┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2003年12月26日発行第108号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・・・‥‥…━━━━━━━━┃お┃願┃い┃━━━━━━━━………・・・
★ 都合により邦楽の友社公式サイトのサーバーの変更を行います。サーバー移行に
ともない今までお預かりしておりました皆さまのメールアドレスが使用できなくなり
ましたので、引き続き邦楽の友メールマガジンの配信をご希望の方はお手数ですが、
【12月27日(土)】以降にもう一度公式サイトのフォームからメールアドレスを
お送り下さい。無料であることには変わり有りません。送り先
はhttp://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/form.htmlです。必ず登録確認の返信メー
ルをお送りしますのでよろしくお願いします。再登録がないと自動的にメールマガジ
ンの配信は停止されます。なおこの操作のためメルマガ109号(新年第1号)の配
信は残念ですが1月16日(金)になる予定です。ご面倒なお願いを申し上げました。
来年もよろしくお願い申し上げます。めるまが主幹 守谷幸則(おたすけ社鳥)
★ (株)邦楽の友社 http://www.hougaku.co.jp/
・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★賢順レポート〜3「見事な勝利」(目次―1)
★【雀の会】「年の瀬に」(目次―2)
★栄芝さんにレコード大賞企画賞・芸祭・喪中一覧(目次―3)
★12月27日〜1月18日までの演奏会32件(目次―4)
★クイズ「友誌12月号より」の問題の解答(目次―5)
★チケット・プレゼント(目次―6)
★月刊「邦楽の友」社告情報満載。(目次―7/8)
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・

  (株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
  このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
  いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。月刊誌の補
  完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
  もし希望されない方はお手数ですが
  Mailto:mag@hougaku.co.jp までご返信下さい。
  このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使の
  方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
歩けや歩け、どこまでも。
江戸の名所や旧跡を、訪ねることの楽しさよ。
みんなで歩けば怖くない・・・???
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【江戸の名所を歩こう会 第6回】<日本橋>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
江戸開府400年。今なら残る江戸の町。
名所旧跡を辿りながら、昼食は昔の名店で。
     ◆1月24日(土)三越前
        ◆ 午前10時出発。(午後3時現地にて流れ解散)
              ◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。
        会員制ではありません。どなたでも参加できます。

大人の遠足をしませんか?
行きたいと思っても一人で行くのはおっくうだ〜〜!!
そんな人むけの企画です♪

◆お申し込みは、おたすけ社鳥まで。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
目次
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」
3「リアルタイム情報 新着情報」
4「今週のおすすめ演奏会情報」
5「邦楽クイズ!」と正解者発表!!
6「プレゼント情報」
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(106)
     久留米市の賢順記念コンクールを取材して―3
     見事な勝利
               (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
予選通過者は25人。
テープ審査での予選参加者が毎年75人前後だから本選に進めるのはおよそ三分の一
の確率である。三分の一というのは一見広き門のようにも感じられるがこのクラスの
質の高さを思えばかなりシビアな数字だと思う。三分の一が入ると考えるより三分の
二も落ちるのか、といった感覚である。
年齢も10代から50代まで、受験層は幅広い。
いずれも自信のある楽曲を吹き込んで応募してくるわけだからこの一次審査は審査員
にとってもハードである。。
さらに困難を極めるだろうと思われるのは、このテープ審査が応募者の名前も経歴も
教えられずテープのレベルのみによって選別されるという部分である。
誰の演奏か分からない音源を評価する。
その中から25人を選ぶために個々のテープに絶対評価を下さなければならないとい
うのは大変な作業だろうと類推する。
これが公正であったかどうか、それを決めるのは本選に選ばれた25人である。

というような言い方を何故するかというと多分落選した三分の二の中にも本選に進ん
だ25人に匹敵する実力者がいただろうと推測されるからだ。
本来シードされてもいいクラスが本選に進めない可能性が少しでもあるならば予選の
在り方を多少変えてもいいような気がした。
例えば以前の上位入賞者。
あるいはリサイタルなどの経験者。
これらのプロフィールは当該審査員には公開してもいいのではないか。
テープ内容ことに録音状態が悪いものは応募者の責任というものの、その反対に極め
て録音内容がいい場合実力が伴わなくても合格してしまったりする。
CDの制作と同じように高度な技術があれば音はいくらでも加工できるということを
今の時代は考えなければならないと思う。

あるいは予選参加のテープは審査員だけではなく審査終了後に希望があれば一般に公
開されてもいいのではないか。
情報公開の時代だけにこういったことにも一考の余地はあろう。
今回の本選に出場した誰がどうということではない。
課題の一つであると思って頂きたい。
ただし私個人はプロとしてより優れたテープを製作するというスタンスは正しい戦術
であると賞賛する。
まず越えなければならない予選審査という壁があるならば工夫してその壁を回避する
ことは当然のことだと思う。
実力があると人に思われているからといって適当な録音で審査を受かろうとするなど
噴飯ものである。
とにかく本選に進むこと。
本選に進まなければ入賞のチャンスはないのだから。

本選出場が決定して2ヶ月の間、わずか6分の演奏に向けて彼らが何をしてきたか。
本選を聴く醍醐味はここにある。
コンクールは出演者の価値、総合点を問うものではない。
トータルでいかに図抜けていようと切り取った瞬間の場面だけが評価されるものだと
いうことを理解しておかなければならない。
それも観客にではなく6人の審査員に向かってどれだけアピールできたかが入賞でき
るかどうかの別れ道になる。
実力がなければ不可能だが実力があっても高評価を得られるという保証はない。
点差は常に拮抗する。
審査員に与えたインパクトの総量で紙一重の優劣が決まる。
一観客であるこちら側はその質量がどのようであったのか気を詰めて聴くことになる。
どうだったか。

優勝賞金は100万円である。
今回それを勝ち取ったのは1977年生まれ、26歳の木村陽子である。
山田の四つ物の一つ「熊野」を以て臨んだ木村はこの楽曲の持つ力を背景に生来の歌
唱力を十二分に発揮した。
言い方を変えると歌唱の力によって場面を支配した。
木村の天性の声質が山田の古典をしかもあえて「熊野」を独奏したことによって鮮や
かに生きたということだ。
木村はこの天性の声質を生かすという一点で勝負したと思う。
見事な勝利であった。
天性の声質といえば注目すべき素材はほかにもあった。
(久留米市の賢順記念コンクールを取材して―4に続く)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【邦楽のふるさとを訪ねて・一緒に中国へ行きませんか?】
★おたすけ社鳥と行く「三泊四日」中国の旅★「西安」
平成16年3月11日(木)〜3月14日(日)旅行費用一人 17万円

☆【3月11日(木)】空路、西安へ(所要時間:5時間5分/時差-1時間)着
後、西安市内観光。西の城壁、西安のシンボル◎大雁塔<西安泊>
☆【3月12日(金)】省歌舞劇院の方との交流。西安市内観光◎陜西歴史博
物館、空海が学んだ◎青龍寺。夕食は徳発長にて餃子宴を<西安泊>
☆【3月13日(土)】西安郊外観光◎兵馬俑博物館、○始皇帝陵、白居易の
長恨歌に詠われた◎華清池<西安泊>
☆【3月14日(日)】西安市内観光。碑林、書院門古文化街。空路、帰国の
途へ(所要時間:4時間5分/時差+1時間)
…………………………………………………………………………………
とりあえず秦の始皇帝の都であった「西安」から。「西安」より唐の都、長恨
歌の「長安」のほうが日本では通りがいいかも。西安だけっていうのがいいで
しょ?(笑)身体に優しい日程ですね。
お申し込み多数歓迎(笑)
誰もいなけりゃ一人でも行くぞ。当然自腹自前の旅行です。(爆笑)
申し込み・参加希望の向きは下記メールまで。
Mailto:moriya@hougaku.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

……………………………………………………………………………………………
108-1>【年の瀬に】
いつの頃からか、毎年十二月三十日の夕方になると女友達が我が家に集まるようになっ
た。
庭の南天が赤い実をつけて、あまりにもきれいなので、お正月の飾りにと一枝差し上
げたのが始まりのようです。
セピア色に染まるほどに永い付き合いの友、一年に一度しか会えない友、事情があっ
て家を処分した友、この不況で事業がうまく行かない友、生涯現役とはりきっていた
矢先ご主人が病気で計画倒れになってしまった友、「老後は別荘で暮らしたい」との
夢を実現している友、いろんな女の友達が一年の仕事を終え正月の準備を済ませ我が
家に集まってくるのです。 友人のお母さん90歳も「会いたいから行ってもいい?」
と電話をよこす。
ほんのひと時お茶を飲んでおしゃべりをして・・・・・・・
たったこれだけの事なのだけれども・・・・・・
「今年もまた行くね!!」とさっきも電話があったばかり。
今、庭の南天が真っ赤に実をつけています。 水仙の花も楚々と咲いています。
みんなに分けてあげられそうだ、大きなバケツに水を入れて南天の枝を切っておこう。
そうだ!! 去年は我が家の分が無くなってしまった!!
いつも忙しくって庭の手入れも思うようには出来ないけれど又来年も赤い実を沢山つ
けさせてみんなにあげよう!!
一緒に歩いてきた友達のために・・・・・・・・(雀の【11】雀のおやど)

☆ああもう正月が来るんですねえ。50過ぎると、一年の経つのが早いこと。200
4年はオリンピックイヤー、皆さまの2004年がよい年でありますことを心よりお
祈り申し上げます。(雀の【1】おたすけ社鳥)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp へメールでお送りください。
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【文化庁芸術祭賞受賞者発表】(音楽部門)
1月22日5時、平成15年度文化庁芸術祭賞の受賞者が発表された。今回は関東・
関西別れて受賞者が選ばれるという今までにない形態である。邦楽関係は次の通り。
新人賞(関東参加公演)藤井泰和「第9回藤井泰和地歌演奏会」
新人賞(関西参加公演)永廣孝山「第15回永廣孝山尺八リサイタル」
残念ながら邦楽関係の大賞・優秀賞受賞者はなし。
なおレコード部門ではビクター財団が「常磐津一巴太夫」で大賞を受賞。
……………………………………………………………………………………………
【社団法人日本三曲協会新年祝賀会のお知らせ】
1月10日(土)5時半より、ホテルオークラ平安の間
当日は本年度栄誉を受けられた文化功労者米川敏子氏、紫綬褒章野坂惠子氏両氏のお
祝いも併せて行う。
……………………………………………………………………………………………
【レコード大賞企画賞を栄芝師受賞】
12月31日TBSテレビ発表のレコード大賞企画賞に栄芝師が選ばれた。今回はビ
クターに、ではなく栄芝・近藤等則両氏に授与されるという。CD「THE吉原」に
対して高い評価が与えられた。
なおこの授賞式の模様はTBSテレビ1月11日(日)午後3時30分〜4時50分
まで「涙と感動全部見せます〜レコード大賞の舞台裏」という番組で放映される。
……………………………………………………………………………………………
【喪中一覧】邦楽の友社情報による。
足達清賀
足達孝賀
市川慎
井上つる一
今藤文子
大橋和夫
荻野昇
川辺昌賀
菊地奈緒子
黒田煌山
新内仲三郎
鈴木白韻
高田和子
竹橋順子
蓼競三
千本扇雪
鶴賀喜代寿
友渕のりえ
中條京子
福田美智子
福田千栄子
山勢松韻
吉田清一
渡部秀凰
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
1月3日・4日・5日 春日とよ浜栄実小唄ライブ 
8時開演 宿泊別途会員料金 伊豆高原温泉・花吹雪 
「花吹雪」ライブ。小唄春日とよ浜栄実(端唄栄芝流芝糸)
……………………………………………………………………………………………
1月5日(月) 第三回素浄瑠璃の会
7時開演 2000円 お江戸日本橋亭 
「烏帽子折 源氏―伏見の里の段」竹本駒之助(賛助出演)、鶴澤三寿々。
……………………………………………………………………………………………
1月7日(水) 端唄と遊ぶ〜東海道五十三次〜
6時半開演 2000円 お江戸日本橋亭 
「花季のうた・梅は咲いたか」「お江戸日本橋」「海晏寺」「六郷渡れば」「書き送
る」「一條戻り橋」「さのさ」「京の四季」ほか。花季利恵ほか花季会同人。 端唄
「花季会」(会長・花季利恵師)が東海道五十三次の宿場に纏わる端唄を綴る形式
で20曲演奏する。幕開きは唄五枚・三味線六挺による合奏「花季のうた・梅は咲いた
か」に始まり、「お江戸日本橋」からスタートし、品川は「海晏寺」、次の川崎は
「六郷渡れば」、神奈川は「書き送る」と続き、終着・京は「一条戻り橋」「さのさ」
と「京の四季」の「真葛が原」の件を演奏して目出度く上がりとなる。最後は同人全
員と客席とで「奴さん」を合唱してお開きとなる。曲間は広重描く東海道の宿場の錦
絵をスライドで映し出し、いわれのある宿場では生のナレーションによる解説が入り、
ビジュアル面からも東海道の美しさをアピールする。「皆さんとご一緒に東海道を旅
して楽しんでいただければ……と思っております」と同人は張り切っている。
……………………………………………………………………………………………
1月10日(土) 東京新聞・琵琶楽名流大会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
1月10日(土)〜12日(月) デーモン小暮の邦楽維新「花鳥風月」
10日7時開演 11・12日3時開演 4800円 青山円形劇場   
福田千栄子、稲葉明徳、高原聡子、太田豊、黒船バンド。
……………………………………………………………………………………………
1月11日(日)現代邦楽研究所第9期公開講座 
1時半開講 5000円 現代邦楽研究所 
古典作品研究「獅子もの」講習曲「吾妻獅子」「越後獅子」講師・茂手木潔子、実習・
亀山香能、西潟昭子(山田流)、深海さとみ(生田流)。
……………………………………………………………………………………………
1月13日(火)〜15日(木)デーモン小暮の邦楽維新「風林火山」
7時開演 4800円 青山円形劇場   
レナード衛藤、三橋貴風、黒船バンド。
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)第34回 小唄 春香会 
11時開演 3000円  証券ホール 
吉住義之助作詞・松峰千照作曲「申歳寿」美浜れい作詞・春日とよ稲作曲「干申の道
行」守谷幸則作詞・里園志寿代作曲「昔ばなし かさじぞう」ほか全104番。主催・
邦楽の友社。◎03(3400)2806
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)邦楽・彩りキャンバス
6時半開演 6500円 浜離宮朝日ホール 
ポピュラー界の巨匠宮川泰(ひろし)が芸大邦楽科卒業生グループ「あいおい
の会」の指揮をとり和楽器オーケストラの新しい形を提案する。企画制作はブ
ライトワン。本年度の賢順コンクールの金賞・銀賞・銅賞三賞受賞者が揃い踏
みする「あいおいの会」の可能性をお楽しみ下さい。「覚」「津軽」「篝火」「八千
代獅子」「都の春」「ディウェルティメント」 松崎せい山ほか〈あいおいの会〉、
島村聖香、慶順、福原友裕、指揮・宮川泰。
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)新春端唄青柳葵ライブ&体験教室in和音Part6
6時半開演 2000円(ワンドリンク付) 和音
端唄青柳流家元・青柳葵ほか一門。
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)春・季座2004  マリナーズコート東京
……………………………………………………………………………………………1月1
6日(金) 錦心流琵琶新年演奏会 雷中会館
……………………………………………………………………………………………
1月17日(土)2004年戸板祥子新春箏コンサート
6時半開演 4000円 サントリーホール小ホール
「黒田節による幻想曲」「水の変態」「さとうきび畑」「海鳴り」『四季』より「春」
「華やぎ」「箏恋花」(委嘱初演)高畠一郎、三宅礼子、遠藤千晶、時村好恵、佐藤
まどか。生田流箏曲砂崎知子・吉村七重両師に師事する戸板祥子師が、初CDアルバ
ム「My lucent days」の発売を記念してクラシック音楽の殿堂でコンサートを開く。
曲目は15曲に及び2時間を要するサバイバルコンサートとなる模様。古典曲はなく最
も古いのは宮城道雄の「水の変態」、他は現代邦楽の名曲やクラシックをアレンジし
たものなどを綴り、委嘱初演曲「箏恋花」で幕。「ヴィウァルディの『四季』の中の
〈春〉は砂崎知子先生のお側でずっと聴いて育ち、先生から教わった人間の大きさ・
箏への情熱・挑戦を胸に秘めて私なりのアレンジをしてみます。「なばりの三つ」
「華やぎ」は吉村七重先生の徹底したプロ意識の教えからセレクトした大切な曲です。
様々なジャンルの演奏家との邂逅が私に力をつけてくれました。全曲を弾きこなすこ
とができたら、演奏家として成長できることを確信しています」と戸板師は翔きの時
を待つ。
……………………………………………………………………………………………
1月17日(土)春・季座 2004New Year Concert
3時半開演 5000円 マリナーズコート東京
「寿」「遠音」「万歳」「翔」「扇の的」「松竹梅」吉岡龍見、藤井千代賀、鳳声晴
光、望月太左衛、水藤五朗、葛タカ女、花柳園喜輔、米川裕枝、富元清英ほか季座同
人。
……………………………………………………………………………………………
1月17日(土)錦心流琵琶新年演奏会 
2時開演 ご招待 雷中会館
「本能寺」「湖水乗切」「敦盛」「羅生門」ほか☆水野森水、板倉絲水、池田青水、
森中志水ほか。
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)宮下伸と箏あんさんぶる「風」
1時半開演 4000円 神奈川県立音楽堂
第19回かながわ女性会議新春コンサート「悠久なる大地」「琉歌」「箏とピアノのた
めの“水琴抄”」「越天楽今様変奏」ほか。石塚秀楡、尾崎秀美芳、高田秀鴦、谷口
秀桜花。
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)瑞穂雅楽會新春演奏会 
2時開演 1500円 於玉稲荷神社  
平調「鶏徳」朗詠「暁梁王」舞楽「人長舞」「胡蝶」ほか。三田徳明ほか瑞穂雅楽會
会員。
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)初春端唄演奏會 
11時半開演 無料 北とびあつつじホール 
御祝儀「雛鶴姫三番」江戸開府四百年記念「王子みやげ」端唄童謡「江戸小町」「勧
進帳合方」端唄舞「春夏秋冬」「三下がり騒ぎ唄」ほか。三味線豊臣ほか社中総出演。
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)箏曲まゆみ会勉強会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)富士松小照の新内を聴く会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)「日本の音」第三回江戸の風情・上方の粋 横浜能楽堂
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)現代邦楽研究所第9期公開講座・古典作品研究「獅子もの」現代邦
楽研究所
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)高田和子 SANGEN SRACE vol.1三絃とマリンバの出会い 京都芸術
劇場・春秋座
……………………………………………………………………………………………
1月18日(日)第21回新春三曲演奏会 名古屋芸術創造センター
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【第2回(平成15年)邦楽クイズ第43弾解答】
11月25日発売の「邦楽の友」12月号よりの出題です。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 江戸というのは入り江の戸口というような意味である。
  ( ○   )★芝浜のような所をさすそうです。

2 稀音家では名取りになるとき家元の前で演奏した。
  ( ○   )★今でもそうなのでしょうかね?

3 昔は舞台での目線は見台におくことになっていた。
  ( ×   )★三間先を見るべし。

4 狂言作者の第一を昔は立作者といった。
  ( ○   )★立唄、立三味線というからね。

5 狂言作者の第二を昔は脇作者といった。
  ( ×   )★二枚目の作者、ワキじゃないのか?

6 狂言作者の第三を昔は止め作者といった。
  ( ×   )★三枚目の作者、トメとは言わないよね。

7 1月7日の端唄と遊ぶ「東海道五十三次」出演は花季会同人である。
  ( ○   )★6時開演、お江戸日本橋亭です。

8 今春の褒章で「文化功労者」に選ばれたのは「米川敏子」である。
  ( ×   )★10月28日、春ではありません。

9 特殊法人日本芸術文化振興会は11月1日より独立法人になった。
  ( ×   )★10月1日付で移行しました。

1012月号の発行日は12月1日である。
  ( ○   )★発売日は11月25日ですけれどね。


【正解者発表】
正解は 1名でした。伊藤正治郎さんです。後は全員9点がずらり。間違えたところ
も様々。う〜ん、不思議だ?(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
【クイズダービーのお知らせ】
本年のダービーは先週号の106号「第45回」で締め切りました。結果発表
は来春110号以降に行います。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
★お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)【邦楽彩りキャンバス】浜離宮朝日ホール
ポピュラー界の巨匠宮川泰(ひろし)が芸大邦楽科卒業生グループ「あいおい
の会」の指揮をとり和楽器オーケストラの新しい形を提案する。企画制作はブ
ライトワン。本年度の賢順コンクールの金賞・銀賞・銅賞三賞受賞者が揃い踏
みする「あいおいの会」の可能性をお楽しみ下さい。「覚」「津軽」「篝火」
「八千代獅子」「都の春」「ディウェルティメント」を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)【小唄春香会】証券ホール
新曲「申歳寿」(しんさいじゅ)吉住義之助作詞・松峰千照作曲。「干申の道
行」(えてのみちゆき)美浜れい作詞・春日とよ稲作曲。「昔話かさじぞう」
守谷幸則作詞・里園志寿代作曲ほか104番を上演する。おたすけ社鳥の新作
を聴きに来てくださいね。
……………………………………………………………………………………………
1月17日(土)【戸板祥子新春箏コンサート】サントリー小ホール
第5回賢順記念全国箏曲コンクール第1位の戸板祥子のCD「My lucent
days」の発売に合わせたコンサートである。「黒田節による幻想曲」「水の変
態」「さとうきび畑」「海鳴り」四季より「春」「華やぎ」「箏恋花」ほか
15曲を演奏する。砂崎知子門下の俊英。箏・高畠一郎、三宅礼子、遠藤千
晶、時村好恵。(ヴァイオリン)佐藤まどか、ほかが賛助出演。
……………………………………………………………………………………………
1月23日(金)【日本音楽集団】津田ホール
第174回定期演奏会。日本の現代邦楽アンサンブルの草分けともいえる日本
音楽集団の精妙な調べを聴きに行きませんか?
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
 ┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
 ┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
           箏の弾き方が一目でわかる。
        http://www.hougaku.co.jp/koto/index.html

      初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
    「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
   言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
        パラパラにしました。本邦初の試みです。
      全103ページ、うち73ページはカラーページです。
           (株)邦楽の友社発行
      お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
                          をご覧下さい。
月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
1月号は、12月25日(木)に発売されました。
【邦楽好日抄】守谷幸則
【新春特別座談会】たかくさわこ・松崎せい山・林ゆたか・笹井邦平
【新内公演アメリカ旅日記】鶴賀若狭じょう
【心の国ウズベキスタンへ】故増渕任一朗遺稿
【海外初公演はウズベキスタン】齋藤完
【和の音イン学舎】船橋市立三山中学校講師・鈴木佑未子
【白寿の音に向かって】水野好子
【季々評】「石垣征山作品・東音創作会」上野晃
【長唄芸語】「雛鶴三番叟」稀音家義丸
【余音余情】「長唄21・亀山香能・友渕のりえ・えん」波多一索
【四季随想】杵屋栄禧
【小唄オシャレ考】竹越治夫
【邦楽道しるべ】「春日とよ五」東山晋士
【小唄散見】「蓼乃会・えんの会ほか」目賀田武藏
【津軽路三和子の邦楽たんけん記】初見れい子
【長唄詞章考】長崎由利子
【創作の景色】菊村しづ
【今年の抱負】山木七重
【にほんのおと・しんせいき】「阪本小学校」笹井邦平
【舞踊年表】如月青子
【ぷれびゅー演奏会】端唄「花季会」・戸板祥子
【長唄正本研究】【演奏会へ行く前に】【演奏会案内】【ラジオ・テレビ放送
案内】【邦楽カレンダー】【ニュースと消息】ほか。グラビア写真53点掲
載。

■ 1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
■ 年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/~035cd
CD邦楽の友レーベル1〜9(現在10枚目制作中)
お問い合わせ 03−3400−2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgibin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
お求めは03−3400−2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友誌」では邦楽器による音楽授業のレポートを求めています★
【邦楽教育現場るぽ募集】
本誌では10月号より連載を開始した「和の音in学舎│邦楽教育現場るぽ」の
原稿を募集しています。現場で奮闘する教師・講師の皆様の生々しいレポート
に写真を添えてお寄せください。詳しい問い合わせは下記笹井まで。
(株)邦楽の友社編集部 笹井邦平 03−3400−2806
                 Mailto:info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★江戸の名所を歩こう会★ 【第6回】1月24日<日本橋>
参加申し込みはメールで moriya@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社アルバイト募集中★
1、パソコンが扱えること。2、渋谷まで通えること。3、邦楽好き。
希望者はメールで履歴書をお送り下さい。委細面談。ご連絡いたします。
Mailto:info@hougaku.co.jp
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など、弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡
下さい。

■編集:邦楽の友社
■発行:株式会社邦楽の友社

〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
            Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
◆このメールマガジンの購読を希望しない人は、
http://www.hougaku.co.jp/~035mag/form_mail/form.html
より登録・解除のページにて解除をお願い致します。
……………………………………………………………………………………………
◆お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カ
タカナに変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたくよろしくお
願い申し上ます。
……………………………………………………………………………………………

TOP