┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン   ◆2003年12月12日発行第106号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(株)邦楽の友社 http://www.hougaku.co.jp/
・・・‥‥…━━━━━━━━┃内┃容┃!┃━━━━━━━━………・・・
★プロとは何か。(目次―1)
★【雀の会】1月のお題は「今年の抱負」・大野町のイベント(目次―2)
★賢順速報・パーティ・イベント情報・喪中情報の2(目次―3)
★12月13日〜12月21日までの演奏会30件(目次―4)
★クイズ「忠臣蔵だよ〜」(目次―5)
★チケット・プレゼント(目次―6)
★月刊「邦楽の友」社告情報満載。(目次―7/8)
・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・

  (株)邦楽の友社が送る、毎週金曜配信のメールマガジンです。
  このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
  いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。月刊誌の補
  完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
  もし希望されない方はお手数ですが
  Mailto:mag@hougaku.co.jp までご返信下さい。
  このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使の
  方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。◆
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【邦楽のふるさとを訪ねて・一緒に中国へ行きませんか?】
★おたすけ社鳥と行く「三泊四日」中国の旅★「西安」
平成16年3月11日(木)〜3月14日(日)旅行費用一人 17万円

☆【3月11日(木)】空路、西安へ(所要時間:5時間5分/時差-1時間)着
後、西安市内観光。西の城壁、西安のシンボル◎大雁塔<西安泊>
☆【3月12日(金)】省歌舞劇院の方との交流。西安市内観光◎陜西歴史博
物館、空海が学んだ◎青龍寺。夕食は徳発長にて餃子宴を<西安泊>
☆【3月13日(土)】西安郊外観光◎兵馬俑博物館、○始皇帝陵、白居易の
長恨歌に詠われた◎華清池<西安泊>
☆【3月14日(日)】西安市内観光。碑林、書院門古文化街。空路、帰国の
途へ(所要時間:4時間5分/時差+1時間)
…………………………………………………………………………………
とりあえず秦の始皇帝の都であった西安から。西安だけっていうのがいいでし
ょ?(笑)身体に優しい日程ですね。
お申し込み多数歓迎(笑)
誰もいなけりゃ一人でも行くぞ。当然自腹自前の旅行です。(爆笑)
申し込み・参加希望の向きは下記メールまで。
Mailto:moriya@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
目次
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」
3「リアルタイム情報 新着情報」
4「今週のおすすめ演奏会情報」
5「邦楽クイズ!」と正解者発表!!
6「プレゼント情報」
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(104)
     久留米市の賢順記念コンクールを取材して―1
     プロとは何か
               (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
プロとは何か。漠然としている。
ことに邦楽界においては混沌としている。
誰がプロでどこからどこまでがプロなのか。納得のいく答えの出せる人はどこ
にもいないだろう。私の中にも定義できるものは少ない。
それにもかかわらずこういう書き出しを選ばなければならないということは今
回取材した賢順記念コンクールの本質を見極めたいと思ったからだ。
それでもう少しプロとは何かということをここに書く。

野球の場合のプロは即職業を示している。
つまりプロ野球選手を意味する。
プロ球団に所属して年間契約で野球をして見せる人がプロである。
契約が成立しなくなると、つまり馘首ということだが自動的にプロでなくな
る。
たとえ野球で生活できるだけの糧を得ることが出来たとしても、プロ球団と契
約していなければプロとは言えない。
アマチュア野球の監督でそこらのプロより多い報酬を貰っていると仮定しても
これをプロとは呼ばない。

ゴルフの場合はどうか。
これはもっと分かり易い。
協会が試験をして合格したものをプロと認定するということになっている。
一部の例外を除きプロの資格をとれなければ試合に出して貰えない。もっとも
試合に出られたからといって生活の保障はない。
トーナメントプロという看板を持っていても成績が悪ければシードもとれず予
選から出場させられる。予選落ちには当然賞金はなく交通費宿泊代とも持ち出
しである。だがそうであっても、あるいは年収がゼロでも資格を持っていれ
ば、プロなのである。

どちらにも年齢制限はない。
年齢制限はないが若い人のほうが有利で有るように見える。
さてそこで賢順記念コンクールの話である。
一般的にコンクールというとどうしても若い人の登竜門という位置づけにな
る。この登竜門という要素が濃くなるのは新人が登壇してくる場所という認識
が強いからだろう。
アマチュアの出場によるいわゆる新人コンクールである。
だが私が見た実際の賢順記念コンクールは様相を異にしていた。
ゴルフでいえば一年に一回しかないツアートーナメントといえるようなものだ
ったと思う。
このコンクールにはアマチュアの参加者はいない。いたかも知れないが予選を
突破した段階でアマチュアとはいえなくなったと思う。
こういった出場者を何と呼べばいいのか。予選を通過して本選に進んだ人たち
を何と表現すればよいのか。
適宜な言葉が出てくるまでとりあえず選手と呼ぶことにする。
次号から25人の選抜選手によるコンクールの模様をレポートする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【江戸の名所を歩こう会 第5回記念】<高輪・泉岳寺>忠臣蔵だあ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ◆12月13日(土)都営浅草線・泉岳寺A2改札口待ち合わせ
        ◆午前10時出発。(午後3時現地にて流れ解散)
              ◆会費なし。実費・昼食代自分持ち。
会員制ではありません。どなたでも参加できます。待ち合わせ場所まで直接、
遅刻せずにお出でください。連絡は 090−8561−1119 守谷まで
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」投稿ページ
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

……………………………………………………………………………………………
106-1>【1月のお題は「今年の抱負」です。】
今月12月の「忠臣蔵」での書き込みは現在1件だけ。「忠臣蔵」も遠くなっ
てしまったのかなあ。(雀の【1】おたすけ社鳥)

106-2>【高田作曲編曲事務所 高田陽子さんより】
平成15年11月5日(水)、岐阜県揖斐郡大野町の大野町総合町民センター(内)
ふれあいホールで、行われた小中学生対象コンサートレポートです。
午前10時からが小学生の部、午後2時からが中学生の部(それぞれ1時間半)大
野町全ての小中学校(小学校6校・中学校2校)が対象でしたが、ホール客席が
1000人までですので、小学生は4〜6年生のみでした。(中学生は全員です。)
小学生の部プログラムにつきましては、時間の都合上創作太鼓(5分15秒)と
「見上げてごらん夜の星を」をやむを得ずカットしまして、全校合唱が「ビリ
ーブ」、また1曲目では地元に伝わる「木振太鼓」を北小学校・木振太鼓クラ
ブの皆さんが演奏・発表してくれました。
和太鼓アンサンブル・新芽の皆さんも、子供達に聴かせたり説明で見せたりす
るため、色々な種類の太鼓や三味線を持ち込んで下さいました。太鼓がご専門
ですが、和楽器でしたら何でも一通り演奏される集団で、コンサートでは大変
助けていただきました。
★ということで以下そのレポートです。★
例の小中学生対象コンサート、無事終了いたしました。日本の曲(童謡・唱歌
など)、日本の楽器を取り入れたバラエティに富んだプログラムとなりました
が、それぞれ和楽器演奏家・愛好家の方々が素晴らしい演奏を聴かせて下さい
ました。雅楽会は、足りない楽器を「子供達に見せて聴かせたいから」とわざ
わざ借りて来て下さり、見慣れない楽器や衣裳に、特に中学生は熱心に聴いて
くれました。一つずつ、楽器の音を出して説明もしましたので、「触りたかっ
た」と興味を持ってくれた子も…
三味線や日本胡弓も真剣に聴いてくれましたが、同じメンバーによる創作太鼓
(←こちらがご専門)が、照明さんもノリノリで耳からも目からも楽しめる迫
力あるステージとなりました。
邦楽と洋楽のコラボレーション(?)といえば、「村祭」をシンセ&声楽家の
ソプラノ&篠笛と太鼓と鳴り物で演奏したのが、予想以上にカッコイイ仕上が
りとなり演奏していて大変楽しかったです。
高校生のお姉さん(特別休暇とってご出演いただきました!)が和楽器を演奏
したり、小学生の部では代表校の太鼓クラブ(お囃子)の発表もありましたの
で、子供達も大人ばかりの演奏より身近に感じてくれたところはあると思いま
す。
その地域では「おとなしい」「感情を表に出すことは苦手」と言われているら
しい子供達が、静かに聴いてくれるだけでなく、自分達から手拍子をしてくれ
たり大きな声で歌ってくれたりして、コンサートを大いに盛り上げてくれまし
た。また、興奮冷めやらない様子で"感動しました!"と言ってくれたり、帰り
に実家まで「今日はありがとうございました」とお礼を言いに(表に7〜8人の
男の子が並んで)寄ってくれたりと、私の方こそ心の底から感激させられまし
た。お家の人に「すごかったよ」「楽しかったよ」と話してくれた子もいたそ
うで、本当に嬉しかったです。
今回のコンサートは邦楽枠ということで、初めての試みばかりで不安や大変な
ことも多かったのですが、貴社のメールマガジンに助けられ、子供達に喜んで
もらえるコンサートを行うことができました。本当にありがとうございまし
た。貴社の存在を知らなければ、私は今後も邦楽コンサートやイベントに足を
運ぶこともなく、おたすけ社鳥様はじめ色々な方のお話を伺う(拝見する)機
会もなく、篠笛と能管の区別すらつかずに邦楽の良さにまるで気づくことが出
来なかったでしょう… 何てもったいない。
子供達に、私の知っている邦楽の魅力をどのくらい伝えられたか分かりません
が、自然にわいた手拍子や800人が耳をすませて聴いてくれた会場の静けさが、
"邦楽もいいね"と語ってくれたように感じております。私もまだまだ知らない
ことが多く、今後も邦楽の勉強を続け、さらに邦楽度を増したコンサートを目
指し、私なりの私らしい邦楽コンサートを極めていきたい、と夢はどんどんふ
くらんでおります。今後とも何かと(一方的に)お世話になりますが、どうぞ
よろしくお願い申し上げます。
☆このメールマガジンは皆さんと一緒に創っていきたいと思っています。―
般投稿も歓迎。moriya@hougaku.co.jp までお送り下さい。
(雀の【1】おたすけ社鳥)
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp へメールでお送りください。
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【賢順記念全国箏曲祭全国箏曲コンクール本選審査結果速報】
賢順賞「熊野」木村陽子
銀賞「吼かい」中井智弥
銅賞「情景三章」吉原佐知子
奨励賞「明石」佐々木照子
奨励賞「尾上の松」岩田美智子
奨励賞「水の変態」小林雅子
……………………………………………………………………………………………
【NPO江戸芸能伝承保存会の懇親忘年会に参加しませんか?】
12月22日(月)6時開場・6時半開演。四谷駅プラザエフ地下2階多目的
ホール「クラルテ」にて。会費7000円。会の代表である西川ぎん(赤坂ぎ
ん子姐さん)の舞を堪能したあとビンゴゲームなどの趣向がある。この機会に
参加してみませんか?
お問い合せ03−3582−1616 FAX03−3582−1617
……………………………………………………………………………………………
【正派東京准師範試験合格祝賀会】
12月23日(火)12時半〜2時半
ルポール麹町三階マーブル
……………………………………………………………………………………………
【蓼派四葉会新年会】
1月10日(土)1時より、
上野広小路鈴乃屋ビル5階「今半」
……………………………………………………………………………………………
【千葉県立八千代高校吹奏楽部鼓組さんよりのお知らせです。】
★新春和太鼓演奏会のお知らせ
2004.1.5. 12:00開演と14:00開演の2回公演。
ユアエルム八千代台屋上ステージ・京成線の八千代台駅前
組太鼓をやります。屋上は寒いので、防寒対策をしてきてください。
演目・[八丈][屋台囃子]ほか。お待ちしています。
http://www.rimnesia.net/home/crazyer
……………………………………………………………………………………………
【momo さんよりのお知らせです。】
★古澤有峯さんの舞
12/21-23の三日間、木曽御嶽山の秘湯濁河温泉、「百草の湯みやま」というホ
テルで古澤有峯さんをはじめ、中村ヨシミツさん、三原ミユキさんのクリスマ
スディナーショーが開催されます。地歌舞はギターにも合うのですね。
詳細はもしくは百草の湯みやま(ホテル会場)0576-62-2122 まで。
……………………………………………………………………………………………
【松明堂音楽ホール さんからのお知らせです。】
●市川慎・菊地奈緒子 箏デュオコンサート『箏の時間』(ことのとき)
日時:2004年 2月 1日(日)14:30開場 15:00開演
会場:松明堂音楽ホール(西武新宿線「新所沢」東口徒歩2分)
料金:全席自由 前売2500円 当日3000円
出演:市川 慎(箏)菊地奈緒子(箏)
内容:another scene/楽/日本の三つの唄/みだれ/elfin/百花譜

注目のアーティスト、市川 慎さんと菊地奈緒子さんのデュオ・コンサート
で、古典から現代までの様々な音色と、今まであまり知られていなかった、新
しい時代の『箏』の魅力を、ぜひお楽しみ下さい。

問合せ・予約◆松明堂音楽ホール tel. 042-992-7667 fax. 042-992-7668
ホール・ホームページから24時間チケット予約ができます。
E-mail:shomeido@air.linkclub.or.jp  http://shomeido.jp/
……………………………………………………………………………………………
【平成15年の訃報と喪中情報の2回目です。】12月12日現在

【訃報】
浅川玉兎9月14日、99歳
石村定夫9月25日、84歳
伊東古扇1月27日、90歳
井上道子3月4日、90歳。
井上つる子2月16日、83歳
今藤綾子3月29日、97歳
堅田喜三郎5月4日、78歳。
片山彦三5月20日、85歳
佐々川静枝2月20日、91歳。
笹川鎮江3月16日、79歳
竹橋正皓9月17日 79歳
橘旭翁7月20日
津田道子6月22日、79歳
廣瀬藤吾7月19日、85歳
福田種彦12月3日、74歳
本間松芳9月22日、81歳
増渕任一朗8月12日、58歳
松島庄十郎6月12日
目代清6月13日、66歳
山勢崇華11月5日、87歳
山村久子3月24日、77歳
山村若津也4月5日、96歳
吉川梅9月21日

【喪中】
井上つる一
今藤文子
荻野昇
黒田煌山
里園志寿万季
新内仲三郎
鈴木白韻
高田和子
竹橋順子
蓼競三
千本扇雪
鶴賀喜代寿
中條京子
山勢松韻
渡部秀凰
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。また「メール」でご連絡をいただければ無料掲載いた
します。PRにご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)グローバル邦楽プロジェクト定期公演「冬」
7時開演 3500円 JR線石川駅・山手ゲーテ座
箏・三弦 時村好恵、黒川真理、榎戸二幸、鈴木真為、原田志保子。尺八・塩
崎正博、橋本洋、佐藤弘幸、石垣征笙。笙・米澤もも。打楽器・平形真希子。
ソプラノ・柏原奈穂。賛助出演尺八・河村泰山。第5回。
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)長唄佐門会
1時半開演 3000円 日刊ホール
「老松」「秩父の長者」「吾妻八景」「安宅の松」「新曲浦島」「狂獅子」
「船弁慶」杵屋佐吉ほか佐門会会員による第96回演奏会。
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)第6回「お箏は何に恋する?」
3時開演 3500円 朝日生命ホール
創造する伝統、音楽のきずなシリーズ「二星相慕」「秋風の辞」「源氏節」
「松竹梅」ほか。てん・仁智、野田美香、芝祐靖、富山清琴、萩岡松韻、野坂
惠子ほか。
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)篠笛グループTAHACHIコンサート
3時開演 無料 東京駅丸の内北口ホール
望月太八ほか。6本の篠笛をお持ちの方、独学歓迎、当日参加できます。テー
プと譜面送ります。御応募下さい。
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)日本箏曲会連盟関東地区第6回合同演奏会「和楽の絆」
2時開演 2000円 港区立赤坂区民センターホール
「都十二月」「九州民謡による四つの組曲」「楓の花」「清雅」「岡安砧」
「わらべの頃」「茶の湯音頭」「松竹梅」清和会・富田清邦、東芳会・原田東
龍、白菊会・佐藤親貴、光音社・大月宗明、舞喜井会・松尾舞喜井、箏曙会・
中塩幸祐。「都十二月」富田清邦。「九州民謡による四つの組曲」原田東龍。
「楓の花」佐藤親貴。「清雅」大月宗明。「岡康砧」松尾舞喜井。「わらべの
頃」中塩幸祐。「茶の湯音頭」原田東龍。「松竹梅」合同曲。第6回合同演奏
会。
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)六九家裕光&スペースシップ
3時・6時(2回公演)3500円(1ドリンクつき)日暮里和音
ロック三味線のライブです。六九家裕光は杵屋裕光。ロックなので六九家と洒
落たもの。六九家裕光が宗家、家元は春風亭小朝。六九家の弟子はいないと聴
いたが、現在はどうだろう。洒脱なお遊びにお付き合いしてみませんか?
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)和之楽之奏
7時開演 1000円 牧丘町民文化(花かげ)ホール(山梨県)
NHK 邦楽育成会40期卒業生のコンサートです。一絃琴、三弦、箏、17弦、
尺八そして地元のコーラス。山梨にお住まいののかた、この機会にどうぞ。チ
ケットお問合せ先 tel. 0553-35-4888
……………………………………………………………………………………………
12月13日(土)第59回琴古流尺八演奏会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
12月14日(日) 第9回 山田流箏曲 奏心会
2時開演 2500円 紀尾井小ホール
「秋篠寺」「那須野」「鐘が岬」「粋」「六連星」「箏と十七絃による 須唄流
三章」佐々木千香能、善養寺惠介、本橋美香能、木村伶香能、山木七重、五十
川真子、佐久間景子、亀山香能、富田ゆい子。
……………………………………………………………………………………………
12月14日(日)小唄蓼奈美輝会
10時半開演 関内ホール小ホール(地下1階)
蓼奈美輝の第8回温習会。蓼派会会長蓼胡房師ほか他流派の助演もあって10
6番を上演する。
……………………………………………………………………………………………
12月14日(日) 第十九回 舞と地歌の会
3時開演 3000円 京都河村能舞台
「石橋」「袖香炉」「鳥のように」「出口の柳」北野峰琴、福田峰寛、楳茂都
梅衣華、福原左和子、大和松蒔。
……………………………………………………………………………………………
12月14日(日)第25回箏曲勉強会 証券ホール
……………………………………………………………………………………………
12月15日(月)第3回 杵屋裕光長唄三味線の調べ〜二挺一枚
3時・7時(二回公演)3000円(ドリンク付)日暮里「和音」
「狂獅子」杵屋利光・杵屋裕光、杵屋勝正雄。「呼応」今藤長龍郎、杵屋裕
光。「助六」杵屋利光・杵屋裕光、杵屋勝正雄。曲の解説、お三味線の手や唄
の技法など、楽しくレクチャーしながら長唄を楽しんで頂こうというライブで
す。
……………………………………………………………………………………………
12月15日(月)上智大学箏曲部定期演奏会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
12月16日(火)都山流尺八邦山会演奏会
6時開演 3500円 紀尾井小ホール
人間国宝山本邦山の一門社中による第24回尺八演奏会。糸方は生田流正派邦
楽会。「寒砧」「尺八四重奏曲第一番」「松虫」「波斯」「空木」「竹彩々」
「つるのおんがえし」「尺八協奏曲」を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
12月17日(水)第18回三曲奨励会
6時半開演 1500円 紀尾井小ホール
(社)日本三曲協会主催。「落葉の踊り」遠藤千晶、矢崎真理子、金子さや
か。「五段砧」武藤松圃、鈴木博三保。「吟龍虚空」鈴木鼎童、高橋星童。
「萩の露」中小路奈都子、田中淑子、渡辺明子、塚本徳、安藤啓子。「寿くら
べ」小林名与郁、古川名花野、平山名玲妹、山下名緒野。
……………………………………………………………………………………………
12月18日(木)澄みきった音を追いかけてVOL18
7時開演 3000円 文京シビックホール(小)
 石川憲弘(20絃箏)ゲスト合田真貴子(17絃・20絃)「クリスマスメ
ドレージャズ」(枯葉、スターダスト、マイワンアンドオンリーラブ他)ビー
トルズナンバー他。師走の慌ただしい時期ですが たまには箏でジャズ・スタ
ンダードなども良いものです。
……………………………………………………………………………………………
12月18日(木)第43回正派音楽院院内演奏会
12時半開演 正派邦楽会館4階ホール
「都踊り」佐々井麻矢、五明敦子、山川香枝。「梢」津村綾子、飯野宏美、鈴
木香奈子。「鳳天舞」松村智子。「神仙調舞曲」岩本由子。「萩の露」熊谷佳
奈。「四季の曲」降旗千鶴。「三弦・箏・十七弦による四重奏曲」を演奏。
……………………………………………………………………………………………
12月18日(木)長唄五翔会 日本橋劇場
……………………………………………………………………………………………
12月18日(木)新内枝幸太夫の世界
六時半開演 22000円 リーガロイヤルホテル京都
舞踊・芝千蝶、上調子・新内幸照。新内流しから舞踊そして艶歌へと新内枝幸
太夫の魅力を満載したクリスマスディナーショー。楽しい一刻の宵を満喫くだ
さい。
……………………………………………………………………………………………
12月19日(金)野坂惠子二代目野坂操寿襲名演奏会
7時開演 5000円 国立小劇場
「乱」「五段砧」「詩曲」「青柳」「残月」客演・青木鈴慕、川瀬順輔、中島
靖子、米川文子。助演・野坂衣里。昨年2月逝去した初代は代官山の先生とし
て著名だった人。三回忌を前に娘の野坂惠子が母野坂操寿を襲名する。今後は
古典は野坂操寿で、現代曲は野坂惠子で活動する。
……………………………………………………………………………………………
12月19日(金)第十六回 小唄 彩の会
6時開演 4000円 日本橋劇場
第1部自由曲「待ちわびて・郡上おどり」より「風神雷神・花の吉原」まで12
番、第二部〈江戸の華やぎ〉「川風」より「五月雨や」まで12番。
飯島ひろ子、宇治小多幸、菊地満佐、小唄幸万琉、千紫章恵、蓼胡茂、蓼津留
葉、田村小つる、常盤まさ米、春竹利昭、松峰照、吉川明貴子。
……………………………………………………………………………………………
12月20日(土)第十八回 箏曲 藤の会
3時開演 2000円 日刊ホール
「千鳥曲」「桜七本」「四段砧」「竹生島」「雲井弄齋」「松竹梅」萩岡松
韻、藤井治童、藤井千代賀ほか藤の会会員。
……………………………………………………………………………………………
12月20日(土)山田流箏曲 亀山香能 Talk&Live vol.6
5時開演 3000円 たべるな
「雪の晨」「八段調」「葵の上」☆お話・久保田敏子。
……………………………………………………………………………………………
12月20日(土)箏衛門辞典最終章「Final〜箏衛門委嘱作品による」
7時開演 2500円  Studio Es
箏衛門コンサートシリーズ最終章「9分後のデッサン」(池上信吾、1997
年)、「Honky Tonk」(栗林秀明、2000年)「52X51」(野村誠、20
02年)、題未定(沢井比河流)委嘱初演。井口かおり、磯貝真紀、市川慎、
梶ケ野亜生、Curtis Patterson、菊地奈緒子、野口貴子、桂千佳、福田優子、
安田有希、山野安珠美。
……………………………………………………………………………………………
12月20日(土)三好ゲン山尺八リサイタル
2時開演・5時開演 4500円 京都コンサートホール
昼の部は「地歌の名曲をたずねて」として「富士太鼓」「御山獅子」「融」を
上演。夜の部の「思い出綴るクリスマスコンサート」は「サンタが町にやって
くる」ほかクリスマスにちなんだ曲を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
12月20日(土)日本音楽のかたち「大和楽の世界」 紀尾井小ホール
……………………………………………………………………………………………
12月21日(日)深海さとみ箏・三絃リサイタル
3時開演 4000円 紀尾井小ホール
「松竹梅」「秋風幻想」「二曲一双」「みだれによる」「岡康砧」12月21
日に発売するCD「秋風幻想」の記念会でもある。「古典を現代に」をテーマ
にした第3回演奏会。賛助出演・中川善雄。深海邦楽会会員の出演。
……………………………………………………………………………………………
12月21日(日)橋本芳子ライブ「うたもの語り」
3時開演 3000円 清月堂ギャラリー2階
うたの中の昔話「浦島太郎と遠野物語」「寿くらべ」「遠野」ほか。田中奈央
一、上原潤一、ゲスト・楠山三香男。
……………………………………………………………………………………………
12月21日(日)東音中島勝祐作品展
2時開演 5000円 紀尾井小ホール
近松門左衛門作・赤澤硯治構成「冥途の飛脚」海津勝一郎作「うちわ売り恋追
風」東音宮田哲男、東音藤倉シュウ益、東音塚原勝利ほか。
……………………………………………………………………………………………

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

:------- 8<----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:

【第2回(平成15年)邦楽クイズ第45弾】
本年のクイズは締めキリの都合で今回が最後となります。最後は100点満点
にしますか?(笑)どこかのテレビ番組じゃないって(爆)
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 泉岳寺には赤穂47士の墓がある。
  (    )

2 だけでなく浅野内匠頭の墓もある。
  (    )

3 さらに浅野内匠頭の奥方の墓もある。
  (    )

4 浅野内匠頭の奥方は瑤泉院である。
  (    )

5 泉岳寺を創建したのは徳川家康である。
  (    )

6 いや浅野長政が建立した。
  (    )

7 討ち入りは元禄15年12月14日夜である。
  (    )

8 泉岳寺の境内には大石内蔵助の銅像がある。
  (    )

9 堀部安兵衛の前名は高田安兵衛である。
  (    )

10芝居の大石内蔵助役は大星由良之助が勤めた。
  (    )

全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り12月26日。
当選者は1月16日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。
Mailto:mag@hougaku.co.jp

:------- 8<-----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:

【第2回(平成15年)邦楽クイズ第41弾解答】
前に一度出した江戸時代の時刻の問題をもう一度。
正しい物に○を、間違っている物に×をつけてください。

1 一日は12刻、一刻は2時間である。
  ( ×   )★昼の一刻と夜の一刻は長さが違った。

2 いや季節によって長さは違った。
  ( ○   )★夜と昼を六等分したから微妙に変わった。

3 刻は「とき」と読む。
  ( ○   )★十二刻は「じゅうにとき」と読む。

4 時計の替わりに「鐘」を撞いた。
  ( ○   )★捨て鐘を三つ撞き続いて時刻の数だけ撞いた。

5 旅行の早立ちは「七つ」だった。
  ( ○   )★暁七つ、と言う。歌の歌詞にも出てきます。

6 「七つ」は午前3時である。
  ( ×   )★午前4時。午後4時は「夕七つ」である。

7 町木戸が開くのは「明け六つ」である。
  ( ○   )★商家の店開きの時間でもある。

8 町木戸が閉まるのは「暮れ六つ」である。
  ( ×   )★「夜四つ」午後10時に閉められる。

9 「暮れ六つ」は日没の30分後である。
  ( ○   )★「明け六つ」は日の出の30分前。

10丑満刻の「丑の刻」は夜の「八つ」である。
  ( ○   )★午前2時。草木も眠るのです。


【正解者発表】
正解は 0名でした。1番のひっかけには殆ど引っかかってくれず3番でつま
ずいた人が多かった。「いっとき」「うしみつどき」「いまなんどきだ?」の
「刻」(とき)です。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
【クイズダービーのお知らせ】
メルマガクイズ(上記の邦楽クイズ)の第1弾(メルマガ61号)から年間ク
イズ王選手権第2回を始めます。ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点で
すね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこ
ういいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?第一回
の優勝は、よろぼうしさん、2位はさくら子さん、3位はアホさんでした。
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★
★お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
1月16日(金)【小唄春香会】証券ホール
新曲「申歳寿」(しんさいじゅ)吉住義之助作詞・松峰千照作曲。「干申の道
行」(えてのみちゆき)美浜れい作詞・春日とよ稲作曲。「昔話かさじぞう」
守谷幸則作詞・里園志寿代作曲ほか104番を上演する。おたすけ社鳥の新作
を聴きに来てくださいね。
……………………………………………………………………………………………
1月17日(土)【戸板祥子新春箏コンサート】サントリー小ホール
第5回賢順記念全国箏曲コンクール第1位の戸板祥子のCD「My lucent
days」の発売に合わせたコンサートである。「黒田節による幻想曲」「水の変
態」「さとうきび畑」「海鳴り」四季より「春」「華やぎ」「箏恋花」ほか
15曲を演奏する。砂崎知子門下の俊英。箏・高畠一郎、三宅礼子、遠藤千
晶、時村好恵。(ヴァイオリン)佐藤まどか、ほかが賛助出演。
……………………………………………………………………………………………
1月23日(金)【日本音楽集団】津田ホール
第174回定期演奏会。日本の現代邦楽アンサンブルの草分けともいえる日本
音楽集団の精妙な調べを聴きに行きませんか?
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
 ┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
 ┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
           箏の弾き方が一目でわかる。
        http://www.hougaku.co.jp/koto/index.html

      初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
    「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
   言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
        パラパラにしました。本邦初の試みです。
      全103ページ、うち73ページはカラーページです。
           (株)邦楽の友社発行
      お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「邦楽の友」誌ご案内はこちら http://www.hougaku.co.jp/book.html
                          をご覧下さい。
月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
12月号は、11月25日(火)に発売されました。
【邦楽好日抄】守谷幸則
【垣根の外で聴くひびき】たかくさわこ
【ホームページ便り・古典の景色】守谷幸則・山木七重
【にほんのおと・しんせいき(都一中)】笹井邦平
【ぷれびゅー演奏会】野坂惠子・杵屋彌吉・深海さとみ
【長唄正本研究】【演奏会へ行く前に】【演奏会案内】【ラジオ・テレビ放送
案内】【邦楽カレンダー】【ニュースと消息】ほか。グラビア写真40点掲
載。

■ 1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
■ 年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
http://www.hougaku.co.jp/qa.html
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
8「邦楽の友社 社告一覧」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

★「邦楽の友レーベル」からCDを発売しませんか?ご相談承ります。★
http://www.hougaku.co.jp/~035cd
CD邦楽の友レーベル1〜9(現在10枚目制作中)
お問い合わせ 03−3400−2806(企画部中村)
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社では「CD・カセット・邦楽用品」の斡旋をしています★
http://www.hougaku.co.jp/cgibin/kensaku.cgi?act=cd
http://www.hougaku.co.jp/store.html
お求めは03−3400−2806邦楽の友社まで。
……………………………………………………………………………………………
★お稽古場案内に参加しませんか?★
http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
初年度13000円 翌年から管理費1年3000円
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友誌」では邦楽器による音楽授業のレポートを求めています★
【邦楽教育現場るぽ募集】
本誌では10月号より連載を開始した「和の音in学舎│邦楽教育現場るぽ」の
原稿を募集しています。現場で奮闘する教師・講師の皆様の生々しいレポート
に写真を添えてお寄せください。詳しい問い合わせは下記笹井まで。
(株)邦楽の友社編集部 笹井邦平 03−3400−2806
                 Mailto:info@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★江戸の名所を歩こう会★ 【第5回】12月13日<高輪・泉岳寺>
参加申し込みはメールで moriya@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
★「邦楽の友メールマガジン」では広告を募集しています。★
詳しくは http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
★邦楽の友社アルバイト募集中★
1、パソコンが扱えること。2、渋谷まで通えること。3、邦楽好き。
希望者はメールで履歴書をお送り下さい。委細面談。ご連絡いたします。
Mailto:info@hougaku.co.jp
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など、弊社へのお問い合わせに関しましては、下記までご連絡
下さい。

■編集:邦楽の友社
■発行:株式会社邦楽の友社

〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ http://www.hougaku.co.jp/
            Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
◆このメールマガジンの購読を希望しない人は、
http://www.hougaku.co.jp/~035mag/form_mail/form.html
より登録・解除のページにて解除をお願い致します。
……………………………………………………………………………………………
◆お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カ
タカナに変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたくよろしくお
願い申し上ます。
……………………………………………………………………………………………

TOP