto:info@hougaku.co.jpまたは、
   邦楽の友社TEL 03-5451-3068 FAX 03-5451-3069 まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・5451−3068邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・5451−3068邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第19回】小江戸川越
日時未定
(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成18年5月26日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★
平成18年5月14日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー★
休止中。
……………………………………………………………………………………………
11月号・一般広告(五十音順)一般広告(五十音順)朝日屋(83)
安藤政輝ビデオ(88)演劇出版(87)加藤邦楽器(83)
かとう(82)歌舞伎サウンド(18)菊岡(83)作者邑(88)
新橋野村(83)創明講習会(8)誠和音芸(84)竹うち(85)
たのしい三味線(84)塚本楽器(82)鶴屋(83)中川写真(85)
日本和楽器(86)ノブレ管(87)花友(86)東山楽譜(84)
ふじせ(85)松戸小うた連(91)三越劇場(9)光春野村(85)
宮本卯之助(88)メルマガ(88)矢野(86)龍角散(85)
ワード(89)
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒156-0053世田谷区桜3−26−2
TEL:03―5451―3068
FAX:03―5451―3069
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP