┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2004年12月31日発行第160号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■芸術祭新人賞(関東参加公演の部)に藤井昭子さん
■芸術祭新人賞(関西参加公演の部)に石川利光さん
■芸術祭新人賞受賞、おめでとうございました。

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★おたすけ社鳥の話「芸術祭受賞おめでとうございます。」(目次の1)
★【雀の会】江戸の名所を歩こう会(目次の2)
★芸術祭・金蔵院・ビクター財団・安藤珠希・中川かりん(目次の3)
★1月の演奏会(目次の4)
★クイズ第34弾の解答。(目次の5)
★チケット・プレゼント2件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友1月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告・広告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■【松戸小うた】の唄と踊りの講習会のお知らせ■
「松戸小うた」は松戸市観光協会の推奨品です。
松戸市内の観光バスの中でも唄われております。
「松戸小うた連」という総勢60〜70名の踊りのグループが
市内のイベントで活躍中。
四月の「桜まつり」十月の「まつど祭り」に向けて
さらに参加者を募集中。

【松戸小うた連】 中條 京子
■「唄と踊りの講習会」
■曲目 「松戸小うた」 「坂川小うた」
■費用 ¥500 その他実費
イ 平成17年1月23日(日) 2時−4時
松戸市古ヶ崎市民センター 第一会議室
ロ 平成17年2月27日(日) 2時−4時
松戸市古ヶ崎市民センター 2階和室
ハ 平成17年3月19日(日) 2時−4時
松戸市古ヶ崎市民センター 第一会議室
……………………………………………………………………………………………
【粋でおしゃれな小唄を唄いませんか!!】
小唄 蓼 競三 (中條 京子)
■「小唄入門」グループレッスン
■費用 ¥1,500 (コピー代込み)
■持参する物 筆記用具 テープレコーダー(録音希望の方)
イ 平成17年1月23日(日) 4時−5時
松戸市古ヶ崎市民センター 第一会議室
曲名 「梅にうぐいす」 「ほどほどに」
ロ 平成17年2月27日(日) 4時−5時
松戸市古ヶ崎市民センター 2階和室
曲名 未定
ハ 平成17年3月19日(日) 4時−5時
松戸市古ヶ崎市民センター 第一会議室
曲名 未定

■お問い合わせ先「松戸小うた連」中條 京子
千葉県松戸市栄町西3丁目1134ー8
電話・ファックス 047−368−4339
……………………………………………………………………………………………
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(158)
          芸術祭新人賞受賞おめでとうございます。
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
おめでたいことがあったときには、
気持ちよく「おめでとうございます。」と言いたいものです。
いろんな「おめでとう」がありますが
邦楽界においては栄誉ある賞を受賞することが
一番めでたいことでありましょう。

褒章、勲章、ほかにも栄誉は沢山ありますが
いずれも長いこと芸の伝承に携わり、
また研鑽を続けてこられたことへのご褒美だと言えます。
この秋にも幾つかの贈賞があり、受賞者が出ました。

遅ればせながら芸術祭賞の音楽部門の
邦楽関係の受賞者二名に
「おめでとうございました。」と申し上げます。
藤井昭子さんと石川利光さんです。
お二人とも新人賞でした。

藤井昭子さんの受賞理由は
第五回藤井昭子演奏会における演奏に対してです。
「地歌のなかでも奥の深い端歌を4曲集めた今回の演奏会は、
非常に意欲的なものであり、
終始、弾き歌いに徹した藤井昭子の
声と三味線の音色には将来を見据えた覚悟が感じられた。
特に名曲「ゆき」の演奏にひとりで挑戦したことは、
祖母、母と受け継がれてきた九州系地歌の後継者として、
更なる可能性に大きな期待を抱かせた。」

石川利光さんの受賞理由は
第8回石川利光尺八リサイタルの成果に対してです。
「古典本曲1曲、委嘱作品1曲を含む
現代曲3曲で構成されたプログラムは、
個々の曲それぞれが、解釈、演奏技法、音色ともに
よく錬られ、充実した内容。
音色の多面性を追求するとともに、
これまで多くの演奏家が取り上げてきた
「産安」、「エクリプス」にも
他とは異なる新鮮な印象を与え、
更なる発展の可能性に大きな期待を抱かせた。」

残念なことは大賞、優秀賞に邦楽人の名前がなかったことですが
芸術祭というものの性質上やむを得ないことなのでしょう。
音楽関係というひとくくりの中で
オーケストラなどと比較されるわけですから
個人戦の伝統芸術としては
けっこうハンデがあるような気がします。

理想としてはかってのように邦楽は邦楽部門、
洋楽は洋楽部門で審査を受けるといった形が
私などには分かりやすいのですがね。
また近年は発表時期が遅くなっているようで
今年は12月の20日過ぎだったようです。

昔は12月の第一週だったように覚えているのですが
公式発表がなされるまで誰が入賞したか
一切出てこないので
雑誌で大きく扱おうとしたとき
うまく企画が立たず往生したことがあります。

今年の新聞発表は朝日新聞が12月21日、
毎日新聞が12月22日だったそうです。
その他の新聞は私が見はぐったのか
記事掲載がされていなかったようで
ほんとうはどうだったのかな?
ご存知の方がいらしたら教えてください。

朝日新聞と毎日新聞を読み損なったために
六日のあやめ、十日の菊といった趣になってしまいました。
情報にはもっと敏感にならなければいけませんね。
以上私の報告が遅くなったいいわけと
反省の弁でした。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
160-1>【江戸の名所を歩こう会 第14回】
今回は特別企画で及川鳴り物博物館に出かけましょう。
http://homepage3.nifty.com/narimono/
及川尊雄さんが個人で収集した諸楽器の見学です。
「来館者の要望が入りましたら、
そのリクエストに応じたいと思いますので、
メールでお知らせください。
なお、1月の特別展は、三味線を予定しております。」と
及川尊雄さんからのお申し出がありました。

◆1月22日(土)◆ 午前10時
■西武池袋線・東久留米駅北口改札待ち合わせ
(ホームページ参照)
http://homepage3.nifty.com/narimono/
(昼食後現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。どなたでも参加できます。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp おたすけ社鳥
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
………………………………………………………………………………………
【平成16年度(第59回)文化庁芸術祭《音楽部門》】
芸術祭大賞 (関東参加公演の部)
  古典四重奏団
芸術祭大賞 (関西参加公演の部)
  中野 振一郎
芸術祭優秀賞 (関東参加公演の部)
  東京フィルハーモニー交響楽団
芸術祭優秀賞 (関西参加公演の部)
  財団法人びわ湖ホール
芸術祭新人賞 (関東参加公演の部)
  藤井 昭子
芸術祭新人賞 (関西参加公演の部)
  石川 利光
………………………………………………………………………………………
【平成16年度(第59回)文化庁芸術祭《舞踊部門》】
芸術祭大賞 (関東参加公演の部)
  鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団
芸術祭大賞 (関西参加公演の部)
  桧垣バレエ団
芸術祭優秀賞 (関東参加公演の部)
  若柳 吉優
芸術祭優秀賞 (関西参加公演の部)
  吉村 古ゆう
芸術祭新人賞 (関東参加公演の部)
  花柳 錦之輔
芸術祭新人賞 (関西参加公演の部)
  堀端 三由季
………………………………………………………………………………………
【金蔵院での小唄奉納】(千葉県松戸市旭町)
正月5日及び6日の金蔵院での小唄奉納
(バスツアーのお客様が対象)が6日の11時30分からの演奏を
一般にも公開することになりました(無料)。
■小唄奉納
小唄「春の雪」「招き猫」 蓼 競三 唄  松尾 糸
踊り「松戸小うた」 松戸小うた連
粋でお洒落な小唄奉納にぜひ皆様お出かけ下さい。
場所 金蔵院 「恵比須神」
月日 1月6日(木) 
時間 午前11時30分から
住所 千葉県松戸市旭町2-419  
電話  047-341-9761
………………………………………………………………………………………
【ビクター伝統文化振興財団、門田さんよりの情報です。】
■ビクター伝統文化振興財団関連で、
平成16年度文化庁芸術祭 2部門受賞!!
      …………………………………………………………
1、■音楽部門<新人賞>
地歌筝曲演奏家:藤井昭子(ふじいあきこ)
第五回 藤井昭子演奏会 10月25日 紀尾井ホール
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地歌というジャンルにこだわり、日本国内はもとより
広く海外でも活動を展開している藤井昭子さんは、
九州系地歌の伝統を未来につなぐ貴重な演奏家だといえます。
なお、今回の新人賞受賞は、
昨年度新人賞受賞の兄である藤井泰和(ひろかず)さんに続く
連続受賞の快挙です。
■藤井昭子のCD■ビクター財団賞奨励賞CD
VZCF-1017 定価:2,000円(税込)
【収録曲】袖の露、新娘道成寺、影法師、七小町
【演奏】三弦・箏:藤井昭子 笛:福原徹彦 尺八:青木鈴慕
      ………………………………………………………
2、■レコード部門<優秀賞>
高野山の声明 常楽会 (こうやさんのしょうみょう じょうらくえ)

仏教伝来とともに伝わった「声明」と呼ばれる声楽は、
謡曲や長唄など、日本音楽の源流となりました。
二〇〇四年に世界遺産に登録された高野山での声明録音。
釈迦の入滅をしのぶ法要をはじめてCD化!
「声のチカラ」「言葉のチカラ」を感じることができる声明は、
グレゴリアン・チャントとならぶ男声ユニゾン声楽曲として、
伝統芸能のみならずクラシック、民族音楽コーナーでも
大変好評を得ています。

■高野山の声明「常楽会」/高野山声明の会VZCG-346
定価:3150円(税込)
      ………………………………………………………
(財)ビクター伝統文化振興財団
TEL;03-5467-2232 FAX;03-5467-2275 
EMAIL;monden@japo-net.or.jp
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-6-8(渋谷井上ビル3F)
URL;http://www.japo-net.or.jp/
……………………………………………………………………………………………
【安藤珠希 博士リサイタル】
2005年2月10日(木)午後6:30開演(6:00開場)
東京芸術大学構内 第6ホール 入場無料

助演:野坂惠子
<プログラム>
船川利夫作曲 箏と三絃のための嬉遊曲
廣瀬量平作曲 <みだれ>による変容 −−十七絃独奏のための−−
安藤珠希作曲 組歌 都懐(みやこおもひ) −−平家物語より−−
藤尾勾当作曲 屋嶋

このリサイタルは、東京芸術大学大学院博士特別研究の授業単位で、
論文テーマにそった研究演奏である。

■問い合わせ先:安藤珠希
03−3425−0596(FAX兼24時間OK)
mailto:an_tamaki@yahoo.co.jp
http://www.h2.dion.ne.jp/~an-tama/
……………………………………………………………………………………………
【中川かりん芝居に初挑戦】
1月7日(金)9日(日)の二日間、25絃箏者の中川かりんは
泉ちぬ率いる「黒鯛」メンバーによる「しゃば・だば・どぅ」に
出演する。赤坂ビーフラット、3200円。
お問い合せは事務所いずみ03−5481−3625
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
1月8日(土)あきる野市の若き音楽家フェスタ
2時開演 1000円 秋川キララホール
今、世界に雄飛を。あきる野市出身の若き音楽家に邦楽から
山田流箏曲演奏家の佐々木千香能が選ばれて出演する。
……………………………………………………………………………………………
1月8日(土)日本フルートフェスティバルイン東京
2時開演 3500円 タケミツメモリアルホール
二十五絃箏とオーケストラの為の「伝えゆくもの・1」の
二十五絃箏で中川かりんが出演。
……………………………………………………………………………………………
1月9日(日)錦心流琵琶新春大会
2時開演 無料 雷中会館
「常盤御前」板倉絲水。「五條橋」末吉希水。「鵯越」白井梢水。
「屋島の誉」久保川華水。「静」高橋洋水。「舟弁慶」三門葉水。
「勧進帳」松原孔水。「衣川」森中志水。
……………………………………………………………………………………………
1月10日(月)古典作品研究「御祝儀もの」
1時半〜4時 5000円 現代邦楽研究所TAスタジオ
古典をテーマにした公開講座。受講した中で希望者は
2005年2月27日(日)紀尾井小ホールで開催される
「古典作品研究」演奏会に出演できます。
今回の講師は生田流・深海さとみ、
山田流・亀山香能、西潟昭子。
講習曲「根曳の松」「尾上の松」
……………………………………………………………………………………………
1月10日(月)豊島区邦楽連盟 東京芸術劇場小ホール2
……………………………………………………………………………………………
1月12日(水)あいおいの会
6時半開演 2800円 日本橋劇場
芸大の卒業生20名で結成された「あいおいの会」の第2回公演。
「さしそう光」「たぬき」「松風」「装画」「いざない」「和楽三章」
助演に指揮・小森康弘、篠笛・福原友裕、打楽器・島村聖香。
協力・ブライトワン03−5485−3804
……………………………………………………………………………………………
1月14日(金)小唄春香会
11時開演 3000円 証券ホール
邦楽の友社主催小唄演奏会。第三十五回。九十五番を演奏する。
□03―5451―3068邦楽の友社
……………………………………………………………………………………………
1月15日(土)琵琶楽名流大会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
1月16日(日)追悼・東音田島佳子「三味線のつどい」
2時半開演 3000円 青山円形劇場
「こども組歌」「ありがとう田島先生」「黒髪」「越後獅子」「童と風と火」
……………………………………………………………………………………………
1月18日(火)都一中 国立小劇場
……………………………………………………………………………………………
1月19日(水)清元美治郎 国立小劇場
……………………………………………………………………………………………
1月20日(木)邦楽西洋と比ぶれば「花」
6時半開演 4000円 紀尾井小ホール
「蝶々夫人」「夏の花」「あかゆら」「梅は咲いたか」「元禄花見踊」
音先案内人・竹内道敬。
……………………………………………………………………………………………
1月20日(木)〜22日(土)論議ビヂテリアン大祭
7時開演 4500円 スパイラルホール
宮澤賢治原作の童話を声明と狂言と現代邦楽で舞台に再現する。
22日のみ3時開演。
……………………………………………………………………………………………
1月22日(土)山本邦山尺八の世界
5時開演 招待 東京芸術大学奏楽堂(大学構内)
尺八と箏のための「協奏曲第三番」能舞・尺八・打楽器による「砧」
「松竹梅」「竹の群像」山本泰正(邦山)教授退職記念演奏会。
入場無料であるが招待券(整理券)が必要。希望者は
03−5685−7700芸大演奏芸術センターまで。
……………………………………………………………………………………………1月2
2日(土)常磐津節保存会
1時開演 4000円 紀尾井小ホール
「文化文政の作品集」常磐津松尾太夫・常磐津英寿ほか。
解説・竹内道敬。
……………………………………………………………………………………………
1月22日(土)長唄鑑賞会
2時開演 4000円 国立小劇場
「吉原雀」「高尾懺悔」「狂獅子」「京鹿子娘道成寺」国立劇場一月邦楽公演。
……………………………………………………………………………………………
1月22日(土)大和三千世 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
1月23日(日)第六回光響会
11時開演 3000円 千葉県教育会館
千葉から発信する「千葉の自然と歴史が伝えたい今、世界へ」がテーマ。
望月太左衛一門を中心としたプログラムは多彩。
……………………………………………………………………………………………
1月23日(日)三曲の会
2時開演 4000円 国立小劇場
「吾妻獅子」「五段砧」「虚空」「八島」「長恨歌曲」「楫枕」国立一月公演。
……………………………………………………………………………………………
1月23日(日)中川昌三+かりん親子ライブ
3時開演 無料(先着300名)船橋市宮本公民館
宮本公民館で整理券配布中。047−424−9840
フルートと25絃箏による。
……………………………………………………………………………………………
1月23日(日)安藤南美井まゆみ会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
1月23日(日)関西常磐津協会 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
1月25日(火)日本音楽集団
7時開演 5000円 津田ホール
邦楽器のオーケストラ、日本音楽集団の第178回定期演奏会。
吉村七重の企画構成である。「新しい音を探る」シリーズ第二回目は
音集初期の委嘱作品と21世紀に生まれた作品を紹介する。
先日の作曲コンクールで入賞した二曲も上演される。
……………………………………………………………………………………………
1月28日(金)長唄名流大会 三越劇場
東京新聞主催。
……………………………………………………………………………………………
1月29日(土)長唄研精会
吉住小三郎・稀音家六四郎ほか。第六三一回。
……………………………………………………………………………………………
1月29日(土)春日とよ浜栄実会
11時開演 無料 日本橋劇場
伊豆高原花吹雪でのライブなど近年活躍する春日とよ浜栄実の演奏会。
小唄・端唄「ほほえみ会」
…………………………………………………………………………………………
1月29日(土)山川園松春和会お弾き初め会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
1月29日(土)菊千英久子 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
1月29日(土)・30日(日)各派名流小唄会
11時開演 三越劇場
東京新聞主催・江戸小唄社協賛。
……………………………………………………………………………………………
1月30日(日)本條秀太郎の会
2時半開演 4500円 紀尾井小ホール
「端唄・江戸を聞く」本條秀太郎、本條秀五郎。
……………………………………………………………………………………………
1月30日(日)華果林イン和音
7時開演 2800円 和音
出演、かりん(25絃箏・うた)はな(パーカッション・うた)
……………………………………………………………………………………………
1月30日(日)日本小唄連盟関西支部 国立文楽小ホール
……………………………………………………………………………………………
1月31日(月)清元紅風会
2時開演 2000円 紀尾井小ホール
清元協会女流若手ホープの演奏会。
……………………………………………………………………………………………
1月31日(月)箏曲新潮会勉強会
6時半開演 無料 証券ホール
「秋風の曲」「寿くらべ」「浮拍子」「八重衣」「雨後」「石山源氏(下)」
芸大卒業生による勉強会も第三十三回となる。
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第3回(平成16年)邦楽クイズ】
158号の第35弾で今年のクイズは終了しました。
……………………………………………………………………………………………
【第3回(平成16年157号)邦楽クイズ第34弾解答と正解者発表】
江戸時代の地名の由来です。
正しい物に○を間違っている物に×を付けてください。

1 青物町は青物、野菜の市場があったことに由来する。
   (  ×  )★家康入国の折小田原青物町の商人が開いた。

2 人形町は昭和8年に誕生した。
   (  ○  )★俗称は古くからあったが正式には昭和8年。

3 銀座は銀座役所があったことから俗称地名になった。
   (  ○  )★新両替町が正式。

4 碑文谷は干物屋が多くあったので付けられた。
   (  ×  )★檜物屋が元。檜の薄材で曲物を作っていた。

5 三軒茶屋には本当は4軒茶屋があった。
   (  ×  )★信楽、角屋、田中屋の三軒だった。

6 日比谷は当初「比比谷」だった。
   (  ○  )★海苔の養殖のための「ひび」に由来する。

7 神田は元は「しんでん」であった。
   (  ○  )★伊勢神宮へ供える米を作っていた。

8 三田は三つの田のつく町が合併してできた。
   (  ×  )★神領だったので「御田」から転訛した。

9 代々木はモミの巨木を代々管理する人がいたことによる。
   (  ○  )★井伊家が植木職人に扶持米を与えていた。

10吉祥寺は「吉祥寺」の門前町であった。
   (  ×  )★移住してきた住民の旧地の寺名だった。

【正解者発表】
正解は0名でした。
(おたすけ社鳥)

……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■1月14日(金)【小唄春香会】11時開演 証券ホール
邦楽の友社主催小唄演奏会。第三十五回。九十五番を演奏する。
小唄をじっくり聴いてみませんか?各流派の唄い方の違いや、
三味線の爪弾きの音色の違いが分かるかも知れません。
終演予定は6時頃です。ご都合のいい時間帯にいらしてください。
……………………………………………………………………………………………
■1月25日(火)【日本音楽集団】7時開演 津田ホール
邦楽器のオーケストラ、日本音楽集団の第178回定期演奏会。
吉村七重の企画構成である。「新しい音を探る」シリーズ第二回目は
音集初期の委嘱作品と21世紀に生まれた作品を紹介する。
先日の作曲コンクールで入賞した二曲も上演される。
……………………………………………………………………………………………
■全国から選ばれた八団体が伝統の地歌舞伎を披露
■「全国ふるさと歌舞伎フェスティバル」
■七千名観覧招待券プレゼント

文化庁は平成十七年二月五日(土)二月六日(日)の二日間、
東京NHKホールにて、
全国各地の地歌舞伎八団体を一堂に集めた
「全国ふるさと歌舞伎フェスティバル」を開催する。
入場は無料だが整理券が必要。
公演の招待券応募要領は次の通り。

往復ハガキに
住所、代表者氏名、年齢、電話番号、
希望枚数(ハガキ一枚につき四枚まで)
希望日(二月五日(土)二月六日(日)のどちらか)を書き
返信面に自分の住所名前を書いて応募する。
160―8555新宿区舟町7―6―704
「全国ふるさと歌舞伎フェスティバル」
事務局邦楽の友誌係
締め切りは平成17年1月7日。
……………………………………………………………………………………………
【第5回地域伝統芸能まつりへのご招待】
坂東三津五郎さん歌舞伎、宇崎竜童さん作曲の文楽、
御諏訪太鼓、梯子獅子舞など伝統芸能や全国から選ばれた祭り、
合計15演目を一堂に集め実演する「第5回地域伝統芸能まつり」が
平成17年2月26日、27日の両日に亘って行われる。
会場は東京渋谷NHKホール。
各日とも2500名を招待する。
入場には招待整理券が必要です。両日の演目と応募方法は次の通り。

■2月26日(土)3時より 南大塚の餅つき踊り(川越市)
石井の七福神(二本松市)笑い講(防府市)狂言「居杭」(大蔵流)
梯子獅子舞(東金市)ロック文楽「曾根崎心中。御諏訪太鼓(岡谷市)

■2月27日(日)3時より 徳重大バラ太鼓踊り(伊集院町)
各地の万歳(古典万歳)八戸えんぶり(八戸市)琉球古典舞踊(沖縄県)
歌舞伎舞踊「お祭り」(坂東三津五郎ほか)本地の花笠踊り(千代田町)
三原やっさ踊り(三原市)大蛇山(大牟田市)

応募方法 往復はがきに1,住所、2,氏名、3,年齢、4,電話番号、
5,希望日(2/26,か2/27どちらか一つ)
6,希望人数(一枚につき2名まで)を書き
160―8555新宿区舟町7―6―704
「地域伝統芸能まつり」事務局 邦楽の友誌係
締め切りは平成17年2月7日。
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
1月号は、12月24日(金)に発売されました。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。
■邦楽の友誌でしか読めない演奏会評1月号には誰の評が?
高橋榮清・長唄宮麿会・常磐津文字兵衛・鶴澤寛也・栄芝の会・
竹本朝重・藤井千代賀・富田清邦・女流義太夫・上野、浅草―
にほんの音・青少年のための楽しい三味線コンサート・
現代邦楽との出会い?・杵屋正邦の会・長唄二十一の会・
さいたま田楽フェスティバル・ほか。

1月号目次                  
【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【邦楽道しるべ】東山晋士(24) 
【長唄芸語】稀音家義丸(26)【長唄正本研究】(28)
【詞章考】長崎由利子(31)【十七弦の話】安藤政輝(34)
【余音余情】波多一索(36)【日本音楽聞書帖】笹井邦平(39)
【四季随想】杵屋栄禧(44)【創作の景色】菊村しづ(46)
【小唄散見】目賀田武藏(48)【小唄オシャレ考】竹越治夫(55)
【舞踊年表】如月青子(58)【邦楽たんけん記】初見れい子(73)
【芸競前評判記】笹井邦平(76)【きららの記】山木七重(78)
【ニュース】(38)(47)(54)(77)
【演奏会情報】三曲案内(70)三味線音楽案内(71)
【ラジオ・テレビ放送案内】(79)【歌舞伎チャンネル】(72)
【年賀】(91)【お稽古場索引】(194)

【グラビア】荻江節を知る会・長唄宮磨会・杵屋勘五郎・杵屋彌十郎・
目黒区邦楽大会・望月太左衛・常磐津一巴太夫・若宮流・富士松鶴千代・
清虚洞一絃琴・モービル音楽賞・高橋榮清・三曲鑑賞会・愛知一紅・
京都山水会・井口法能・佐々木千香能・川瀬庸輔・朝香麻美子・西潟昭子・
富成清女・生田流箏曲古川太郎継承会 教授・助教免状授与式・
栄芝の会・松風若裕・春日とよ稲・小唄柴の会・小唄竹枝会・
堀派ほのぼの会・浅井豊可・小唄長生会・日本小唄連盟・幸村美枝・
小唄井筒会・永井ひろ・春日とよ五幸・峰村好美佐・蓼競文・蓼房喜・
根岸禮・春日とよ浜栄実・柏葉すみ・寿本静七回忌追善

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
【邦楽の友社新住所】
■156−0053 世田谷区桜3−26−2(株)邦楽の友社守谷幸則
03−5451−3068・FAX03−5451−3069
Eメール info@hougaku.co.jp (変わらず)
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−3400−2806
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流助教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。
ご注文は邦楽の友社へどうぞ。info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−3400−2806
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜9【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己
(現在12「江戸小曲六歌仙」制作中)
お問い合わせ 03・3400・2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・3400・2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・3400・2806邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第14回】1月22日(土)、午前10時「未定」
  otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成17年5月27日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★来年の予定
平成17年5月22日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー第3回のお知らせ★
今号のメルマガ120号から年間クイズ王選手権第3回を始めます。
ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点で
すね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこ
ういいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?
第一回優勝、よろぼうしさん、2位さくら子さん、3位アホさん。
第2回優勝、よろぼうしさん、2位忍び駒さん、3位さくら子さん。
……………………………………………………………………………………………
一般広告(五十音順)
朝日屋・安藤政輝ビデオ・演劇出版・加藤邦楽器・かとう・菊岡・
小唄教室・作者邑・新橋野村・誠和音芸・塚本楽器・鶴屋・中川写真・
南雲堂・日本和楽器・ノブレ管・花季利恵CD・花友・東山楽譜・
ビクター財団・ふじせ・松戸小うた・三越劇場・光春野村・宮本卯之助・
矢野・龍角散・ワード・わこクラシックサロン
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒156-0053世田谷区桜3−26−2
TEL:03―5451―3068
FAX:03―5451―3069
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP