┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2005年10月14日発行第201号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■200号への御祝いのメールありがとうございました。
■雀の会のページに5件入れましたが・・・たった5件かい(笑)
■人情紙風船(笑)言葉だけでも、もちっと褒めメール希望します。
■めるまが読者現在1735人、皆さま、よろしくね(笑)

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★ おたすけ社鳥の話「池田先生へのかってに祝辞」(目次の1)
★ 【雀の会】「荻江節を知る会」「参加予定」「よく頑張りました」
  「陰ながら応援しています」「おめでとうございます」(目次の2)
★常磐津一寿郎師が富本豊前襲名(目次の3)
★10月15日〜10月23日までの演奏会(目次の4)
★クイズ休止(目次の5)
★チケット・プレゼント 3件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友10月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………

■歌舞伎の名曲を「生録携帯着うた」でご提供差し上げております。■

携帯電話から【KABUKI@MBOX.JP】へメールを送って下さい。
(タイトル、本文は空白のまま)歌舞伎サウンドのURLが書かれた
メールが届きますので、そこからサイトへ一発アクセス。
すべての曲が試聴できます。月額315円(税込)

ニートウェア株式会社 INFO@MBOX.JP

……………………………………………………………………………………………
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(199)
          池田先生へのかってに祝辞
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
池田弘一さんが自分が主役のライブを行う。
滅多にないことなので「勝手に祝辞」を書きました(笑)
滅多にないといいましたが、それは今回が一回目ということで
ひょっとすると来年から毎年やるかもしれない。
う〜ん、これはちょっと困ったかも(笑)

池田先生は、なんといいましょうか、
「洒脱」な「曲者」とでも言うのかな。
正式には神田外語学院大学ミレニアムハウス館長、理事という
きわめて固い肩書きをお持ちの人なのですが、
雰囲気は肩書きと反比例して豆腐よりも柔らかい。

実際、私は、そういった真面目な肩書きとの交際はなく
どちらかというと酒は脱(ぬ)けないほうの洒脱の部分であったり
ある日突然舞台で唄ったり語ったり解説したり企画したり、
何でもできる曲者(へそ曲がり者ではない)の部分での付き合いです。

先生とよばれている人が、
演奏会に行けば会場の真ん前に坐る。
イヤな客でしょ(笑)
最後まで席を立たずに真剣に聴く。
いい客ですね(笑)

今日はいないなと思うと舞台に登場する。
神田外語だから英語の先生かと思って
「英語で唄ってくれ」と大向こうから冷やかしの掛け声。
「私は日本語の教師ですので英語では唄いません」
言い訳もお手の物で、ああいえば「こういち」さんなのです。

つまり池田弘一先生は
昔風に言うと邦楽の粋人、達人。
長唄大好き、常磐津大好き、義太夫大好き、端唄大好き。
三味線音楽なら何でも来い、
といった人なのです。

池田先生の得意技は忠臣蔵。
当然今回のライブも忠臣蔵。
落語の「寝床」とは違います(笑)
77歳喜寿を来年に控えてまだまだ元気な76歳。
ちょっと面白い聞き物ですよ。

浄瑠璃・竹本越孝、三味線・鶴澤駒治、鶴澤駒清。
長唄・東音河合夏奈子、東音植松美名。
端唄・花季知優佳。
尺八・山下明童。
語り・池田弘一、神田きらり。

語り語って「仮名手本忠臣蔵〜三つの恋の物語」
12月14日(水)ライブハウスまんだら南青山
6時開場・7時開演 入場料5000円(1ドリンク付)

……………………………………………………………………………………………
【めるまが@こんさーと】200号配信記念

■11月4日(金)1時〜3時(予定)3000円 日本橋劇場
1部
1、「から傘」「春風がそよそよ」唄・守谷幸則(おたすけ社鳥)
2、三味線構成曲・創作「すいふよう」弾き唄い・小網喜代子
3、小唄「落人」唄・根本次郎 糸・華兆由乃
4、小唄「まとい桜」唄・駒子 糸・京極万寿美
5、小唄「満月」「忘れているのに」唄・堀小代枝 糸・堀小治波
6、箏合奏「れんげ草と蜜蜂」GOTEN
吾妻香穂里、岡山亮子、北川英里、佐藤優子、中澤明日香、
降旗千鶴、渡辺由布子、鮎沢和彦、田中奈央人、玉井伴和

2部
1、歌と踊り「松戸小うた」「坂川小うた」中條京子と松戸小うた連
2、「新内流し」富士松鶴千代一門
3、新内「鶴八鶴次郎」富士松鶴千代社中
4、20絃独奏曲「黎明」榎戸ふゆき
5、小唄「主さんと」「惚れて通う」唄・京極万寿美 糸・竹枝せん男
6、小唄組曲《灯》「埋み火」「だんろ」唄・竹枝せん 糸・竹枝せん男
7、箏独奏「上無」砂崎知子
       ……………………………………………
■協賛各社
茄子のよいち漬 合資会社島村俊商店 松戸市松戸2000
         047―368−4141
ピーナッツサブレー本舗 株式会社富井 松戸市常盤平5−9−12
         047−385−1031
松戸銘菓矢切の渡し舟 株式会社峰月 松戸市松戸1281
         047−362−2785
玉三白玉粉 川光物産株式会社 松戸工場 松戸市根本11−1
         047−362−2131
まとばの小倉あん 株式会社的場製餡所 松戸市上本郷158
         047−363−5255
       ……………………………………………
■「おふみ」(オフミーティング)「飲み会」決定。
■4時半開宴・6時半中締め(人形町の結構美味しい居酒屋です)
■時間まではホールのロビーで懇親会をしましょう。
■会費は3000円です。(もちろん飲み放題)私も自腹の参加です。
■ moriya@hougaku.co.jp お申し込みはメールでお願いします。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
201-1>【荻江節を知る会】
今年の初夏、東京郊外のある町を散歩していました。私の好きな町です。
車が擦れ違えないほど狭い路地を、久しぶりに通ってみました。
以前ここに一軒だけぽつんとあった料理屋は、店じまいしていました。
その少し先の一軒家の門前にワゴンがあり、
女性が2人立っているのが見えました。
まず初めに目に入ったのは、手作りクッキーで、これを買います。
並んで置いてあった着物地の手提げ袋に気が付いたのは、その後でした。
家に帰って食べた英国式クッキーも絶品でしたが、
手提げ袋の色と柄は素晴らしいもので、さっそく買い求めました。
窺ったところ、全部この方の自作で、御自分の家にある着物の端切れで、
気が向いた折に作るのだそうです。
私が選んだ2品は、その日の朝に作ったばかりの物だということでした。

この話と荻江節に、どういう関係があるのかというと、
少しお話ししているところで、門に掲げられた表札に目をやると、
荻江某と書かれているではありませんか。
訊ねると、御主人は荻江節の演奏家、手提げ袋の作者は染色家で、
着物地を沢山お持ちなのも、むべなるかなです。
それで、というわけではないのですが、先週の水曜日(10月5日)、
紀尾井ホールの「荻江節を知る会」に行きました。
1年半前に同じ会に行って以来でした。
4曲とも、すごくよかったです。初めて聴いた「稲舟」しびれました。
「高尾懺悔」は、私には縁の深い曲ですが、
長唄の同曲より私の趣味に合いました。
この次の荻江節の会も、是非行ってみたいし、
現行曲25曲、ひと通り聴いてみたいと思っています。

ps.
11月4日の公募によるコンサート、出演者が決まりましたね。
メルマガ読者としては、1回目なので是非行ってみたいのですが、
平日の昼間なので、うかがえるかどうか微妙です。
(雀の【4】ポラン)
……………………………………………………………………………………………
★私もその会は行きました。
ちらっと見かけたような気がしたのですが
あちこちで喋っている内に
かけはぐって、
お声もかけず誠に失礼しました。
201-2>のMさんは公休にして参加するとのこと。
ぜひポランさんも、お出かけ下さい(笑)
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
201-2>【参加予定】
毎々お世話様です。
11月4日(金)午後から休暇取得し
めるまが@こんさーと・オフミ参加予定ですので
宜しく御願い致します。(M)
……………………………………………………………………………………………
★Mさんは「江戸の名所を歩こう会」に何度か参加した方です。
公休をとって「おふみ」まで参加するところは
めるまが読者の鑑です(笑)
201-1>のポランさん、どうですか(笑)
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
201-3>【よく頑張りました】
メルマガ200号発行、おめでとうございます。よく頑張りました。
さて、11月4日の「めるまが@こんさーと」の入場券を1枚お願いします。
「おふみ」にも参加します。よろしく。(S)
……………………………………………………………………………………………
★Sさんは3年連続邦楽クイズの優勝者です。
お褒めの言葉ありがとうございます。
当日の「おふみ」でも褒めてくださいね(笑)
「おふみ」に参加してクイズ優勝者のうんちくを聞きましょう。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
201-4>【陰ながら応援しております】
ヽ(*゜▽゜)ノ〜▽▼▽[祝200号]▼▽▼〜ヾ(゜▽゜*)ノ
本誌もメルマガも毎号いつも本当に楽しみにしております。
忙しくて演奏会に行けず、とても寂しい思いをしていた時、
メルマガを読むのだけが楽しみでした。
続けることは本当に大変なことだと思いますが、
全国の邦楽ファンのために、これからも続けてください。
陰ながら応援しております♪(くわ)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友の公式サイトの掲示板への書き込みありがとうございました。
蔭ながらではなく、表だって応援してください(笑)
美人の応援がみなぎる生命力につながります。
それで11月4日は来てくれるのかな?
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
201-5>【おめでとうございます。】
邦楽の友メール版200号おめでとうございます。
私がこれを登録したのは確か50号あたりからだったと思います。
その後アドレスを変更したり、
95リーダーからXPに変えたりした間しばらく途絶えましたが、
このごろはずっと楽しくかつ有意義に読ませていただいております。
今後の更なる発展を心からお祈り申し上げます。(Y)
……………………………………………………………………………………………
★Yさんは長野市にお住まいの正派の先生です。
50号というと3年前ですね。
私もその頃パソコンがクラッシュして、大騒動しました。
長野の情報なども送ってください。
よろしくお願いします。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………

 

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【十一世家元富本豊前二十三回忌・富本豊美喜三回忌追善演奏会】
【二代目富本豊路改め十二代目富本豊前襲名】
二代目富本豊路(常磐津一寿郎)が
十一世家元富本豊前二十三回忌・富本豊美喜三回忌追善演奏会において
十二代目富本豊前を襲名するむねの発表があった。
十七代目家元常磐津文字太夫によると、
「富本流は初世常磐津文字太夫の高弟に当たる
初世常磐津小文字太夫が寛延元年(一七四八)
富本豊前と名乗り独立した豊後三流のうちの一つであり、
常磐津流とは縁の深い間柄であり、
この由緒ある名跡を継ぐことは喜ばしい」との挨拶である。
■ 11月28日(月)2時開演 紀尾井小ホール
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、本誌広告などに掲載されています。
詳細はそちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)小唄蓼胡競静会
11時開演 湯島天神参集殿
蓼胡房蓼派会会長、所属する蓼派四葉会各師匠、菊地満佐、蓼延は留、
ふじ松亀美恵、春日とよ美里、各社中が賛助出演。
終わりに恩師蓼胡競師を偲んでミニリサイタル
「思い出三題」(奥の細道より)「五月雨を(最上川)」「蛤の(大垣)」
「文月や(越後路)」を演奏する。目賀田武藏蓼派事務局長も出演。
かくいう「おたすけ社鳥」も唄います(笑)
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)山田耕筰の遺産「日本の交響楽」を求めて
3時開演 6000円 東京芸術劇場大ホール
東京都交響楽団、
東音宮田哲男、東音村治利光、東音山口太郎、東音味見純、東音宮田圭三。
三味線・東音味見亨、東音高橋武久、東音蓑田司郎、東音宮田由多加、
東音阪本剛二郎。主催/社団法人日本楽劇協会
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)箏曲菖蒲会
10時開演 無料 新潟県民会館小ホール
山本玉泉と箏曲菖蒲会会員により
「雲井弄斎」「六玉川」「小督」「頼光」「祝い歌」など19曲。
初代村田松泉作曲「新曲江の島」中能島欣一作曲「千代田の雪」
ほか新曲や山田の古典を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)現代邦楽のしらべ 石垣清美琴の響き
2時半開演 2000円 坂出市清立寺本堂
「群竹」「讃歌」「壱越」「早月の清流」「鳥のように」「恩徳讃」
秋の御堂コンサート。石垣清美、石垣征笙、都山流尺八都香社。
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)日本音楽の祭典
5時開演 NHKホール
「編曲さらし風手事」「三つの断章」「六段」「太鼓の曲」
「二つの群のために」25絃箏「琵琶行」「子供のための組曲」
NHK邦楽技能者育成会50周年記念。入場は整理券のみ。
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)篝火新内の会
京都吉水旅館特設舞台(円山公園内)
新内光千之、ほか。新内栄派初の試みによる篝火新内。
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)和楽器アンサンブル戸塚宿コンサート
2時開演 1500円 男女共同参画センター横浜
第六回「おひさしぶりです」が開催されます。
和楽器アンサンブル戸塚宿とは、戸塚区在住の各社中師範や
NHK育成会卒の有志で集まり、1994年秋に結成。
各自が演奏活動で培ってきた経験を出し合い、
生活に密着した音楽・聴いて楽しい音楽・演奏して楽しい音楽を目指し
コンサートや出張演奏イベント等で活躍しています。
……………………………………………………………………………………………
10月15日(土)箏曲志げり会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)黒川真理箏・十七絃独奏会
3時開演 3000円 紀尾井小ホール
芸祭参加公演。「秋風幻想」「風」「ゆれる秋」「四つの即興曲」「らん拍子」
芸大卒業より10年、節目の年に全曲独奏のリサイタルを行う。
各種コンクールで入賞を重ねてきた人。
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)小唄田村小つる「小つる会」
11時半開演 無料 横浜にぎわい座
補導は田村彌枝家元。第13回温習会。春日とよ靖比佐、長生小真浜、
蓼奈美輝各社中の助演もあって80番を超えるプログラム。
12時半頃より1時半頃まで、田村小つると社中による、
助六4題「花の雲」「春霞」「傘さして」「助六」、
梅5題「たまに嬉しき」「春風に」「梅は匂いよ」「梅一輪」「かねて手管」
祭3題「日吉さん」「夏祭り」「神田祭」、
月4題「一声は月が」「うから」「残る月」「吉三節分」、
雪3題「雪降れば」「いざさらば」「雪がちらちら」
といった構成小唄を上演、日頃の研鑽を発表する。
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)後藤光樹平曲連続演奏会
2時開演 3500円 コア石響
「女院御往生」灌頂の巻全5句。
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)安藤珠希箏リサイタル
2時開演 無料 香川県琴平町文化会館
今年2月に安藤珠希が、東京で行ったリサイタル(研究演奏)の中に、
能の《八島》をもとに江戸時代に作曲された《屋嶋》、
源平合戦の中、屋島で詠まれた歌を歌詞の一つにして
2005年に作曲した組歌《都懐》と香川県に縁の深い2曲があった。
大河ドラマ「義経」で屋島が注目されていることでもあり、
その縁での演奏会である。
賛助出演・花岡操聖。「手事」「みだれ」による変容」
安藤珠希作曲「組歌都懐―平家物語より―」「屋嶋」
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)菊靖啓子 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)二代目竹本朝重リサイタル
7時開演 4000円 国立演芸場
「歌舞伎の又平とお徳」おくだ健太郎。
「名筆傾城鑑〜土佐将監閑居の段」竹本朝重・鶴澤友路、鶴澤寛也。
会主は体調不良で夏中養生につとめていたという。
回復後のリサイタルとなる。
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)調絃会(杵屋五三吉)日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
10月16日(日)小唄永井ひろ子会 大宮国体記念会館
……………………………………………………………………………………………
10月17日(月)藤井昭子地歌ライブ
7時開演 3000円 新宿南口たべるな
「袖の露」三弦・藤井昭子
「萩の露」三弦・藤井昭子、筝・藤井久仁江
……………………………………………………………………………………………
10月18日(火)富成清女地歌箏曲演奏会
5時開演 4000円 紀尾井小ホール
芸祭参加。「珠取り」「名所土産」「お江戸十二月」
賛助出演、胡弓・杉浦聡、富緒清律。
……………………………………………………………………………………………
10月19日(水)第16回三曲鑑賞会
6時半開演 2300円 京都府立文化芸術会館
「水の玉」「上昇の彼方」「邯鄲」「鶴の巣籠」
「唐砧」「神仙調舞曲」「七小町」
京都三曲協会主催。
……………………………………………………………………………………………
10月20日(木)ゆう志の会
6時半開演 4000円 紀尾井小ホール
尺八・山本真山、箏・中川敏裕の若手二人に
矢崎明子、富山清琴、難波竹山、シュテルン・クインテットが出演。
……………………………………………………………………………………………
10月21日(金)亀山香能リサイタル
7時開演 4000円 津田ホール
芸祭参加。「冬の曲」「根曳の松」「熊野」
善養寺恵介、米川裕枝、山登松和、福原徹。
……………………………………………………………………………………………
10月21日(金)森園史城喜寿リサイタル
2時開演 3000円 セルリアンタワー能楽堂
正伝士風薩摩琵琶士弦会会長の森園史城のリサイタル。
「絹の道‥‥祷そして雅」がテーマ。
……………………………………………………………………………………………
10月21日(金)希扇会
昼1時・夜6時開演 各2500円 国立小劇場
大評判の構成曲、今年は「意地競夫婦合戦」(いじくらべめおとがっせん)
古典、新曲、端唄、民謡に乗せて舞踊の趣向も大舞台、一見の価値有り。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)春日会関西 国立文楽小ホール
?………………………………………………………………………………………
10月22日(土)宮下秀冽箏・三十絃リサイタル
4時開演 4000円 北トピアつつじホール
芸祭参加。「三十絃尺八二重奏曲」「綺想曲」「搗衣」
「真備はるか」「輪舞」三橋貴風、芝祐靖。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)榎戸ふゆき箏曲リサイタル
2時開演 3500円 恵比寿・日仏会館
賛助出演(敬称略) 大谷祥子・時村好恵・安島瑶山・麻生花帆・理郷
曲目 落葉の踊・絲竹幻想・光と影・黎明
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)杉並三曲協会演奏会
11時開演 無料 セシオン杉並
第55回杉並区総合文化祭参加。
「千鳥の曲」より「都十二月」まで22番を演奏する。
当日は杉並区茶道連盟の役員による薄茶接待の催しもある。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)今藤長十郎「三味線の響」
昼2時・夜6時開演 各5000円 はくじゅホール
「重ひら生捕」「海道下」「重ひら被斬」「船弁慶」
第12回リサイタル。平家を聴く。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)横笛赤尾三千子の世界
2時開演 3000円 東京文化会館小ホール
風の伝説「薄墨」義経の笛。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)竹は祈り、竹は歌う
3時開演 3500円 イイノホール
創造する伝統、音楽のきずなシリーズの8回目。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)カルグラ隊と桜井真樹子(声明)
4時開演 2000円 中野区江古田ちめんかのや
「カルグラ」という中央シベリアに広がる低音の発声法と
「声明」との声による新作を行います。
尾引浩志、山川冬樹、徳久ウィリアム幸太郎、岡山守治
「イザヤの預言」9章1―5節、※26章19節※、55章10〜13節、
61章1節、「はにわの王子さま」、「丹生の翁」桜井真樹子、※田中聰※
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)新内勝知与の会
11時開演 3000円 今池ガスビルホール
芝居と新内の共演。新内京派家元新内勝知与の社中の会。
……………………………………………………………………………………………
10月22日(土)奈良県三曲協会定期演奏会
11時開演 やまと郡山城ホール
第36回奈良県芸術祭参加番組。第18回演奏会。
枡田桂葉会長ほか会員各社中により26番を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)第15回輪の会
1時半開演 2000円 大田区民プラザ大ホール
大田区邦楽連盟福原鶴十郎会長ほか会員50名余の出演で
「舌出三番叟」常磐津「将門」小唄「月の都を立ちいでて」
長唄構成曲「義経物語」一絃琴「住之江、三千世界」清元「鞍馬獅子」
箏曲「北国雪賦」日本舞踊「越後獅子」
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)本條秀太郎の会
2時半開演 4500円 紀尾井小ホール
端唄〜江戸を聞く「名残月」
本條秀太郎のライフワークの一つ江戸を体感するシリーズ。
「薄墨」「さのさ」「露は尾花」ほか。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)小唄春日とよ千里会
11時開演 無料 証券ホール
「春日野」より「寿鶴」まで107番を上演する。
小唄振り「勢い肌」「さつまさ」に立方・円山春千代が出演。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)小唄井筒乃芙幸30回記念会
12時開演 無料 浅草見番
井筒乃芙幸は作詞家の茂木幸子さんでもある。
主宰する「幸の会」30回を記念して
井筒会各社中の賛助出演もあり70番を超える番組を上演する。
もちろん茂木幸子作詞コーナーもある。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)小唄井上派創流80周年記念会
12時開演 向島料亭桜茶や
会主は井上派4代目家元井上つる一師。
44番を唄い上げた後、祝宴に移る。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)邦楽ライブイン寶塔院
2時半開演 2000円 高猿山寶塔院客殿
「虚空」「波の戯れ」「河童百態」「黒田節による幻想曲」ほか全7曲。
塩澤真里緒ほか箏友会会員。三橋貴風、山田由紀。
古刹に響き渡る尺八の音と客席と舞台と一体になって楽しむ
チャリティコンサートです。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)石川利光尺八リサイタル〜渾身〜
2時半開演 3000円 京都・バロックザール
「鶴の巣籠」「アキ」「タマフリ(新作初演)」「酒」
昨年芸術祭新人賞を受賞した石川利光の第9回リサイタル。
……………………………………………………………………………………………
10月23日(日)小唄龍田金芳次師籍30周年記念会
1時半開演 無料 神戸外国倶楽部
会主の龍田金芳次師は蓼胡葉季師に入門、師亡き後龍田金芳伍師に師事
会名を「錦糸会」と改めた。その社中を中心に36番を上演。
会主の師籍30年を言祝ぐ祝舞「白扇」立方・吉村千園で祝宴となる。
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
■唄って踊って、松戸小うた■
■松戸小うた連、活躍中。■

「松戸小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
松戸市内の観光バスの中でも唄われております。
「松戸小うた連」という総勢60〜70名の踊りのグループが
市内のイベントで活躍中。
十月の「まつど祭り」に向けて、さらに参加者を募集中。

1、11月13日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
  唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500

■「松戸小うた連」中條京子インフォメーション

1、めるまが@こんさーと・東京日本橋劇場 3000円
   11月4日(金)「松戸小うた連」参加。
   「松戸小うた」「坂川小うた」を踊る。

2、小唄「火星会」作品発表演奏会
   12月3日(土)東京証券会館ホール (有料)
   中條 京子(蓼 競三) 唄「はるの雪」「とめても帰る」

3、松戸七福神めぐりバスツァー (松戸・金蔵院)
   平成18年1月5日(木)6日(金)小唄奉納
   中條 京子 (蓼 競三)

4、川の歌コンサート(一芸発表会)
   平成18年3月12日(日)松戸市民劇場
   「松戸小うた」「坂川小うた」
   中條京子・唄 「松戸小うた連」・踊り

■お問い合わせ先「松戸小うた連」中條 京子
千葉県松戸市栄町西3丁目1134ー8
電話・ファックス 047−368−4339
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【邦楽クイズ】休止
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)

■10月21日(金)希扇会 国立小劇場
大評判の構成曲、今年は「意地競夫婦合戦」(いじくらべめおとがっせん)
古典、新曲、端唄、民謡に乗せて舞踊の趣向も大舞台、一見の価値有り。

■10月23日(日)輪の会 大田区民プラザ大ホール
大田区邦楽連盟主催第15回演奏会。会長は福原鶴十郎。
三曲・長唄・常磐津・清元・舞踊・小唄・一絃琴により8番上演。
創立15周年の記念公演である。

■11月30日(水)二人会 国立小劇場
柳井美加奈による第7回箏曲演奏会。
特別出演・人間国宝青木鈴慕、賛助出演・芦垣美穂、富山清琴。
「四段砧」「八重衣」「菊の露」「磯千鳥」

【チケット・プレゼント】お申し込みは、Mailto:mag@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
10月号は、9月22日(木)に発売されました。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。

10月号目次                 【表紙絵】吉田まりの
【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【米川裕枝】(24)【高田和子】(25)
【邦楽道しるべ】東山晋士(26)【長唄芸語】稀音家義丸(28)
【余音余情】波多一索(30)【芸競前評判記】笹井邦平(33)
【わこサロン】牧口ひろ子(36)【訃報井筒万津江】(37)
【長唄正本研究】(38)【清虚洞一絃琴公演】(41)
【詞章考】長崎由利子(42)【ニュース】(44・69)
【舞踊年表】如月青子(45)【歌舞伎チャンネル】(49)
【日本音楽聞書帖】笹井邦平(50)【創作の景色】菊村しづ(54)
【四季随想】杵屋栄禧(56)
【三味線音楽の歴史展開を探る】渡邉浩子(58)
【コンピュータ昔話】安藤政輝(60)【小唄オシャレ考】竹越治夫(62)
【小唄散見】目賀田武藏(65)【NHK放送案内】(70)
【芸大芸術祭】山木七重(71)
【演奏会情報】三曲案内(72)三味線音楽案内(76)

【グラビア】鳳雛会箏曲演奏会・箏曲新潮会・
遠藤千晶とクリスタルラインノーツ・世田谷三曲協会・日本琵琶楽協会・
琵琶の源流を探る・富士松鶴千代会・宮尾登美子記念館・小唄春日研究会・
浅井豊可会・小唄鶴岡会・みすじ・以寸み会・三糸ライブ・栄由利奈会・
堀派水無月会・端唄と遊ぶ・端唄松永会・七夕恋唄・若宮会名取

演奏会広告(五十音順)栄芝(5)荻江節を知る会(16)
春日とよ浜栄実(6)亀山香能(7)佐々川静枝追善(8)青新会(4)
富成清女(10)野村祐子(6)萩岡松韻(3)富士松鶴千代(80)
宮下秀冽(7)めるまが@コンサート(81)山川芳子(10)
山勢松韻(17)米川裕枝(表紙4カラー)
★読者優先演奏会情報フォーマット(90)

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【邦楽の友社住所】
■156−0053 世田谷区桜3−26−2 (株)邦楽の友社
03−5451−3068・FAX03−5451−3069
Eメール info@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−5451−3068
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。
ご注文は邦楽の友社へどうぞ。info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−5451−3068
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜12【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己、12「江戸
小曲六歌仙」】
お問い合わせ 03・5451−3068(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
   ■新譜案内■CD
2005年7月1日 New Sale
   hougaku-12 「江戸小曲六歌仙」¥2.000(税込価格)

  明石寿々栄「伊勢音頭」「御所のお庭」
   二代目稲邑香乃粋「お江戸日本橋」「春は嬉しや」
   二代目柏葉すみ「なすとかぼちゃ」「雪のだるま」
   中條京子「青柳」「春風がそよそよと」
   二代目松永茂花「深川」「奈良丸くずし」
   雅福仙「京の四季」「からかさ」

プロデューサー・中村市之輔、ディレクター・東山晋士
三味線・中村市之輔、鳴物・藤舎円秀

お申し込みは→mailto:info@hougaku.co.jpまたは、
   邦楽の友社TEL 03-5451-3068 FAX 03-5451-3069 まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・5451−3068邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・5451−3068邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第19回】小江戸川越
日時未定
(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成18年5月26日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★
平成18年5月14日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー★
休止中。
……………………………………………………………………………………………
10月号・一般広告(五十音順)朝日屋(83)安藤政輝ビデオ(88)
演劇出版(87)加藤邦楽器(83)かとう(82)
歌舞伎サウンド(18)菊岡(83)作者邑(88)新橋野村(83)
誠和音芸(84)竹うち(85)たのしい三味線(84)塚本楽器(82)
鶴屋(83)中川写真(85)南雲堂(81)日本和楽器(86)
ノブレ管(87)花友(86)東山楽譜(84)ふじせ(85)
松戸小うた連(91)三越劇場(9)光春野村(85)宮本卯之助(88)
メルマガ(88)矢野(86)龍角散(85)ワード(89)
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒156-0053世田谷区桜3−26−2
TEL:03―5451―3068
FAX:03―5451―3069
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP