┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2004年9月17日発行第145号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■東京邦楽コンクール本選出場者決定。
■応募総数59組より選ばれた17組が
■11月27日、洗足学園音楽大学前田ホールの本選に出場する。

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★おたすけ社鳥の話「雅楽は一朝にしてならず」(目次の1)
★【雀の会】「散歩には最適な季節です」(目次の2)
★東京コンクール本選出場者・小野雅楽会(目次の3)
★9月18日から9月26日までの演奏会(目次の4)
★クイズ「蛍」と第21弾の解答。(目次の5)
★チケット・プレゼント4件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友10月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

■【小野雅楽会百十七年の会】■チケットプレゼント■
■11月15日(月)7時 タケミツメモリアル
「小野雅楽会百十七年の会」の公演チケットを、
5組10名様にプレゼント致します。申し込み方法は次の通り。
締切:2004年10月27日(水)
応募方法:官製はがきにて
住所・氏名・年齢・応募を知った媒体名(邦楽の友)
をお書きいただき、締切日必着でお送り下さい。
送付先:〒102-0093 東京都千代田区平河町2−4−5平河町Kビル7F
クリスタル・アーツ「小野雅楽会チケット・プレゼント係」宛

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(143)
            雅楽は一朝にしてならず
                (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
雅楽の流れというものを考えてみます。
まず人間ありき、中国から話を始めます。
その始めは自然の音であったろうと思っています。
天から与えられた音楽です。
天楽とでも申せましょうか。
中国では夏以前がこれにあたります。

夏という王朝が中国ではもっとも古い王朝です。
この王朝は呪術的な要素をもつ王朝であったようです。
現存したかどうかは確認されていません。
この夏の音楽は呪楽とでも言うべきものであったでしょう。

時代は殷に移ります。
殷という国も実在したかどうか疑われていたのですが
1928年に殷墟が発掘されて存在が確認されました。
殷墟とは紀元前14世紀から11世紀にあった殷の後期の都です。
この時代になれば多種の楽器が音楽を彩ったでしょう。
古楽とでも名付けましょうか。

次ぎに現れた王朝は周です。
鼎の軽重を問うという言葉がありますが
政治も経済も充実し周王を中心にした貴族国家が成立しました。
春秋時代の幕開けです。
孔子が周礼を提唱し儒学が登場しました。
この時代の音楽を礼楽といいます。

日本に入ってきた音楽はこの礼楽からだと思われます。
戦国時代を統一した秦の始皇帝は不老長寿の薬を求めて
日本に向かって大船団を派遣しました。
この船に楽士も多数乗り込んだと言われています。
漢の時代以降は異民族の音楽が流れ込んで来ます。
そういった音楽がまとめられたものが唐の時代に開花します。
唐楽といいます。

遣唐使を通じて入ってきた唐楽と
以前から入ってきていた礼楽が
日本で雅楽という形をつくったのです。
その雅楽は日本のすべての音楽の基になりました。
しかし天楽も呪楽も古楽も礼楽も王朝の音楽でありましたから
平安時代に完成された雅楽もまた天朝の音楽でした。
民間での伝承は許されなかったのです。

それが明治20年に許されます。
その先鞭を切った団体の一つが小野雅楽会です。
小野雅楽会は活動を初めて117年になるのだそうです。
雅楽の歴史は私の論では1200年。一般論では1400年。
いずれにせよその一割未満。
一割未満の百年余りで一般への普及はどうだったのでしょう。
けっこう頑張っているように見えるのですがね。

邦楽のほうが永いじゃないかなどと言わないように。
なにせ雅楽が邦楽の先祖の一つであることは
まぎれもない事実なのですから。
その気になったらまた音楽の歴史が変わるかも知れない。
○○十二雅楽坊ってか?

ということで11月15日には彼らの演奏会が行われますので
プレゼントチケットに応募されてお出かけになっては如何でしょう。
う〜ん、どうしても最後はピーアールになっちゃうなあ。
落ちも付かなかったし。
ま、たまにはいいか。(笑)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
145-1>【散歩には最適な季節です。】
【江戸の名所を歩こう会 第11回】<目白>
◆9月18日(土)JR山手線目白駅改札口
◆ 午前10時出発。(午後3時現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。
会員制ではありません。どなたでも参加できます。
090−8561−1119私の携帯です。(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【東京邦楽コンクール本選出場者決定】
狩野嘉宏・篠笛「星河」
菊地奈緒子17絃「なばりの三つ」
久保田晶子・薩摩琵琶「不倒」
橋本みぎわ20絃「竜田の曲」
吉澤延隆・箏「幻想曲」
野澤佐保子・箏「箏譚詩集第一集」
真鍋尚之・笙「呼吸川」
吉原佐知子・箏「凍る」
渡辺淳、山田由紀・合奏「双魚譜」
布袋聖志20絃「雨ざんざん」
河原抄子17絃「なばりの三つ」
山野安珠美・箏「情景三章」
黒川真理・箏「秋風幻想」
高畠一郎・箏「氷彩」
立道明美・箏「甦る五つの歌」
藤舎也生・篠笛「風花・二景」
野村玲子・箏「三つの断章」
応募総数59組より選ばれたこの17組が
11月27日、洗足学園音楽大学前田ホールでの本選に出場する。
……………………………………………………………………………………………
【小野雅楽会 百十七年の会】
2004年11月15日(月)19:00開演(18:30開場)
東京オペラシティ コンサートホール タケミツメモリアル
管絃
平調調子 ・ 林歌
朗詠紅葉 ・ 越殿楽 残楽三返
舞楽
振舞三節 ・ 喜春楽  ・  納曽利

チケット
東京オペラシティチケットセンター TEL03-5353-9999
チケットぴあ TEL0570-02-9990
Ticket: A席4,000 B席3,000
主催:小野雅楽会 mailto:info@gagaku.onoteru.com
URL:http://www.onoteru.com
問合せ:クリスタルアーツ TEL03-5210-9071
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
9月18日(土)第36回女子東音会若手公演
1時半開演 2000円 日本橋劇場
「老松」「都鳥」「新曲浦島」「喜三の庭」「石橋」女子東音会会員
……………………………………………………………………………………………
9月19日(日)和楽器の魅力 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
9月19日(日)箏曲若菜会定期演奏会 札幌市教育文化会館大ホール
……………………………………………………………………………………………
9月19日(日)日本小唄連盟関西支部
第4回慈善演奏会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
9月20日(月・祭)チャリティー 朝日邦楽会
名古屋市芸術創造センター
……………………………………………………………………………………………
9月22日(水)長唄杵屋会
1時開演 イイノホール
「鶴亀」「鷺娘」「俄獅子」「神田祭」「多摩川」「安宅の松」「安達ヶ原」
第23回。例年は6月であったものが本年は9月公演となった。
……………………………………………………………………………………………
9月22日(水)新内仲三郎公演
2時開演 三越劇場 
人間国宝・新内仲三郎師による「道中膝栗毛・江戸吉原より京都まで」
「東海道のはじまりは日本橋ですが、ここは新内らしく吉原から始めたいと思い、
『蘭蝶』から演奏します。そして、例えば『お江戸日本橋』を唄なしで弾いたり、走っ
ているような場面だと早間の合方を入れたり、情景を浮かべられるような手を弾いて
旅のイメージを膨らませていきます」と仲三郎師。
……………………………………………………………………………………………
9月22日(水)ぐるーぷのぼる演奏会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
9月23日(木)箏曲武声会
1時開演 無料 四谷区民ホール
伊藤松超主催第59回温習会。21曲を演奏する。
武声会は「むせいかい」武蔵野の声の意味である。
……………………………………………………………………………………………
9月23日(木)常磐津百閃会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
9月23日(木)長唄 稀音家祐介の会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
9月23日(木)田嶋直士尺八の世界 リサイタル
名古屋市芸術創造センター
……………………………………………………………………………………………
9月24日(金)箏曲木村玲子リサイタル
7時開演 4000円 トッパンホール 
「激しい秋しとやかな春」と題して、三木稔 新箏(にいごと)作品
「竜田の曲「佐保の曲」「ラプソディー」「東から」「天如」を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
9月24日(金)練馬区三曲連盟邦楽鑑賞会
6時半開演 500円(整理券)練馬区文化センター小ホール
練馬区在住の会員による箏・三絃・尺八の夕べ。第21回。
……………………………………………………………………………………………
9月25日(土)長唄稀音家会
1時開演 4000円 銀座ガスホール
「竹生島」稀音家六茂江・稀音家一宣。「酒」稀音家六茂美・稀音家薫。
「常磐の庭」稀音家康花・六四竹。「もみじ葉」稀音家六寿美・六節治。
「養老」稀音家廣・稀音家康。立のみ。第47回。
……………………………………………………………………………………………
9月25日(土)第47回小唄蓼派四葉会
1時開演 ご招待 三越劇場
「クローバー」「夢の柳橋」「隅田の月」「そして秋・いきなからす」
「博多節・雪のあした」「大はりま・人に知られて」〈古典小唄十二ヶ月〉
蓼胡房、蓼胡伊一、蓼胡治、蓼競雪野ほか四葉会会員
……………………………………………………………………………………………
9月25日(土)歌舞伎囃子の横笛の会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
9月25日(土)第7回長唄のぶや会 国立文楽劇場
……………………………………………………………………………………………
9月25日(土)第90回記念女義太夫の会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
9月26日(日)新都山流尺八楽演奏大会
11時開演 1500円 明治神宮会館大ホール
関東各支部の会員により全20曲を演奏する。
実行委員長は井藤麗山。
……………………………………………………………………………………………
9月26日(日)仲秋の名月「端唄の夕べ」
3時開演 6500円(飲食代含む) さいたま市 割烹「千代田」
第26回江戸の粋“端唄”お座敷唄と踊りを楽しむ集い。
唄「粋なからす」「紅葉の橋」「秋の七草」ほか42曲、
舞踊「御所車」「柳の雨」「正調博多節」ほか10番
青柳葵ほか端唄青柳流社中、
望月長次郎社中、花柳流・藤間流・西川流・東路流社中
……………………………………………………………………………………………
9月26日(日)筑前琵琶楽連合会全国大会
12時開演 2000円 証券ホール
中村旭園(理事長)藤巻旭鴻、栗山旭東、奥村旭翠ほか会員一同により
全20曲を上演する。
……………………………………………………………………………………………
9月26日(日)第25回邦楽音心会 abcホール
……………………………………………………………………………………………
9月26日(日)第55回都山流尺八楽会札幌支部演奏会
札幌市教育文化会館小ホール
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                 ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第3回(平成16年)邦楽クイズ第25弾】
恋といえば蛍、蛍の歌の系譜からの問題です。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 「松の葉」に出てくる蛍は声もあらわに泣きじゃくる。
   (    )

2 いや何も言わずに「身を焦がす」
   (    )

3 「山家鳥虫歌」では恋に焦がれて泣くのは蝉である。
       )

4 いや焦がれて泣くのは鈴虫である。
   (    )

5 「閑吟集」では焦がれずに、物言わで笑止の蛍である。
   (    )

6 いや水に燃え立つのが蛍である。
   (    )

7 「十訓抄」の蛍はみさおに燃ゆると歌われる。
   (    )

8 「大和物語」では蛍を夏虫と歌う。
   (    )

9 この夏虫の歌は式部卿宮に恋した少女が詠んだものである。
   (    )

10 この夏虫も身を焦がす。
   (    )

全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り10月1日。
当選者は10月15日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。
Mailto:mag@hougaku.co.jp

……………………………………………………………………………………………
【第3回(平成16年141号)邦楽クイズ第21弾解答と正解者発表】
拍子の問題です。池田弥三郎「日本故事物語」からの出題でした。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 三拍子とは飲む、打つ、買うのことである。
   (  ○  )★酒と女とバクチ、遊び人の証明ですね。

2 三拍子とは打、守、走のことである。
   (  ○  )★野球の三拍子ですね。イチローです。

3 三拍子とは小鼓、大鼓、笛のことである。
   (  ○  )★能で太鼓を欠く曲の場合に使うそうです。

4 三拍子とは蹴鞠の足ぶみの用語である。
   (  ○  )★倭訓栞(わくんのしおり)にあります。

5 三拍子とは富士、鷹、茄子のことである。
   (  ×  )★めでたいものを並べただけです。

6 三拍子とは押し、金、男のことである。
   (  ×  )★女性にもてるための三要素です。

7 四拍子とは心、手綱、鞭、鐙のことである。
   (  ×  )★武芸の馬術の心得です。

8 四拍子とは髪、化粧、衣装、顔立のことである。
   (  ×  )★女性の容姿についての俗言です。

9 四拍子とは酒、歌、煙草、女のことである。
   (  ×  )★佐藤春夫の青春時代の詩の一節です。

10四拍子とは小鼓、大鼓、太鼓、笛のことである。
   (  ○  )★お囃子の勢揃いです。
【正解者発表】
正解は1名でした。よろぼうしさんです。三拍子が揃っている
というときの三拍子に当たるものはどれかという問題でした。
(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■9月28日(火)【日本音楽集団】7時 津田ホール
第176回定期演奏会。
……………………………………………………………………………………………
■10月21日(木)【山田流箏曲高橋榮清の会】7時 国立小劇場
「雲井曲」箏・高橋榮清
「あづまの花」唄・高橋榮清、萩岡松韻。箏・中能島弘子。三絃・山登松和。
「松廼羽衣」箏・山勢松韻、岸辺美千賀。三絃・高橋榮清。笛・福原徹。
有料切符の取り扱いは03−3400−2806・邦楽の友社
尚、演奏会当日三代高橋榮清編によるCD付新譜「古曲集」を発行する。
収録曲は「糸の恋」「花のかがみ」「花妻」「花暦」「あづまの花」
……………………………………………………………………………………………
■10月31日(日)【富士松魯遊新内古典演奏会】2時 紀尾井小ホール
芸祭参加「恋娘昔八丈・見世婿入りの段」「比翼の初旅・桶伏の段」
富士松魯遊、新内仲三郎、岡本宮之助、新内剛士。お話・竹内道敬。
先代から伝承した古典、稀曲を上演する。新内節の源流を求めて第4回。
……………………………………………………………………………………………
■11月13日(土)【新内富士松鶴千代の会】3時半 三越劇場
新内を芝居仕立てにする「芝居新内」を見に来ませんか?新内はもちろん
風の盆あり新内舞踊あり人形振りもあります。
現代に生まれ変わった芝居小屋の雰囲気を楽しみましょう。
対談にはおたすけ社鳥も登場、立川らく朝さんと丁々発止、
ぶっつけ本番の珍舞台が展開します。どうなることやら(笑)
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発売)
10月号は、9月24日(木)に発売されます。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
  をご覧下さい。

【邦楽好日抄】守谷幸則(20)【西安旅日記3】(64)
【白寿の音に向かって】水野好子(58)【箏爪の話】安藤政輝(22)
【長唄芸語】稀音家義丸(26)【四季随想】杵屋栄禧(28)
【長唄正本研究】(56)【詞章考】長崎由利子(42)
【余音余情】波多一索(32)【季々評】上野晃(45)
【邦楽道しるべ】東山晋士(24)【創作の景色】菊村しづ(30)
【小唄オシャレ考】竹越治夫(35)【小唄散見】目賀田武藏(38)
【邦楽たんけん記】初見れい子(60)【きららの記】山木七重(70)
【日本音楽聞書帖】笹井邦平(51)【藝競前評判記】笹井邦平(53)
【舞踊年表】如月青子(46)関西舞踊(50)名古屋舞踊(50)
三曲案内(75)三味線音楽案内(78)東京舞踊(72)
【ラジオ・テレビ放送案内】(71)【歌舞伎チャンネル】(57)
ニュース(44)(45)(63)(73)

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★【中国景徳鎮1000年記念日本文化祭】
■世界一の陶磁器の街で文化交流を行います。
■箏・三味線・尺八ほか邦楽の参加団体募集中。
11月25日から12月2日まで。
お問い合せは Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
資料をお送りします。
……………………………………………………………………………………………
★【授業で役立つ和楽器入門講座】★取り扱います。
■箏〜さくらを弾きましょう■(準備編・演奏編)
【お申し込み】邦楽の友社03−3400−2806
初心者の方、初心者を教える方に最適な箏のビデオです。
東京芸術大学邦楽科生田流助教授の安藤政輝氏監修・構成・指導・演奏
ビデオ2巻組。10290円。ご注文は邦楽の友社へどうぞ。
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03−3400−2806
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜9【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子、11「風の盆に魅せられて」蓼胡珠己
(現在12「江戸小曲六歌仙」制作中)
お問い合わせ 03・3400・2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・3400・2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・3400・2806邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第11回】9月18日(土)<目白>
  otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成17年5月27日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★来年の予定
平成17年5月22日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー第3回のお知らせ★
今号のメルマガ120号から年間クイズ王選手権第3回を始めます。
ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点で
すね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこ
ういいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?
第一回優勝、よろぼうしさん、2位さくら子さん、3位アホさん。
第2回優勝、よろぼうしさん、2位忍び駒さん、3位さくら子さん。
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

TOP