┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2005年7月15日発行第188号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■白ヤギさんからお手紙ついた、黒ヤギさんたら読まずに食べた。
■仕方がないからお手紙書〜いた‥‥ところが最近は‥‥。
■daisukeさんからメールがついた、社鳥さんたら読まずに捨てた。
■ということでdaisukeさん、もう一回メールをよろしく(泣)

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★ おたすけ社鳥の話「編集者泣かせ」(目次の1)
★【雀の会】「daisukeさんへ」(目次の2)
★日本小唄連盟顕彰・石川憲弘、石川利光ジョイントコンサート・
  松峰照民師逝去(目次の3)
★7月16日〜7月24日までの演奏会(目次の4)
★クイズまだ準備中(目次の5)
★チケット・プレゼント1件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友7月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………

■歌舞伎の名曲を「生録携帯着うた」でご提供差し上げております。■
携帯電話から【KABUKI@MBOX.JP】へメールを送って下さい。
(タイトル、本文は空白のまま)歌舞伎サウンドのURLが書かれた
メールが届きますので、そこからサイトへ一発アクセス。
すべての曲が試聴できます。月額315円(税込)
ニートウェア株式会社 INFO@MBOX.JP

……………………………………………………………………………………………
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(186)
          編集者泣かせ
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
何ごとにも締め切りというのがあります。
宝くじでもクイズでも最終日があるように、
月刊誌にも締め切りがあります。
これを守ってくれる執筆者が多いといいのですが
守ってくれないと編集者泣かせです。
十人十色、執筆者もいろいろです。

故人になられましたが平野健次さんがうちで連載していた頃、
ある年の新年号に1回目の原稿を貰って
1年後の12月号に2回目を貰ったことがありました。
1月号には連載の抱負を書かれて
12月号には連載が続かなかった言い訳です。

それによると連載が続かなかった責任はどこにあるか。
厳しく催促しなかった編集者にあるということでした。
前社長の矢部さんが怒り狂っていたのを思い出します。
その原稿は「ボツ」にならず掲載されたのですが、
当然連載はそれで打ち切りということになりました。
真ん中のないドーナツみたいな連載でしたね。

1年中、催促はしていたのですよ。
平野先生は学者なのですが編集者の素養もあるので
「まだ間に合うだろう」とぎりぎりまで出稿しないのです。
ですからいくら催促しても糠に釘。
当時はまだ活版刷りでしたから
我々が印刷屋さんの現場まで出張校正に行くことを知っていて、
その当日に間に合えばいいと思われていたようです。

1回目の原稿を頂戴したときがそうでした。
なんとか無理矢理現場に頼み込んで入稿しましたが
あれは離れ業というべきでしたね。
「俺の原稿より遅い原稿は落とせ」
と前社長から仰せつかっている私としては
矢部社長より遅い原稿があるということを
恐ろしくて、とうてい報告できない(笑)

2月号の原稿はきちんと出してくれるという約束だったから
現場にも泣いてもらったのに(涙)
2月号も、また期日が過ぎ、
矢部社長の原稿も出て
二進も三進もいかなくなり
二回目にして早くも休載となる「ていたらく」です。

3月号以降も言うにゃ及ぶ(笑)
平野先生のお宅に電話しても留守番電話で
これが、ご本人はいるのに出ない「居留守番電話」(笑)
「先生、そこにいるんでしょ、出なさ〜い」
と叫んだ担当者は数知れず。(笑)

春が過ぎ、夏が過ぎ、秋が過ぎ、
担当者も担当だったことを忘れた頃
やっと二回目の原稿が出来たと連絡がありました。
最終校了の土壇場です。
「そう言えば連載ものだったんだっけ」
とりあえず入れなければ仕方有りません。
そこでまた四苦八苦して何とか掲載したのが
前述の「編集者の怠慢」という文章です(笑)

このとき以降、我が社が平野健次さんに原稿を依頼することは
一度もありませんでした。
私がまだ20歳代半ばの話ですが
締め切りに追われる編集者という
いわば編集名利につきる想い出を残させていただいた方でした。

ん?どこが編集名利だって?
知りませんか?
執筆者の原稿待ちと締め切りに追われて
胃潰瘍持ちになって
それで初めて編集者は一人前だといわれるんです。

え?なりたくないって?
まったく、同感ですね(笑)
「俺は葬式が好きなんだよ」
ABCホールの受付の裏でぼそっとつぶやいた平野先生、
新盆にちなんでの思い出話でした。

……………………………………………………………………………………………
   ■新譜案内■CD
2005年7月1日 New Sale
   hougaku-12 「江戸小曲六歌仙」¥2.000(税込価格)

  明石寿々栄「伊勢音頭」「御所のお庭」
   二代目稲邑香乃粋「お江戸日本橋」「春は嬉しや」
   二代目柏葉すみ「なすとかぼちゃ」「雪のだるま」
   中條京子「青柳」「春風がそよそよと」
   二代目松永茂花「深川」「奈良丸くずし」
   雅福仙「京の四季」「からかさ」

プロデューサー・中村市之輔、ディレクター・東山晋士
三味線・中村市之輔、鳴物・藤舎円秀

お申し込みは→mailto:info@hougaku.co.jpまたは、
   邦楽の友社TEL 03-5451-3068 FAX 03-5451-3069 まで。
……………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
188-1>【daisukeさんへ】
一日に100件以上のメールがあります。
男女交際やら儲け話やら、殆ど見ないで消去するのですが
最近は件名が関係者のような書きぶりでまぎらわしい。
その中に件名が入っていないメールがありまして
そのようなものは当然のように消去して何の問題もないはずでした。
ところがそれを社員が見ていまして
「めるまが」のアドレス変更通知だったというのです(涙)
もう残っていません。
記憶にあるのはメールアドレスの中にdaisukeが入っていた‥‥
申し訳有りませんがもう一度お送り下さい。
件名にアドレス変更と入れるのを忘れずに。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【日本小唄連盟 勤続五十年、四十年顕彰】
5月25日、日本小唄連盟では結成五十周年を祝賀するにあたり
次の会員を表彰した。

■五十年
千紫千恵師、駒藤江師、里園志寿栄師、竹苑せき師、蓼胡伊一師、蓼胡満鶴師、鶴村
寿美師(以上7名)順不同

■四十年
佐々舟澄枝師、飯島ひろ子師、一条尚広師、井筒万津江師、菊地満佐師、菊村しづ師、
千紫伊登恵師、千紫章恵師、蓼宇女佳師、蓼胡宇里師、蓼胡房師、蓼胡真紗師、蓼津
留葉師、蓼津留穂師、蓼津留好師、竹枝三寿師、竹枝緑師、春竹利昭師、吉川明貴子
師(以上19名)順不同
……………………………………………………………………………………………
【石川 憲弘さんより演奏会情報です】
  石川ブロスサマーアクションシリーズ(箏と尺八のジョイントコンサート)
  7月22日(金)午後6時半 神戸 岡本好文園ホール
    23日(土)午後3時と午後6時2回 京都 洗心館1階 悠々
    25日(月)午後7時 東京 文京シビック小ホール
  前売り・3000円 当日・3500円 
  出演 石川憲弘(箏・20絃)石川利光(尺八)

 曲目 五段砧・三つの断章・鮎のかげ(牧野由多可)・鹿の遠音 他
……………………………………………………………………………………………
【訃報】松峰照民師(小唄)
7月8日、心不全にて死去。87歳。
松峰派師範、小唄照民会を主宰していた。
松峰小優美師の母堂でもある。
……………………………………………………………………………………………

■邦楽の友メールマガジン 200号配信記念
■公募によるコンサート 11月4日、日本橋劇場にて

10月7日配信号にて200号を迎える
「邦楽の友メールマガジン」を記念しまして
「めるまが」読者、並びに「邦楽の友誌」愛読者による
公募によるコンサートを催します。
出演の条件はいずれかの読者であること。

1部は「楽しむ」2部は「楽しませる」がコンセプトです。
邦楽だけではなく、舞踊での参加も歓迎致します。
1部、2部いずれも一時間半程度ですので
番組が揃い次第締め切らせていただきます。
床代などは邦楽の友社宛にお問い合せ下さい。

■日時 11月4日(金)12時〜3時頃まで
■会場 日本橋公会堂(日本橋劇場)
【申込締め切り日 7月25日(月)】

お問い合せ (株)邦楽の友社 
電話03−5451−3068・FAX03−5451−3069
  Mailto:mag@hougaku.co.jp

……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
7月16日(土)BIWAKOTOFUE
5時開演 5000円 紀尾井小ホール
中川鶴女、亀山香能、福原徹の三人会第2回。
京極流「静」笛新作初演「盛遠」琵琶「那須与一」
対談「平家にみる邦楽」琵琶・箏・笛による「義経」
……………………………………………………………………………………………
7月16日(土)江戸三味線音楽の歴史
2時開演 3600円 国立小劇場
長唄「秋色種」今藤長一郎・今藤長龍郎。
義太夫「新版歌祭文・野崎村の段」竹本駒之助・鶴澤津賀寿、鶴澤寛也。
小唄「上汐ほか」春日とよ栄芝・春日とよ喜扇。
常磐津「三世相錦繍文章・三社祭礼の段」常磐津和佐太夫・常磐津文字蔵。
……………………………………………………………………………………………
7月16日(土)長唄綾音会・青音会
11時開演・無料 深川江戸資料館小劇場
杵屋寒玉、杵屋勘五郎主催による勉強会。
綾音会は産経学園綾瀬の生徒、青音会はNHK青山文化センターの生徒。
綾音会は12回、青音会は8回を数える。
……………………………………………………………………………………………
7月16日(土)杵屋直吉ゆかた会第7回「あさぎ会」
11時開演 無料 日本橋社会教育会館8階
長唄唄方・杵屋直吉の、一門によるゆかた会。25曲演奏。
杵屋直吉は21曲に出演する。
賛助出演者は杵屋君三郎・杵屋弥四郎・松永忠一郎・松永忠次郎・
松永和寿三郎・杵屋勝国毅。
……………………………………………………………………………………………
7月16日(土)四ツ葉の会
6時半・3千円 HAKUJUホール
NHK育成会48期修了生による第1回コンサート。
瀬音 赤壁賦 北国雪賦 Spring Rain 虹 雪の話 大河の響き
問い合わせ BrightOneチケット 03―3403―9999
……………………………………………………………………………………………
7月17日(日)長唄弥しゃご会
11時開演 無料 証券ホール
杵家弥七主催第42回。21番を演奏する。6時終演予定。
……………………………………………………………………………………………
7月17日(日)東京の夏音楽祭参加公演
7時・2千8百円 GTプラザホール
菊地奈緒子・山本亜美の17絃箏、25絃箏 デュオコンサート。
17絃箏と25絃箏が交差し、創り出す無限の世界。
……………………………………………………………………………………………
7月18日(月)宮城道雄記念コンクール
11時 証券ホール
演奏部門と作曲部門がある。
……………………………………………………………………………………………
7月18日(月)望月太明一郎 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
7月19日(火)長唄如葉会
6時半開演 4000円 日本橋劇場
「鞍馬山」東音西垣和彦・稀音家祐介。
「巽八景」杵屋君三郎・杵屋五司郎。
「角兵衛」杵屋崇光・杵屋五三助。
「橡の木」東音渡邊雅宏・東音村尾愼三。
……………………………………………………………………………………………
7月19日(火)東京の夏音楽祭参加公演
7時開演 2800円 GTプラザホール
「二つのファンタジー」「相響」「その先に見えるもの(委嘱初演)」
「星になった男(委嘱初演)「愛び」
……………………………………………………………………………………………
7月20日(水)日本音楽のかたち
2時・6時半(二回公演)4000円 紀尾井小ホール
岩手の秘謡「御祝(ごいわい)」解説・徳丸吉彦。
遠野市氷口(すがぐち)の伝統芸能と民話を氷口御祝保存会が上演。
邦楽は日本音楽における「打ち合わせ」すり鉢・れん木・せっかい、を
藤井昭子、塚本徳、渡辺明子が演奏する。
……………………………………………………………………………………………
7月21日(木)女流義太夫の会
6時半開演 2500円 国立演芸場
「玉藻前あさひの袂・道春館の段、中・奥」
「伊勢音頭恋寝刃・油屋の段」
太夫・竹本朝重、竹本駒之助、竹本越若。
三味線・鶴澤津賀寿、鶴澤寛也、鶴澤駒治。
……………………………………………………………………………………………
7月22日(金)長唄五韻会
6時開演 2000円 日本橋劇場
「娘七種」松永忠次郎・☆杵屋六治郎。
「一人椀久」杵屋巳津也・☆東音高橋智久。
「風流船揃」今藤政貴・☆杵屋勝正雄。
「胡蝶舞」☆福原百七。
「船弁慶」杵屋利光・☆今藤長龍郎。
