┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2004年7月9日発行第135号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■ビクター市丸賞に、長生真帆さん(初日)松風英蝶さん(二日目)■
■小唄コンクール「市丸賞」は小唄界に新風を巻き起こすか。■
■優秀賞は松峰弥生乃さん、蓼胡満喜栄さん。竹枝千雪さんが受賞。■

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★おたすけ社鳥の話「小唄界に新コンクール誕生」(目次の1)
★【雀の会】「暑中お見舞い」(目次の2)
★市丸賞・一絃琴(目次の3)
★7月10日から7月18日までの演奏会(目次の4)
★クイズ「箏・琴・こと」と第11弾の解答。(目次の5)
★チケット・プレゼント2件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友7月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【江戸の名所を歩こう会 第10回】<目黒>

◆7月10日(土)JR山手線目黒駅・上の改札口
◆ 午前10時出発。(午後3時現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。
会員制ではありません。どなたでも参加できます。
……………………………………………………………………………………………
お申し込みは、おたすけ社鳥まで♪
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
090−8561−1119(当日連絡用携帯番号)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(133)
       小唄界に新コンクール誕生
               (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
7月6日(火)7日(水)両日にわたって
恒例の「ビクター名流小唄まつり」が行われた。
両日とも熱暑で会場の日本橋三越劇場の中にも
外の熱気が入りこんでくるようだった。

「ビクター名流小唄まつり」は
ビクターレコードが44年前に斯界の繁栄を願って始めたもので
現在は主催がビクター伝統文化振興財団(理事長藤本草氏)
後援はビクターエンタテインメント株式会社である。
プログラムは三部構成になっており、
第一部は一般の部。第二部は推薦の部。第三部は講師演奏。
両日とも100番を超える小唄の大イベントである。

今回はこの第一部に新しい企画があった。
その企画が「市丸賞」である。
名称の由来の市丸さんはビクターの大スターだった人で
レコードの時代に大ヒットを量産してビクターに貢献した。
ビクターが本社ビルを造ったときには市丸ビルと呼ばれたそうだ。

江戸小歌市丸師没後七年になる。
江戸小歌派は後継家元に中村市之輔さんを立てて
市丸師の芸を伝承している。
さらに名前も残そうというのがこの企画であったと思う。
市丸師の65年間の専属活動に敬意を表しての
「市丸賞コンクール」制定である。

東京新聞が主催していた小唄コンクールは既になく
小唄連盟主催による「若樹会」があるくらいで
若手の育成のため、また小唄界の発展のため、斯界の要求に応え
この「市丸賞」を制定したビクター財団の英断は高く評価されよう。

二日間でコンクールに参加したのは48名。
第一回目にしては上々であったと思う。
さらに審査員に演奏家を加えず
舘野善二氏、竹越治夫氏、黒河内茂氏の評論家三氏を充てたことも
主催するビクター財団の姿勢が正格であったと評価したい。

各日一名に授与される市丸賞を受賞した
長生真帆さん(初日)松風英蝶さん(二日目)
おめでとうございます。
優秀賞の松峰弥生乃さん、蓼胡満喜栄さん。竹枝千雪さん
おめでとうございます。

かくて小唄界に新風が吹き込む土壌が誕生した。
小唄のプロを目指す若い人には朗報でありましょう。
来年もまたこの時期に開催されることを期待して
我が社も大いに協力して行きたいものと考えています。
来年は2回目だから「二の丸賞」だろうって?
これこれ、そういうダジャレは止めなシャレ。(笑)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
135-1>【暑中お見舞い申し上げます】
お暑うございます。
暑さに負けず、空梅雨にも負けず、台風にも負けずに
土曜日は「大人の散歩」に出かけ、日曜日には
参議院選挙に出かけようと思っています。
取材にも行きます。
どこででもお声を掛けて下さい。
夏風邪など召さぬようご用心下さい。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【ビクター市丸賞】
ビクター財団主催による「ビクター小唄まつり」で
本年より始まった小唄コンクール「市丸賞」受賞者は次の通り。
初日(7月6日)
市丸賞・長生真帆「木小屋」
優秀賞・松峰弥生乃「廻り燈籠・小諸出てみよ」
優秀賞・蓼胡満喜栄「柳影・ままになるなら」
二日目(7月7日)
市丸賞・松風英蝶「三吉小室節」
優秀賞・竹枝千雪「茶のとが・散るは浮き」
……………………………………………………………………………………………
【峯岸一水さんよりイベント情報です。】
7月8日(木)から19日(月)「宮尾登美子の世界展」
於・日本橋高島屋8階ホール

■「一絃の琴」にちなんで
清虚洞一絃琴演奏・峯岸一水
7月15日(木)午後2時・午後4時
7月17日(土)午前11時半・午後4時
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)BIWA KOTO FUE
5時開演 5000円 津田ホール
第20回〈東京の夏〉音楽祭200参加公演。
琵琶の中川鶴女と笛の福原徹と亀山香能の3人が、従来の伝統音楽の枠組
と異なった新しい音楽の創造を目指して定期演奏会を企画した。
「根曳の松」(亀山香能)「水の箱船」(福原徹)「本能寺」(中川鶴女)と
各々の演し物が続き、対談「邦楽の創造」となる。
トリの山田流箏曲「寿くらべ」は箏・琵琶・笛の三曲合奏である。
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)長唄・囃子楽明会
1時半開演 4000円 日本橋劇場
「安宅の松」「角兵衛獅子」「切禿」「娘七種」「蜘蛛拍子舞」
杵屋佐吉、稀音家六四郎、杵屋五三助、杵屋新右衛門、田中佐幸。
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)第2回常磐津文字蔵(都一中)さんと屋形船で夕涼み
6時より 12000円 晴海乗船場   
「佃船頭」常磐津文字蔵
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)江戸三味線音楽の歴史 国立小劇場
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)筑前琵琶演奏会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
7月10日(土)常磐津サロン…国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
7月11日(日)本條秀太郎の会・端唄「江戸を聞く」
2時半開演 4500円 紀尾井小ホール
「川風」「すだれ舟」「乙にからんだ」「露のいのち」ほか。
本條秀太郎、本條秀五郎
……………………………………………………………………………………………
7月11日(日)世田谷三曲協会第46回ゆかた会
10時半開演 ご招待 世田谷区民会館
世田谷区文化祭参加。会長塚田秀勢ほか会員の参加により36番を上演する。
開演直後の2番はいずれも会員の指導による「子ども体験教室特別企画」
一茶の句による「すずめの子」には5歳から16歳まで63人。
「さん・さん・さくら」には62人が参加舞台を飾る。
……………………………………………………………………………………………
7月11日(日)上方唄勉強会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
7月14日(水)吉村七重プロデュース「邦楽展」
7時開演 2500円 すみだトリフォニーホール小ホール
「白光・笙と箏のための」「タクシーム」「華やぎ・箏譚詩集第二集《春》
より」「秋の葉音に・フルートと二十絃箏のための」「『ブレアディス
舞曲集』より」「双魚譜・尺八と二十絃のための四つの古典的寓話抄」
「夢ゆららに……」下田れい子、杉村祥子、田村法子、戸板祥子、
久本桂子、彦坂惠美、丸岡映美、三宅礼子、山田由紀ほか
……………………………………………………………………………………………
7月15日(木)女流義太夫演奏会
6時半開演 2500円 国立演芸場  
「妹背山婦女庭訓・杉酒屋の段」「玉藻前・道春館の段」
「伊勢音頭恋寝刃・古市油屋の段」
竹本越道、竹本駒之助、竹本綾之助、鶴澤津賀寿、鶴澤寛也、鶴澤津賀榮
……………………………………………………………………………………………
7月15日(木)?19日(火)結城座370周年・竹本素京卒寿記念
2時・7時開演 東京芸術劇場小ホール1  
「結城座」は江戸時代寛永年間より370年続く現存する唯一の糸操り人形
劇団で、同座の義太夫弾語りとして公演を支えているのが今年卒寿を迎える
竹本素京師。「合邦が娘の玉手御前を斬ってその本心を聴いてからの述懐が
聴かせ処で、私が娘を誤って殺したらどんなに悲しいだろうという想いを
籠めながら語りたいと存じます」と素京師は意気込みを語る。
……………………………………………………………………………………………
7月17日(土)長唄杵勝会名古屋公演
11時開演 名古屋青少年文化センター・アートピア
合奏曲「俄獅子」25挺57枚を序開きに「浦島」「綱館」「八島官女」
「角兵衛」「娘道成寺」「角兵衛獅子」「連獅子」「新曲浦島」「操三番叟」
「勧進帳」「鶴亀」「蹴鞠」「虎狩」を上演する。
……………………………………………………………………………………………
7月18日(日)山田流箏曲亀山香能会
3時半開演 2000円 仙台市青葉区パリンカ
「金魚」「野狐」「雨後」「落葉」亀山香能
生誕100年・中能島欣一作品のひととき。
……………………………………………………………………………………………
7月18日(日)お囃子勉強会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃-┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第3回(平成16年)邦楽クイズ第15弾】

正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 琴(きん)の絃は孔子の時代から7本である。
  (    )

2 中国の箏と琴は奈良朝の時代に伝来した。
  (    )

3 柱(じ)を立てる「こと」は箏という。
  (    )

4 柱をたてない「こと」は琴という。
  (    )

5 箏の祖先は「瑟」である。
  (    )

6 箏は、はじめは12絃であった。
  (    )

7 百済琴は箏である。
  (    )

8 万葉仮名で「こと」は「許登」と書く。
  (    )

9 日本にも固有の「こと」があった。
  (    )

10 「やまとごと」を別称「倭琴」という。
  (    )

全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り7月23日。
当選者は8月6日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。
Mailto:mag@hougaku.co.jp

……………………………………………………………………………………………
【第3回(平成16年130号)邦楽クイズ第11弾解答と正解者発表】
三隅治雄氏「踊りの宇宙」よりの問題です。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 飛び跳ねて感情を表すものを「オドリ」という。
  (  ○  )★跳び上がる、跳躍することだそうです。

2 回転して陶酔するものを「マイ」という。
  (  ○  )★円形に廻ること、旋回運動だそうです。

3 昭和51年の小中校外学習箏曲は0.7%だった。
  (  ○  )★増井敬二著「データ音楽にっぽん」より。

4 そのとき三味線は1.3%だった。
  (  ×  )★0.0%でした。

5 そのときピアノ学習者は400万人を超えていた。
  (  ○  )★433万4503名とあります。

6 明治20年芸大では洋楽の楽典をバイブルにしていた。
  (  ×  )★当時は東京音楽学校でした。

7 「オドリ」の先輩格は「田楽オドリ」である。
  (  ○  )★「田楽躍」とあります。

8 それは鎌倉時代末期であった。
  (  ×  )★平安時代末期になります。

9 踊りの教祖といえば一遍上人である。
  (  ○  )★時宗の開祖、一遍上人智真です。

10 一遍上人が提唱したのは「踊念仏」である。
  (  ○  )★遊行の聖として51歳の生涯を閉じた。


【正解者発表】
正解は1名でした。よろぼうしさんです。どうにも止まりませんね(笑)
6番は単なる引っかけです。(おたすけ社鳥)

……………………………………………………………………………………………

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■8月7日【東音創作会】1時 紀尾井小ホール
長唄東音会会員による新作長唄の会。
今年はどのような新曲が上演されるのか。おそらく現在作曲中。
新鮮な作品が出現することを楽しみに聞きにいきましょう。
……………………………………………………………………………………………
■8月31日【山口賢治尺八コンサート】7時 サニーコンサートサロン
「秋風曲」前半が段もの、後半が組歌形式と特異な形式を有する古典作品。
「鶴林」音群を任意に選択して演奏する等、比較的自由な解釈が許され、
尺八独自のテクニックや表現法を駆使する名曲。曲目は仏涅槃を意味する。
「相應歌」相應とは自己と他者とがつり合い、互いに答え、相応じること。
7月7日に出会う織姫星(二十絃)と彦星(尺八)のラブロマンスの粗筋を
借りた相應の曲。
「たどるかたち」下降する音形を基盤とし、各楽器の音の落下を積み重ねる
ことにより、音の軌跡や形を辿ることを徹底的に見極めようとした作品。
「鳥の彼方、千の谺」尺八、唄、箏に特徴的な音の身振りを通して、鳥に
象徴される「思いとしての音のやり取り」を描き出した作品。
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
7月号は、6月25日(金)に発売されました。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
 をご覧下さい。
【邦楽好日抄】守谷幸則
【和の音イン学舎】クラーク記念国際高校・市川陽一
【邦楽道しるべ】(浅井可衣・太郎・とよ香)東山晋士
【にほんのおと・しんせいき】(杵屋正邦)笹井邦平
【ぷれびゅー演奏会】琵琶こと笛・竹本素京・野坂操寿・野村峰山
【トクトク瓦版】ふれあい伝統芸能ランド
【長唄正本研究】【演奏会へ行く前に】【演奏会案内】【ラジオ・テレビ放送
案内】【邦楽カレンダー】【ニュースと消息】他。グラビア写真50点掲載。

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
★【邦楽の友レーベルの新ロゴのデザイン決定。】
ご応募ありがとうございました。
渋谷区の石上申八郎さんのデザインに決定しました。
三味線の胴にバチを「邦」の字であしらったものです。
邦楽の友レーベルの【11】から使用させていただきます。
……………………………………………………………………………………………
★【尺八の手ほどきに最適な新楽器【ノブレ管】をお薦めします】
■学校教育で尺八をお使いになる場合「ノブレ管」はいかがですか?
■ノブレ管は本物の竹の尺八に近い音色を出すプラスチック管です。
■初心者にも吹きやすく作られています。
□赤・青・竹色の三種類。■一本・5000円。
取り扱い・邦楽の友社企画部03・3400・2806
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★【箏曲演奏家の砂崎知子さんが内弟子を募集しています】
お申し込み、お問い合せは「邦楽の友社・守谷」へご連絡ください。
03-3400-2806 Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1?9【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶、10「坂川
小うた」中條京子(現在11「風の盆に魅せられて」12「江戸小曲六歌仙」
制作中)お問い合わせ 03・3400・2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・3400・2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・3400・2806邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友誌」では邦楽器による音楽授業のレポートを求めています★
【邦楽教育現場ルポ募集】本誌では10月号より連載を開始した「和の音in
学舎│邦楽教育現場るぽ」の原稿を募集しています。現場で奮闘する教師・
講師の皆様の生々しいレポートに写真を添えてお寄せください。詳しい問い
合わせは下記笹井まで。
(株)邦楽の友社編集部 笹井邦平 03・3400・2806
Mailto:info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第10回】7月10日<目黒>
 otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成16年5月28日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★来年の予定
平成17年5月22日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー第3回のお知らせ★
今号のメルマガ120号から年間クイズ王選手権第3回を始めます。
ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点で
すね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこ
ういいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?
第一回優勝、よろぼうしさん、2位さくら子さん、3位アホさん。
第2回優勝、よろぼうしさん、2位忍び駒さん、3位さくら子さん。
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………

 

TOP