┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン    ◆2004年6月4日発行第130号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■九州・久留米市での第11回全国箏曲コンクール参加者募集。■
■本年度の優勝は誰か?賢順記念全国箏曲祭申込み受付始まる。■
■応募締切りは8月31日。優勝賞金100万円■

・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★おたすけ社鳥の話「媒体資料を読みながら」(目次の1)
★【雀の会】「随分オヤスミ」「雀の会最終締切登録リスト」(目次の2)
★藤舎推峰襲名・紀尾井・訃報・イベント・演奏会情報(目次の3)
★6月5日から6月13日までの演奏会(目次の4)
★クイズ「踊りの宇宙」と第7弾の解答。(目次の5)
★チケット・プレゼント4件(目次の6)
★月刊誌 邦楽の友6月号のご案内(目次の7)
★邦楽の友社 社告一覧(目次の8)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【第11回 賢順記念全国箏曲祭 全国箏曲コンクール】
■応募期間 8月1日(日)から8月31日(火)
■対象
□年齢、プロ・アマチュアを問わない。
□古典曲、現代曲自由。
□審査対象は応募者一人の箏曲(箏演奏)。
□助演者は五人以内で資格は問わない。ただし応募者で準備するものとする。
■予選審査
□審査方法 応募者本人の箏曲(箏演奏)を審査対象とし、録音カセット
テープもしくはミニディスク(MD)などにより行う。
上位25名以内を選考する。演奏時間は4分以内。
□審査日程 平成16年9月9日(木)(予定)
□審査会場 文京区シビックホール(予定)
□予選審査員 小島美子、西村朗、野川美穂子 以上3名
■本選審査
□審査方法 予選審査を通過した者が、審査員の面前で予選審査と同じ曲を
演奏する。演奏時間は6分以内。
■審査日程 平成16年12月5日(日)
■審査会場 石橋文化ホール(福岡県久留米市)
■本選審査員 小島美子、富山清琴、西村朗、野川美穂子、山登松和
■賞 本選審査による賞は、次のとおりとする。
       賢順賞  1名  賞状及び副賞賞金 100万円
       銀 賞  1名  賞状及び副賞賞金  50万円
       銅 賞  1名  賞状及び副賞賞金  20万円
       奨励賞  3名  賞状及び副賞賞金  10万円
       参加賞  本選出場者全員       記念品
■お問い合せ・久留米市市民部市民文化振興室(担当 平木)
 〒830-8520 福岡県久留米市城南町15番地3
  TEL 0942‐30‐9224 FAX 0942‐30‐9711
 E-mail shibunka@city.kurume.fukuoka.jp
 URL http://www2.city.kurume.fukuoka.jp

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
(株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。
月刊誌の補完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
中止される場合は Mailto:mag@hougaku.co.jp
までご連絡をお願いします。
このメールは、Windousをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使
いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社鳥の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(128)
       媒体資料を読みながら
               (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
先日媒体資料というのを作りました。
媒体資料というのは広告代理店などに提供する資料です。
けして「マル秘」ではありません。

【邦楽の友 媒体資料】
昭和30年6月創刊・現在第50巻588号(6月号)
発行日毎月1日・発売日前月25日

まあ、50年続いている雑誌であるということですね。
これに部数が入ります。続いて、

■主な取扱ジャンル
三曲、箏曲、地歌、尺八、少数絃、長唄、常磐津、清元、富本、新内、
琵琶、一中節、河東節、荻江節、宮薗節、歌澤、小唄、端唄、日本舞踊、
義太夫、鳴物、純邦楽すべて。

雑誌の中で扱っている項目です。ありそうでないですね。
現代とか創作をつけるともう少し増えるのですがね。
現代三味線とか創作邦楽とかね。
流儀別にすると百倍以上になりますね。

■地域別販売割合 東京3割・関東近県2割・京阪2割・中部名古屋1割
東日本北海道1割・西日本九州四国1割・外国若干

外国の若干は本当に若干です。
アメリカとオーストラリアに何部かづつ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国もないなあ。
東京3割・関東近県2割ですから東京・神奈川・埼玉・千葉で
読者の半分が占められている。
東京で仕事をしている人がいかに多いか分かります。

■取り扱い トーハン、日販、栗田書店ほか取り次ぎを通じて各書店。
箏・三味線の和楽器店。家元・演奏家・お弟子さんたちへの直販。
公式サイトなどによるネット販売。

6月号から書店コードが変わりました。
裏表紙のカラーページの下にバーコードを付けさせられました。
これを付けないと書店で販売して貰えません。
バーコードを貰えないと同人誌扱いになります。
世界中どこの国でも有効だそうです。
でも、うちなんか「若干」だからなあ。
最近はネット販売が増えてきましたね。
公式サイトを持っていてよかったと思っています。

■読者層(平均年齢55歳)70歳以上2割・50〜60歳代3割・
30〜40歳代3割・20歳代以下2割

雑誌の性質上高齢者が多いのはやむを得ません。
でもこの5年余りで若い人が少しずつ増えています。
お弟子さんだけではなく邦楽ファンもです。
この「めるまが」の読者も
邦楽に興味があるという層が2割以上います。
「めるまが」の平均年齢は幾つかな。
今度調べて発表しましょう。
平均年齢が10歳下がると
何かが起こるのかな?

来週の木曜日(10日)から日曜日(13日)にかけて
中国西安へ出かけてきます。
「めるまが」の読者のかたも参加しています。
何があるのかな。わくわく。
とっても楽しみです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【江戸の名所を歩こう会 第10回】<目黒>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆7月10日(土)JR山手線目黒駅改札口
◆ 午前10時出発。(午後3時現地にて流れ解散)
◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。
会員制ではありません。どなたでも参加できます。
……………………………………………………………………………………………
お申し込みは、おたすけ社鳥まで♪
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
130-1>【随分オヤスミ】
「ひとこと」すみません随分オヤスミしてました。先日、国立劇場に
「前進座」の舞台をみに行ってきました。スターは少ないのですが
末端の役者さんまでがんばっているのがよく伝わったきました。
男っぽい舞台ですよね。面白かったです。(雀の【9】暗黙知)
……………………………………………………………………………………………
【めるまが雀の会第2期会員最終登録】14名
5月14日(雀の【1】おたすけ社鳥)再登録
5月14日(雀の【2】都鳥)再登録
5月14日(雀の【3】七福神)再登録
5月21日(雀の【4】ポラン)再登録
5月17日(雀の【6】ももか)再登録
5月31日(雀の【9】暗黙知)(あんもくち)再登録
5月18日(雀の【10】たぬき)再登録
5月31日(雀の【11】雀のおやど)再登録
5月31日(雀の【13】HIME)再登録
5月31日(雀の【15】邦虎)再登録
5月31日(雀の【17】三毛猫)再登録
5月23日(雀の【18】森の熊さん)新登録
5月31日(雀の【19】Sさん)新登録
5月31日(雀の【20】うっどんやさん)新登録
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど・・・、
危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【二世藤舎推峰襲名】
中川善雄師次男の中川振也氏が5月吉日をもって二世藤舎推峰を襲名する
旨の発表があった。初代藤舎推峰は二世の伯父に当たる藤舎名生師。
祖父は藤舎流笛家元藤舎秀蓬師。藤舎流家元は六世藤舎呂船師。
……………………………………………………………………………………………
【紀尾井ホール10周年キャンペーン】
平成17年1月より8月までの8ヶ月間、邦楽の公演(3時間まで)の
基本使用料金を15%割り引くキャンペーンを行う。(通常平日の場合で
18万9千円を16万650円に割り引き)(小ホールのみ)
申し込みは平成16年11月末日。03−5276−4545まで。
……………………………………………………………………………………………
【訃報】藤舎流笛家元藤舎秀蓬師死去
5月31日、肺ガンのため死去。92歳。
6月3日、京都東山区五条橋東の公益社中央ブライトホール。
喪主は長男の藤舎名生。
……………………………………………………………………………………………
【瑞穂雅樂會事務局よりのイベント情報です。】
雅楽レクチャーコンサート及びひちりき一日体験講座のご案内
■二松学舎大学人文学会で雅楽レクチャーコンサート
(どなたでも参加可能。無料)
6月12日午後2時〜
http://www.eventnavi.ne.jp/ESearch/details.html?e_code=EC40bbe9be95ef7
■雅楽「ひちりき」一日体験レッスンinNHK.C.C
6月19日午後1時30分〜
http://www.eventnavi.ne.jp/ESearch/details.html?e_code=EC40bbb4243cd21
……………………………………………………………………………………………
【くわさんよりの演奏会情報です。】
第4回 杵屋裕光ライブ〜長唄三味線の調べ〜二挺一枚〜■
長唄のレクチャーライブです♪
7月6日(火)3000円(1ドリンク付)日暮里「和音」
一部:午後3時〜・二部:午後5時〜
「五色の糸」「清滝三重」「新曲胡蝶」
ゲスト:唄)杵屋利光、三味線)杵屋勝正雄
チケットはlily@hte.highway.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)弟32回長唄東音会大阪公演
1時開演 5000円(全席自由) 国立文楽劇場大ホール
「風流船揃」「多摩川」「夜遊楽」「紀州道成寺」「蓬莱」「靫猿」
東音宮田哲男、東音味見亨、東音皆川健、東音福田克也、
東音中島勝祐、東音関毅、寶山左衛門、福原徹彦、中井一夫ほか
主催:朝日新聞社(06・6201・8003)
チケットぴあ他で発売中
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)第18回 哥澤演奏会
12時半開演 御招待 証券ホール
「四季」「東山」「淀の川瀬」「春の夜の夢」「雨の降る夜」
「夕涼吹川風」「薄墨・水さし」哥澤隆勢会会員。
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)筑前琵琶「橘会」全国大会
10時開演 日本橋公会堂4階日本橋劇場
第36回。日本橘会創立85年。同会は創立者の一世橘旭宗により大正末
から昭和初期にかけて3千余名の会員を擁した隆盛期の後、太平洋戦争を
挟んで低迷期を迎え一世は昭和42年失意のうちに死去した。再出発より
37年、山崎・故山元宗範を中心に現在に至る。家元は二世橘旭宗。
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)明日を担う新進の舞踊・邦楽鑑賞会
2時開演 3000円 国立小劇場
清元「流星」清元清栄太夫・清元栄吉。長唄「三曲糸の調」今藤長一郎・
今藤長龍郎。舞踊「水仙丹前」花柳奈卯女。新内「明烏夢泡雪・浦里雪責」
富士松加奈子・新内仲三郎。地唄舞「山姥」神崎えん。
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)十二音会第26回公演「雅楽」
7時開演 4000円 イイノホール
管絃「平調音取」「西寺」「林歌」舞楽「陵王」「陪臚」十二音会同人。
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)故津田道子 追悼演奏会
1時開演 御招待 京都府立府民ホールアルティ
「千代の恵」「夕顔」「残月」「面影」「楓の花」「磯千鳥」「五段の調」
「深夜の月」「夕の草」「春の声」「花形見」南光坊圭美、高島ます、
菊原光治、菊津木昭、中尾都山、野田弥生、三好芫山ほか門下生一同。
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)第2回 義太夫 たつみ会 お江戸上野広小路亭
……………………………………………………………………………………………
6月5日(土)山田流箏曲新樹会 札幌教育文化会館小ホール
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)山田流箏曲協会定期演奏会
12時開演 2500円 イイノホール
第76回。「松風」「俊寛曲」「八岐大蛇」「岡康砧」「寿くらべ」ほか
流祖曲「桜狩」「熊野」「長恨歌曲」を交えて全21曲を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)第52回 箏曲 常盤会
12時開演 御招待 abcホール
「飛躍」「旭光」「編曲八千代獅子」「歓喜の調」「慶祝調」ほか全20曲
久本成子ほか常盤会会員。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)錦心流琵琶演奏会 六月わかば会演奏
2時開演 御招待 雷中会館
「雪晴れ」「湖水乗切」「石童丸」「白虎隊」「吹雪の敵」「羽衣」「濤陽江」
河合緻泉、桶渡蓬水、鈴木優水、白井梢水、
板倉絲水、久保川華水、松原孔水。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)第3回 端唄 花季会
11時開演 国立小劇場
師範認定試験を合格した新師範、花季知優佳取立・知秋、栄、珠代。
花季登喜穂取立・宇喜穂。花季登喜葉取立・夏葉。
ほかに新名取、花季登喜穂取立・衣ま穂、花季彌生取立・雅彌、紀彌、
花季藤子取立・藤笑、花季汀取立・汀すみ、汀優ほかに花季利恵会長
花季会会員各社中が参加86番を上演する。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)小唄、端唄、邦楽へのいざない「みすじ」
1時開演 御招待 深川江戸資料館小劇場
「みすじ 」第2回公演。お客様コーナー「みんなで踊りましょう」
春日とよ浜栄実(芝糸)岡本芳文、充川知乃舞ほか。
花柳・藤間・若柳・松本の各流派舞踊家。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)第24回 小唄・端唄 若宮会
11時半開演 御招待 飯能プリンスホテル・天覧
第一部「若宮神楽」「仇情八幡祭」「若竹」ほか。
第2部「若宮の栄」「いたこ出島」「風流三番叟」ほか。
第3部「定九郎・あじさい」「辰巳の左づま」「故郷」ほか全70曲。
若宮三千代、若宮福三枝ほか若宮会会員。
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)長唄 二葉会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
6月6日(日)名古屋 邦楽 清韻会 中電ホール
……………………………………………………………………………………………
6月8日(火)井口法能 箏曲の夕べ
7時開演 2000円 画廊「岳」ギャラリーサロン
「乱輪舌」「千鳥曲」「夏の詠」「赤壁賦」
井口法能、徳丸十盟、武藤松圃。
……………………………………………………………………………………………
6月9日(水)長唄杵勝会定期演奏会 国立小劇場
……………………………………………………………………………………………
6月10日(木)中川果林・二十五絃箏リサイタル「6月のかりん」
6時45分開演 無料 アサヒビール本部1階ロビー
アサヒビールロビーコンサートinアサヒ・アート・フェスティバル
「夏の終りに」「ひともしのひ」「Lied」「サロメ『七つのウェールの踊り』」
「山頭火・ほろほろ抄」中川果林、中川昌巳、小宮瑞代。
(事前申込制・要入場整理券)
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)小唄春日とよ萩代会
11時開演 御招待 証券ホール    
「春日野」「恋のかけ橋」「夕立やさっと」「たつみよいとこ・うっかりと」
「河水」「辰己の左褄」「川風に・涼み舟」ほか全94曲。
春日とよ萩代ほか、とよ萩代会会員
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)夏期長唄佐門会
12時半開演 3000円 abcホール
「吾妻船」「浦島」「竹生島」「綱館」「矢の根」「三社祭」「鏡獅子」
家元7世杵屋佐吉。佐門会の男性・女性師範が集っての夏期の会。
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)長唄東音会 四谷区民ホール
1時開演 5000円 四谷区民ホール
第214回「神田祭」「岸の柳」「越後獅子」「幸せ」「蛙」「傾城」「石橋」
東音宮田哲男、東音皆川健、東音味見亨、東音中島勝祐ほか。
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)小唄 華兆会 新宿サンルート・車屋一枝亭
12時開演 御招待 新宿サンルート・車屋一枝亭
「語らいし」「人の世は」「面影・のび上がり」「勝名のり」「夏の涼み」
ほか全45曲。華兆史乃ほか華兆会会員。
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)長唄吉住会 名古屋公演 中電ホール
……………………………………………………………………………………………
6月12日(土)素人義太夫の会 いろは会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日)地唄と箏曲の会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日小唄 駒家栄文会 湯島天神参集殿
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日)都山流尺八楽定期演会 札幌教育文化会館小ホール
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日)第6回 朋楽会 国立文楽劇場小ホール
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日)成田松代「三和会」箏曲演奏会
12時開演 京都ギオンコーナー
新師範・加藤創子、多田敦子。準師範・平嶋昌枝。師匠・熊本きみ代(池部
博美門下)の披露演奏をふくみ「新道成寺」から「世界に一つだけの花」
まで20番を演奏する。会主・成田松代。
……………………………………………………………………………………………
6月13日(日)和歌山三曲協会 第25回 市民邦楽のつどい
12時半開演 ご招待 和歌山市民会館小ホール
和歌山三曲協会会員。
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃―┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第3回(平成16年)邦楽クイズ第11弾】
三隅治雄氏「踊りの宇宙」よりの問題です。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 飛び跳ねて感情を表すものを「オドリ」という。
  (    )

2 回転して陶酔するものを「マイ」という。
  (    )

3 昭和51年の小中校外学習箏曲は0.7%だった。
  (    )

4 そのとき三味線は1.3%だった。
  (    )

5 そのときピアノ学習者は400万人を超えていた。
  (    )

6 明治20年芸大では洋楽の楽典をバイブルにしていた。
  (    )

7 「オドリ」の先輩格は「田楽オドリ」である。
  (    )

8 それは鎌倉時代末期であった。
  (    )

9 踊りの教祖といえば一遍上人である。
  (    )

10 一遍上人が提唱したのは「踊念仏」である。
  (    )

全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り6月18日。
当選者は7月2日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。
Mailto:mag@hougaku.co.jp

……………………………………………………………………………………………
【第3回(平成16年126号)邦楽クイズ第7弾解答と正解者発表】
「江戸の時代って本当はこんなに面白い」夢文庫
大和田守と歴史の謎を探る会編より江戸時代の問題です。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 12月31日の煤払いには「くじら汁」を食べた。
  (  ×  )★煤払いは12月13日でした。

2 「くじら汁」には猪の肉が入っていた。
  (  ×  )★皮つきの塩漬けの鯨肉でした。

3 水売りが商売になったのは水道の水がまずかったからだ。
  (  ○  )★冷蔵庫がない時代の話です。

4 江戸時代にも大食い選手権があった。
  (  ○  )★めし組、そば組、菓子組などがあった。

5 それは文化文政の時代であった。
  (  ○  )★もちろん酒組もありました。

6 そば一杯が16文のとき納豆は4文だった。
  (  ○  )★たたいて納豆汁にしました。

7 日本ではじめてラーメンを食べたのは水戸光圀である。
  (  ○  )★造ったのは中国の儒学者朱瞬水です。

8 江戸弁が完成したのは文化年間(1804〜)以降である。
  (  ○  )★江戸御府内を中心とした言葉です。

9 江戸で育った武士が使う言葉は江戸弁でなく江戸語である。
  (  ○  )★武士には武士言葉があったということです。

10「明日は明日の風が吹く」は江戸のことわざである。
  (  ○  )★「風とともに去りぬ」の映画のほうが有名かな?

【正解者発表】
正解は2名でした。アホさんと忍び駒さんでした。7の話はラーメン通なら
誰でも知っていることだそうで、私は知らなかったので「20へえ」(笑)
(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
■6月24日【箏曲新潮会】6時半 新宿・朝日生命ホール
「箏曲 新潮会」東京藝術大学音楽学部(旧東京音楽学校)山田流箏曲専攻
卒業生が集う演奏会で、昭和34年に第1回演奏会を開催し、今年48回を
迎える。現在会員は95名、毎年3名の運営委員が選ばれ、年1回のペース
で開催している。「中能島欣一先生の作品『新潮(にいじお)』に因んで
新潮会(しんちょうかい)と名付けられたものと聞いております」と今回の
運営委員の一人である井口法能師は会名の典拠を語る。
毎回会員の中から出演希望者を募り、プログラムは運営委員が選曲する。
「今回は演奏されることの少ない山田検校の『花妻』という曲を始めに演奏
後半は今年生誕100年にあたる中能島先生の作品から『伽藍〜鐘によせる
幻想〜』と『平調合奏曲』を取り上げました」他に古典曲「秋の曲」
「須磨の嵐」「紀の路の奥 四季の段」が前半に演奏される。
……………………………………………………………………………………………
■6月26日【高橋佳子箏三弦リサイタル】6時半 紀尾井小ホール
高橋佳子さんは今年3月にインターンシップを修了、その集大成としての
東京初リサイタル。
曲目はまず自作初演曲、テーマは「海の匂い」とのこと。
2曲目は「三つの断章」。これは芦垣師が初リサイタルで演奏した曲で、
高橋さんも初リサイタルにはぜひこの曲を……と念じていた。
3曲目は「水の変態」、周知の名曲で中能島師・宮城師という現代邦楽の
二大巨匠の作品に挑む。後半の「名所土産」は師弟の三絃2挺の掛合い。
「尾上の松」は、高橋さんの箏、芦垣師の三絃に徳丸十盟師の尺八。
「自作品・現代曲・古典曲と自分の想い入れの深い曲ばかり選びました。
また、現代曲と古典曲、器楽曲と唄もの、と形式にも拘ってみました。
これが現在(いま)の私のメッセージです」
……………………………………………………………………………………………
■7月5日【新作歌舞伎台本作品展2】7時 お江戸日本橋亭
本誌編集長の笹井邦平の作品も出品されます。
出演は花形歌舞伎役者、三味線杵屋佐之忠社中、囃子望月太左衛社中。
「作者部屋」の同人によるプレゼンテーション。
……………………………………………………………………………………………
■8月31日【山口賢治尺八コンサート】7時 サニーコンサートサロン
「秋風曲」前半が段もの、後半が組歌形式と特異な形式を有する古典作品。
「鶴林」音群を任意に選択して演奏する等、比較的自由な解釈が許され、
尺八独自のテクニックや表現法を駆使する名曲。曲目は仏涅槃を意味する。
「相應歌」相應とは自己と他者とがつり合い、互いに答え、相応じること。
7月7日に出会う織姫星(二十絃)と彦星(尺八)のラブロマンスの粗筋を
借りた相應の曲。
「たどるかたち」下降する音形を基盤とし、各楽器の音の落下を積み重ねる
ことにより、音の軌跡や形を辿ることを徹底的に見極めようとした作品。
「鳥の彼方、千の谺」尺八、唄、箏に特徴的な音の身振りを通して、鳥に
象徴される「思いとしての音のやり取り」を描き出した作品。
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
箏の弾き方が一目でわかる。
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
パラパラにしました。本邦初の試みです。全103ページ、うち73ページは
カラーページです。
(株)邦楽の友社発行
お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
6月号は、5月25日(火)に発売されました。
「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
 をご覧下さい。
【邦楽好日抄】守谷幸則
【垣根の外で聴くひびき】杉田和繁
【邦楽道しるべ】(ふじ松亀美恵)東山晋士
【にほんのおと・しんせいき】(永六輔)笹井邦平
【ぷれびゅー演奏会】希扇会・新潮会・高橋佳子
【トクトク瓦版】現代三味線音楽協会講座
【長唄正本研究】【演奏会へ行く前に】【演奏会案内】【ラジオ・テレビ放送
案内】【邦楽カレンダー】【ニュースと消息】他。グラビア写真46点掲載。

1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
……………………………………………………………………………………………
★【新ロゴのデザイン募集のお知らせ】
「邦楽の友レーベル」のCDジャケット等に使用するロゴ「邦」のデザインを
募集します。応募要領は次の通り
■オリジナルに限ります。■字体・配色は自由です。■添付メール・ハガキ
お手紙にてお送り下さい。■大きさは問いません。■〆切・6月中旬。
■決まり次第メールマガジンにて発表いたします。
★審査員長・邦楽の友社社長守谷幸則★審査員・邦楽の友社社員一同
賞品・賞金はありませんが採用された方はhougakuレーベルの印刷物に
お名前を記載いたします。たくさんのご応募を楽しみにしています。
応募先・150−0002渋谷区渋谷1−7−5邦楽の友社企画部まで。
……………………………………………………………………………………………
★【古レコード展示】
http://www.hougaku.co.jp/records.htm
邦楽の友の公式サイトに会社にある古レコードの内容一覧を掲示しました。
ご要望があればおわけします。売れた物には赤字で「SOLD OUT」
としてあります。殆どの演奏者が鬼籍に入った方ばかりですので博物館に
行ったつもりで一度ご覧ください。
……………………………………………………………………………………………
★【箏曲演奏家の砂崎知子さんが内弟子を募集しています】
お申し込み、お問い合せは「邦楽の友社・守谷」へご連絡ください。
03―3400―2806 Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/cd/index.html
CD邦楽の友レーベル既刊1〜9【1「うたふ」粋有芙、2「SHIN」
宮下伸、3「端唄で遊ぶ」粋有芙、4「飛躍のとき」花季利恵、5「松戸
小うた」中條京子、6「新内の世界」富士松鶴千代、7「リュウの記憶」
宮下伸、8「ことナナ」山木七重、9「水晶の音」遠藤千晶(現在10
「坂川小うた」11「風の盆に魅せられて」12「江戸小曲六歌仙」
制作中)お問い合わせ 03・3400・2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
上記CDもお求めは03・3400・2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★ホームページを造りませんか?★ nakamura@hougaku.co.jp
【10万円】詳細は03・3400・2806邦楽の友社中村へ。
……………………………………………………………………………………………
★ 「邦楽の友誌」では邦楽器による音楽授業のレポートを求めています★
【邦楽教育現場ルポ募集】本誌では10月号より連載を開始した「和の音in
学舎│邦楽教育現場るぽ」の原稿を募集しています。現場で奮闘する教師・
講師の皆様の生々しいレポートに写真を添えてお寄せください。詳しい問い
合わせは下記笹井まで。
(株)邦楽の友社編集部 笹井邦平 03・3400・2806
Mailto:info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★ 江戸の名所を歩こう会★
【第10回】7月10日<目黒>参加申し込みはメールで
 otasuke@as.airnet.ne.jp
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「名流端唄会」★
平成16年5月28日(金)2000円 証券会館ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 名流端唄会係まで。
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社主催「大阪小唄まつり」★来年の予定
平成17年5月22日(日)2200円 国立文楽劇場小ホール
申し込み・お問い合せは info@hougaku.co.jp
03・3400・2806 大阪小唄まつり係まで。
……………………………………………………………………………………………
★クイズダービー第3回のお知らせ★
今号のメルマガ120号から年間クイズ王選手権第3回を始めます。
ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点で
すね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこ
ういいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?
第一回優勝、よろぼうしさん、2位さくら子さん、3位アホさん。
第2回優勝、よろぼうしさん、2位忍び駒さん、3位さくら子さん。
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_top.html
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。本メールに掲載
された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。ご意見・ご要望など、
弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡下さい。
編集:邦楽の友社
発行:株式会社邦楽の友社

〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンの購読を希望しない場合は、
Mailto:mag@hougaku.co.jp
上記にて解除をお願いします。
……………………………………………………………………………………………
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナ・ひらがな、に変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたく
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………………………………



TOP