芸大5人の同期生(☆印)で結成した五韻会も13回を迎える。
……………………………………………………………………………………………
7月22日(金)あやしの美
6時半開演 5000円 紀尾井小ホール
日本の音楽と舞踊の魅力を探る花柳園喜輔の主催公演も5回目を迎えた。
藤井千代賀、岸辺美千賀、山口明代賀による山田流箏曲「葵の上」
岡本宮之助、鶴賀喜代寿郎、新内剛士による新内「むじな」二番を踊る。
人の心に宿る妖し恐ろしをテーマに画家の岡田嘉夫とレクチャー
「あな妖し考」も聞きもの。
……………………………………………………………………………………………
7月22日(金)琵琶奥村旭翠 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
7月22日(金)石川ブロスサマーアクションシリーズ
6時半開演 3500円 神戸・岡本好文園ホール
箏と尺八のジョイントコンサート
石川憲弘(箏・20絃)石川利光(尺八)
五段砧・三つの断章・鮎のかげ(牧野由多可)・鹿の遠音 他
……………………………………………………………………………………………
7月23日(土)端唄と遊ぶ
6時開演 3000円 紀尾井小ホール
端唄を芝居に見立てれば、さてどうなるか。
「吉野安宅義経譚」「染模様端唄祭文」
「吉原花端唄色寄」「恋梅川嗚咽新口」
花季会同人・花季利恵、知優佳、喜恵、登喜穂、登喜葉、
登喜歌、彌生、晶子、藤子、桜子、汀。
03―3292―0898喜恵
047―423―8858登喜葉
……………………………………………………………………………………………
7月23日(土)小唄・端唄浅井豊可「豊可会」浴衣の集い 
表参道NHK青山荘
……………………………………………………………………………………………
7月23日(土)石川ブロスサマーアクションシリーズ
3時・6時(2回公演) 3500円 京都・洗心館1階 悠々
箏と尺八のジョイントコンサート
石川憲弘(箏・20絃)石川利光(尺八)
五段砧・三つの断章・鮎のかげ(牧野由多可)・鹿の遠音 他
……………………………………………………………………………………………
7月24日(日)世田谷区文化祭「三曲ゆかた会」
10時半・無料 世田谷区民会館
世田谷三曲協会・世田谷区教育委員会主催の
「箏・三絃・尺八のつどい」第47回。
例年の特別企画「こども体験教室」は大評判をとっている。
……………………………………………………………………………………………
7月24日(日)稀音家義丸之会
2時開演 招待 紫山会館
昨年「此君会」が30回を以て終会となった。
そこで新しく若い人達の勉強を中心として
8年ぶりに稀音家義丸之会を再発足することにしたという。
復活第一回ということで会主も「女郎花」で登壇する。
ほかに「雛鶴三番叟」「外記猿」「綱館」
……………………………………………………………………………………………
7月24日(日)関西常磐津協会 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
7月25日(月)高田和子と「玉手箱」
7時開演 3500円 コア石響
箏曲と笙の「玉手箱」による三絃デュオの夕べ。
高田の三絃と若手が一対一でデュオの真剣勝負をする
前半4曲は聞き所として申し分がないハズである。
「夏の眺」小間夕起子と。「箏・三絃二重箏曲」清野さおりと。
笙と三絃のための「円江」豊明日美と。
「TSURUKAME」大歳久美子と。ほかに「星の輪」「三絃協奏曲」
……………………………………………………………………………………………
7月25日(月)石川ブロスサマーアクションシリーズ
7時開演 3500円 文京シビック小ホール
箏と尺八のジョイントコンサート
石川憲弘(箏・20絃)石川利光(尺八)
五段砧・三つの断章・鮎のかげ(牧野由多可)・鹿の遠音 他
……………………………………………………………………………………………
7月28日(木)オーラJ
7時開演 3500円 亀戸カメリアホール
尺八・坂田誠山、関一郎、クリストファー遙盟、山口賢治。
箏・藤川いずみ、松村エリナ、篠塚綾、桑子裕子。
三絃・野澤徹也。打楽器(助演)細谷一郎。
水野修孝「秋のセレナーデ」松岡政長「三絃協奏曲CURE」
の委嘱作品二曲を含めて全5曲を演奏する。第16回。
……………………………………………………………………………………………
7月29日(金)日韓の和 若手演奏家たちとの競演
6時半開演 2500円 セシオン杉並
日本と韓国の友好都市である杉並区・瑞草区在住の日韓伝統音楽、
若手演奏家たちと友情と伝統を次ぎの世代に繋げる競演の催し。
日本からは吉岡龍見、富元清英ほか。
韓国からはイ・セファン(コムンゴ)ほか。チェ・ソヨン(韓国舞踊)
……………………………………………………………………………………………
7月31日(日)ディナーショー「端唄の夕べ」
6時開演 6000円 川越プリンスホテル
根岸禮とその一門の出演により
「東海道の歌ごえ」「俗曲を楽しむ」プログラム。
ほかに加藤イサキ氏のギターで「想い出」なども。
……………………………………………………………………………………………

【敦煌「日本文化祭」参加のお願い。】
■シルクロード「敦煌」で日本文化祭が行われます。
■東西文化交流新世紀に邦楽演奏で参加しませんか。
■11月24日出発、団体でなくても個人で参加できます。

NHK6月19日放送の新シルクロード敦煌をご覧になりましたか。
世界遺産都市敦煌で初めて企画された「日本文化祭」です。
5日間から9日間までのコースを自由選択のうえ
11月26日・27日の公演参加をお待ちしております。

■お問い合わせは 03−6251−4692(直通)
■日本通運首都圏旅行支店営業第4課「高橋出」まで。

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
■唄って踊って、松戸小うた■
■松戸小うた連が誕生しました。■

「松戸小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
松戸市内の観光バスの中でも唄われております。
「松戸小うた連」という総勢60〜70名の踊りのグループが
市内のイベントで活躍中。
十月の「まつど祭り」に向けて、さらに参加者を募集中。

1、7月17日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
   唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
   小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500
2、8月7日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
   唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
   小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500
3、9月11日(日)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
  唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500
4、10月10日(祭)松戸市古ヶ崎市民センター・和室
  唄と踊りの講習会 1時〜3時 費用 ¥1,000
小唄入門   3時〜6時 費用 ¥1,500

■「松戸小うた連」中條京子インフォメーション
1、7月23日(土)24日(日)
   松戸市栄町3丁目町会夏祭り
   「松戸小うた連」参加「松戸小うた」「坂川小うた」を踊る

2、7月23日(土)24日(日)
   松戸市栄町4丁目盆踊り
  「松戸小うた」「坂川小うた」

3、「松戸小うた」推奨記念及びCD新曲発表パーティー
 日時 平成17年8月26日(金)6時から
  場所 松戸・料亭「冨吉」
  ”夏の夕べに、江戸の粋を”
  中條京子主催・松戸市観光協会後援

4、松戸の歌「松戸小うた」を踊ろう!!
   10月12日(水)松戸市立古ヶ崎中学校(総合学習)

■お問い合わせ先「松戸小うた連」中條 京子
千葉県松戸市栄町西3丁目1134ー8
電話・ファックス 047−368−4339
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【邦楽クイズ】準備中
(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
【チケット・プレゼント】お申し込みは、Mailto:mag@hougaku.co.jp 
1「外山香 箏リサイタル」8月6日・静岡音楽館AOI 8Fホール
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
7月号は、6月24日(金)に発売されました。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。

7月号目次                【表紙絵】吉田まりの
【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【おどりの扉評】長崎由利子(22)
【邦楽道しるべ】東山晋士(24)
【旧ユーゴスラビア諸国演奏記3】安藤政輝(26)
【長唄芸語】稀音家義丸(28)【余音余情】波多一索(30)
【日本伝統文化振興財団】(32)【詞章考】長崎由利子(33)
【ニュース1】(35)【花伝舎】(35)【舞踊年表】如月青子(36)
【NHK放送案内】(44)【「のどにはジンジャエール」】山木七重(45)
【小唄散見】目賀田武藏(46)【ニュース2】(51)
【創作の景色】菊村しづ(52)
【三味線音楽の歴史展開を探る】渡邉浩子(54)
【四季随想】杵屋栄禧(56)【日本音楽聞書帖】笹井邦平(58)
【芸競前評判記】笹井邦平(62)【季々評】上野晃(64)
【邦楽ツアー】只野らん子(66)【小唄オシャレ考】竹越治夫(68)
【長唄正本研究】(71)【創造学園大学】(73)
【歌舞伎チャンネル】(76)
【演奏会情報】三曲案内(74)三味線音楽案内(77)

【グラビア】牧野由多可作品展・箏志会・砂崎知子パーティ・花季汀・
研箏会・山木会・大里華勢井・創明音楽会・帰ってきた糸・
杉並三曲協会・富士松延治太夫・清元和加葉会・田家松小峰見台開き・
春日とよせい吉・蓼胡珠己・春日とよ五幸・蓼一重・根岸悦子ライブ・
根岸悦弥見台開き・大阪小唄まつり(邦楽の友社主催公演)・
小唄菊岡派創流

演奏会広告(五十音順)河東節を知る会(4)杵屋勝芳寿(6)
賢順記念(3)静樹会(17)世田谷三曲協会(17)本條会(80)
俚奏楽本條秀太郎(5)
★読者優先演奏会情報フォーマット(90)

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【邦楽の友社住所】
■156−0053 世田谷区桜3−26−2 (株)邦楽の友社
03−5451−3068・FAX03−5451−3069
Eメール info@hougaku.co.jp 
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−5451−3068
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。
ご注文は邦楽の友社へどうぞ。info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−5451−3068
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜9【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己
(現在12「江戸小曲六歌仙」7月1日発売予定)
お問い合わせ 03・5451−3068(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・5451−3068邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・5451−3068邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第18回】千代田城
日時未定
(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成18年5月26日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★
平成18年5月14日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・5451−3068 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー★
休止中。
……………………………………………………………………………………………
7月号・一般広告(五十音順)朝日屋(83)安藤政輝ビデオ(88)
江戸小曲六歌仙(92・表4カラー)演劇出版(87)柏屋(88・89)
加藤邦楽器(83)かとう(82)菊岡(83)作者邑(88)
新橋野村(83)誠和音芸(84)竹うち(85)たのしい三味線(84)
塚本楽器(82)鶴屋(83)東京三味線・東京琴(18)
中川写真(85)日本通運敦煌(91)日本和楽器(86)
ノブレ管(87)花友(86)東山楽譜(84)
日本伝統文化振興財団(2)ふじせ(85)松戸小うた連(81)
三越劇場(11)光春野村(85)宮本卯之助(88)
めるまがコンサート(80)矢野(86)龍角散(85)
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒156-0053世田谷区桜3−26−2
TEL:03―5451―3068
FAX:03―5451―3069
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP