┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン    ◆2003年5月16日発行第76号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(株)邦楽の友社 /

・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・
  邦楽の友が送る、メールマガジンです。
  このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
  いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。月刊誌の補
  完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
  もし希望されない方はお手数ですが
  Mailto:mag@hougaku.co.jp  までご返信下さい。
  このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使の
  方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・

          ♪──────────────♪
          │齋藤一蓉 喜寿記念リサイタル│
          ♪──────────────♪
     6月29日(日)4時開演 渋谷セルリアンタワー能楽堂
            5000円(全席指定席)
         「漁 火」一絃琴独奏・齋藤一蓉
         「夜開花」一絃琴・齋藤一蓉、尺八・郡川直樹
         「鴛 鴦」一絃琴・齋藤一蓉、峯岸一水
         「初秋月」一絃琴・齋藤一蓉、笛・福原徹
      お申し込み 03−3704−6090 清虚洞一絃琴
            03−3400−2806 邦楽の友社


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
目次
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」
3「リアルタイム情報 新着情報」
4「今週のおすすめ演奏会情報」
5「邦楽クイズ!」と正解者発表!!
6「プレゼント情報」
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(74)
       私と一緒に遊びませんか?
       突然のめるまが後援会会員募集です。
               (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則
メルマガも76号となりました。
一年半続いているということです。
誰も誉めてくれないから、自分で自分を誉めておこう(笑)
思いつきから始まったことでも、続くものだなあ。
続いているのはいいのだけれど、何か、どこか手を入れようと思っている。
毎回内容は違うのだけれども、ワンパターンだからね。
そう言う場合、とりあえず誰かの力を借りるのが一番の早道ではなかろうか。
ということで誰か、つまり「あなた」のお力をお貸し下さい。
邦楽の友メールマガジン後援会員募集!!
特典?・・・・・?
なし!(笑)
条件、あり!1(爆)
1) 会員は毎月一回「ひとこと」私宛にメールを送ることができる人。
面白いこと、楽しかったこと、よかったことなど日常のことなんでも結構。演
奏会の感想やイベントの情報でも結構。ま、メルマガ記者の役割ですね。
2) 会員は全てハンドルネームで参加すること。ペンネームですね。でも何
を書いてもいいというわけではない。「ひとこと」のページを創りますが内容
は私が選ばせていただきます。つまりボツ原稿もあるということ。
3) 一年に1〜2回オフミ(オフミーティング)に参加できる人。参加料は
もちろん有料。原稿料はもちろんなし。採用されるされないにかかわらず2ヶ
月間「ひとこと」もない会員は自動的に削除します。(笑)会員ナンバーは付
けますよ。【1】は当然私です♪
4) 第一期生の募集、締め切りは5月末日まで。
Mailto:otasuke@as.airnet.ne.jp  私のアドレスまでお申し込みください。
結局、私しかいなかったりして・・・それは、ちょっと「や」かも(笑)
会名?仮称で「めるまが雀(すずめ)の会」です。
先に会名だけ創ったっていうのも、なんでしょ?
5) 新会員は参加順にナンバーをつけてハンドルネームを発表します。
有名な方は後援会専用の新しいハンドルネームをおつくりになられてもかまい
ません。本名参加はなし、です。
ただし、私宛のお申し込み時には「本名」「住所」「電話」「年齢」は入れ
てね。
皆さんと一緒に遊びたいと思っています。
仲良く、より親しく。
私に知恵と力をお貸し下さい。
待ってるよ〜〜〜〜〜♪
◆「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」のバックナンバーはこちらから
/mailmagazine/otasuke6.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2「めるまが雀の会」会員の「ひとこと」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【1・おたすけ社鳥】より
はたして二人目の会員ができるのか?次週77号のこのページをお忘れなく。
ずっと【1】番だけだったりして(涙)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp へメールでお送りください。
(35文字5行以内でお願い致します。)
……………………………………………………………………………………………
【伝統文化放送がチャンネル名変更】
株式会社伝統文化放送では7月よりチャンネル名称を、従来の「伝統文化放
送」から「歌舞伎チャンネル」へ名称を変更する旨の発表があった。
……………………………………………………………………………………………
【NHK教育テレビに新番組】
【いろはに邦楽「箏」】6月毎週火曜日夜7時50分〜7時55分
指導・実演 宮下伸、砂崎知子 司会 山田邦子
1 箏にはどんなものがあるの?
2 箏ってどんな楽器?
3 箏ってどうやって弾くの?
4 箏の演奏の楽しみ。
……………………………………………………………………………………………
【第10回賢順記念全国箏曲祭審査員】
平成15年12月7日に行われるコンクールの審査員は次ぎの6氏。
芦垣 美穂・亀山 香能・岸辺 成雄・黒河内 茂・田村 徹・野田 暉行
……………………………………………………………………………………………
【移転】
菊村てる(小唄)創作呉服「来の宮」
104−0061中央区銀座7−18−13クオリア銀座408
03−5565−8399
(新橋演舞場前入る「金田中」並び)
……………………………………………………………………………………………
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは /mailmagazine/mg_koukoku.html
……………………………………………………………………………………………
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┏┫  山勢松韻監修「箏(こと)の、おけいこ」発売中!! ┣┓
 ┃┗━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┛┃
 ┗━━━┛ 「ぱらぱら」めくると「あら不思議?」  ┗━━━┛
           箏の弾き方が一目でわかる。
        /koto/index.html
      初心者を教える人のための、教えやすい教則本です。
    「さんぽ」「サザエさん」「ドナドナ」など全24曲を収録
   言葉では説明しにくい、引き連、すり爪、輪連、裏連の分解写真を
        パラパラにしました。本邦初の試みです。
      全103ページ、うち73ページはカラーページです。
           (株)邦楽の友社発行
      お申し込みは、メールでどうぞ。 Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪
いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。またご連絡をいただければ無料掲載いたします。PR
にご利用ください。(35文字4行以内でお願い致します。)
Mailto:mag@hougaku.co.jp メールでどうぞ。
……………………………………………………………………………………………
5月17日(土) 第十五回丈清会尺八演奏会
1時開演 無料 なかのZEROホール
賛助出演=佐藤親貴、佐藤操子、土屋緑、茶園雅楽顕、高田喜美子各社中。
鯉江丈山門下「尺八丈清会」主催。尺八・箏・三味線で日本音楽の歴史をた
どる。『トラディション』をテーマに「六段の調」から「山里の春」まで
18曲を演奏する。
……………………………………………………………………………………………
5月17日(土)小唄蓼胡茂「志げる会」
10時45分開演 三越劇場
蓼の会の蓼津留葉会長、蓼胡満佳副会長ほか多数が賛助出演。全110番を
上演。会主は「ぐちを舞ふ」「あじさい」を唄う。
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日)伊藤松超・箏曲武声会温習会
11時半開演 無料 日刊ホール
第58回。全26曲を演奏する。なお旧博信堂の山田流箏曲の楽譜は「山田流
箏曲楽譜刊行会」03−3357−4655(FAXのみ)で取り扱う。
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日) 第四十六回杉並三曲協会定期演奏会
11時開演 無料 セシオン杉並
「千鳥」「茶の湯音頭」「江の島」「平和の山河」他全30曲。杉並三曲協会
(会長・江川益代)主催の会。共催・杉並区教育委員会。後援・杉並区文化団
体連合会
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日) 松尾恵子門下・松風会箏曲演奏会
12時開演 3000円 クロスタワーホール
「春の曲」に始まり「六段の調」まで全30曲を演奏する。宮城道雄作品他の
現代曲と古典曲で構成。松風会(松尾恵子、松尾和子)主催。賛助出演=善養
寺惠介。6時終演予定。
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日) 四十七回箏曲柳絃会
12時開演 無料 abc会館ホール
久本玄智作曲「光輝」「飛翔」、古典曲「五段砧」「松風」「春の曲」他
全16曲。高知尾信子・柳絃会会員。賛助出演=久本成子
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日)箏曲神田都美井「都久寿会」演奏会
2時開演 2000円 彩の国さいたま芸術劇場小ホール
人間国宝山勢松韻ほかの賛助出演を迎えて「六段の調」「十返りの松」
「桜狩り」「鉢の木」「新潮」ほかを上演する。
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日) 柳沢翠 箏演奏会
2時開演 2500円 ティアラこうとう小ホール
筑紫歌都子作曲「幻を追うて」、宮城道雄作曲「春の海」「数え唄変奏曲」
「秋の調べ」柳沢翠(箏)、成田泰子(ヴァイオリン)、柳沢カツミ(唄)
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日)常磐津錦司17回忌・小欣司3回忌追善会
11時開演 5000円 国立文楽劇場
「菊の盃」藤間豊宏「四季の山姥」西川鯉矢「助六」山村若「手向草」若柳寿
延、常磐津一巴太夫・常磐津英寿「京の橋」「深酒」また故小欣司小唄作品
「五十鈴川」「濃茶」「団七」春日とよ由士、とよ士加。とよ士有、とよ士衣
で上演。
……………………………………………………………………………………………
5月18日(日)富士松若瀬太夫「新内と舞踊の会」
11時半開演 4000円 難波千日前ワッハ上方ホール
第14回。新内松涛会主催。新内舞踊6番を含めて1部・2部会わせて20番
を上演する。
……………………………………………………………………………………………
5月20日(火) 邦楽、西洋と比ぶれば(十四)
6時半開演 4000円 紀尾井小ホール
「洒落男」、大和楽「江島生島」、小唄「小唄源氏物語」、河東節「助六由縁
江戸桜」☆大和左京・久満。堅田新十郎社中。春日とよ栄芝・とよ喜扇。河東
節十寸見会連中ほか。今回の切り口は「プレイボーイ」。河合隼雄と竹内道敬
との対談では肩の凝らない「東西プレイボーイ談義」が聞かれます。
……………………………………………………………………………………………
5月21日(水)創邦21
6時開演 3500円 日本橋劇場
第4回創作の会。「ふうが」「相聞歌」「女を論ず」「触草」「少年の日」
「松切曽我」の6曲。現在同人は16名。
……………………………………………………………………………………………
5月21日(水) 女流義太夫演奏会
6時半開演 2500円 国立演芸場
竹本朝重、綾之助、駒輝・鶴澤友路、津賀寿、三寿々。「由良湊千軒長者・山
の段」は、人買にかどわかされた母姉弟が惨くも引き裂かれる物語。昨今の拉
致問題とも重なり胸に響く。「恋娘昔八丈・鈴ヶ森の段」では、結ばれぬ恋人
への想いから夫の殺人未遂に走った心情を語る。「義経千本桜・すしやの段」
でも変化に富んだ心模様を堪能。
……………………………………………………………………………………………
5月21日(水)四天王寺・宵太子演奏会
6時50分開演 無料 四天王寺仁王門
二世・菊棚月清と月清古曲保存会。女優・四天王寺紅。五重塔・太子殿ライ
トアップの下で菊棚月清大検校作曲「聖徳太子」を弾き、奏で、歌い、踊る。
雨天決行。
……………………………………………………………………………………………
5月23日(金)第3回高田史子リサイタル「三絃の旅」
6時半開演 3000円 紀尾井小ホール
杵屋正邦作品「如月」「もう半分」「三絃四重奏曲第二番」地歌「青柳」を杵
屋子邦、門田康子、吉田雅鳳、盛田真理子の賛助出演で演奏する。
……………………………………………………………………………………………
5月23日(金) 第27回名流端唄演奏会
11時開演 2000円  日刊ホール
明石、藤本、根岸、若宮、松永、浅井、笹原、稲邑、白峰、三本、柏葉、
三味線、花季、末広、江戸小歌、永野、青柳、栄芝、青葉、雅、山喜、本條の
各派社中(順不同)の出演で全119番。邦楽の友社主催公演。
……………………………………………………………………………………………
5月23日(金)古今東西の夢の笛
7時開演 4000円 中野坂上ハーモニースクエア1階ラウンジ欅
第34回わこクラッシックサロンは尺八のデビッド・ウィラー。英語よりも日
本語が達者という噂のあるアメリカ人の尺八奏者の一人舞台をお楽しみ下さい。
……………………………………………………………………………………………
5月24日(土) 日本音楽集団第171回定期演奏会
3時開演 5500円 第一生命ホール
「颯踏」「箏四重奏曲」「尺八協奏曲」「錦木によせて」「大津絵幻想」今回
は日本音楽集団創立メンバーの一人で現在名誉代表の長沢勝俊作品特集。
……………………………………………………………………………………………
5月24日(土)小唄松風吉若「松柏会」
11時半開演 無料 証券ホール
一昨年に師歴50周年記念会を行った小唄松風会会長松風吉若の温習会。「三
番叟」「松風の賦」をご祝儀に77番を上演する。
……………………………………………………………………………………………
5月25日(日)人間国宝山勢松韻の箏曲特別教室
1時〜4時 受講料 会員3000円 一般3500円
場所 NHK文化センター(青山一丁目)03−3475−1151
第2回。講師 重要無形文化財指定保持者 山勢松韻。入会金 5000円
(既会員不要・3年間有効)テキスト 参考テキスト代金は別途3500円 
お申し込みNHK文化センター並びに邦楽の友社。03−3400−2806
……………………………………………………………………………………………
5月25日(日) 古川箏曲研究所演奏会
11時半開演 無料 きゅりあん小ホール
「箏八重奏曲」「宇治の川瀬の」「実朝の歌」「鱒」「手紙」「箏うた」「民
謡組曲」「富嶽三十六景」「百人一首」他に古典、宮城曲、現代曲など全2
4曲。沖野登志子、網野日左江、堀江久美子、村田祥子、亀澤公美子ほか会
員。賛助出演=坂田梁山、熊谷祥子 古川箏曲研究所は古川太郎の作品を中心
に演奏活動をしている。代表は沖野登志子。
……………………………………………………………………………………………
5月25日(日) 箏志会第33回箏曲演奏会
12時開演 2000円 証券ホール
「秋の言の葉」「楽」「松和松竹梅」「箏と17絃の為の嬉遊曲」「萩の露」
「八段恋慕」ほか。司会=砂崎知子。賛助出演=箏・佐野奈三江、帯名久仁
子。尺八・佐野鈴霏、武田旺山
……………………………………………………………………………………………
5月25日(日)若宮会
2時開演 無料 飯能プリンスホテル天覧の間
弾き唄いの部、短い小唄・端唄の部、アトラクション、名披露目の部、踊り地
の部と5部に分けて賑やかに上演する。会主は若宮三千代家元。
……………………………………………………………………………………………
5月25日(日)広島邦楽連盟創立10周年記念奉納演奏
2時開演 厳島神社祓殿
「八島」「六段の調・呂律の里」「越天楽変奏曲」会長福盛智子ほか会員で。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5「邦楽クイズ!」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
:------- 8<-----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第2回(平成15年)邦楽クイズ第16弾】
正しいものに○、間違っているものに×をつけてください。

1 バチダコは右手の小指にできる。
  (    )
2 八本というのは12律では平調にあたる。
  (    )
3 平調は洋楽でいうとeである。
  (    )
4 平調は「ひらちょうし」と読む。
  (    )
5 正しくは平調子と書く。
  (    )
6 平調子は三味線の調子の基本である。
  (    )
7 いや俗箏の調子の基本である。
  (    )
8 平調子を別称本手という。
  (    )
9 本手は「ほんて」と読む。
  (    )
10 本手という言葉は替手、上調子、裏調子に対して使われる。
  (    )
全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り5月30日。
当選者は6月13日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
:------- 8<-----------(ここから切り取り)--------- 8<----------:
【第2回(平成15年)邦楽クイズ第12弾の答えと正解者】
正しいものに○、間違っているものに×をつけてください。
1 小唄振りの振りは古代では曲のことだった。
  ( ×   )★踊りのことです。
  
2 4世杵屋佐吉が作曲した三絃歌謡曲を「芙蓉曲」という。
  ( ○   )★昭和初めに発表された画期的な長唄小曲。
  
3 三味線の継棹は二ツ折、三ツ折の二種類である。
  ( ×   )★滅多にないが六つ折というのもあった。
  
4 箏曲の継山流は「つぎやまりゅう」と読む。
  ( ○   )★八橋検校の弟子の住山検校の高弟継山検校が創始者。

5 箏曲の継山流は明治前までは大阪から四国にかけて行われていた。
  ( ○   )★組歌の順序などに特色があったという。

6 箏を二つ折にするところから継山流の名がついた。
  ( ×   )★創始者の継山検校からついた。
  
7 歌舞伎で用いる義太夫節を「チョボ」という。
  ( ○   )★セリフは役者がやるので節だけである。
  
8 歌舞伎で用いる小唄・端唄を「チョボクレ」という。
  ( ×   )★祭文から転化した朗読風の歌。願人坊主が歌った。
  
9 歌舞伎で用いる三味線のことを「チョン」という。
  ( ×   )★大鼓(おおつづみ)の打ち方の一。
  
10幕末流行った素人歌舞伎を「ちょんがれ」といった。
  ( ×   )★浪花節の前身。幕末に流行した。
【正解者発表】
正解は 1名でした。よろぼうしさんです。さすが前回のチャンピオン。実力
派ですね。           (おたすけ社鳥)
……………………………………………………………………………………………
【クイズダービーのお知らせ】
メルマガクイズ(上記の邦楽クイズ)の第1弾(メルマガ61号)から年間ク
イズ王選手権第2回を始めます。ルールは簡単。
正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点です
ね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこう
いいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?第一回の
優勝は、よろぼうしさん、2位はさくら子さん、3位はアホさんでした。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6「プレゼント情報」   お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
【チケット☆プレゼント!!】
お申し込みが多くなりましたので全て抽選とさせていただきます。
当たるといいですね。(おたすけ社鳥)
◆ 5月23日(金)【名流端唄会】日刊ホール
現在の端唄界の殆どの流派が参加する、邦楽の友社主催公演。朝10時半から
夜7時半まで、端唄界の現状を理解するに最適の会。端唄を習おうと思う方、
この機会にぜひお出でください。
◆ 5月24日(土)【日本音楽集団】第一生命ホール(月島)
邦楽アンサンブルの最高峰にあるプロの演奏家集団。邦楽の全てのジャンルか
ら団員として参加したメンバーが現代邦楽の大合奏を繰りひろげる。質・量と
もに最上の演奏です。
◆ 5月25日(日)【箏志会】証券ホール
宮城会のプリマドンナ、砂崎知子さんの一門会。レベルの高さは師匠ゆずり
の面々が腕をぶして師匠に挑む。全国箏曲コンクール優勝者4名をふくむ腕達
者の競演は見物聞き物と保証しておく。
◆ 5月31日(土)【端唄笹木美きえ会】上野広小路亭
日本橋きみ栄に師事していた人。このたび改め、笹木美きえとなった。会主
は「誰でも気軽に楽しめる端唄の会にしたいと思います。どうぞ皆様いらして
下さいませ。」マグナム小林ほか。
◆ 6月5日(木)【長唄希扇会】国立小劇場
稀音家六綾代表による希扇会。毎回長唄構成曲が大評判。今回は源平の世界を
借りて描く人間の業。「源平盛衰記 卍巴男女柵」この大舞台は必見、値打ち
あります。6時からの夜の部のみのプレゼントです。
◆ 6月21日(土)【長唄・囃子楽明会】日刊ホール
田中佐幸、杵屋五三助、稀音家六四郎、杵屋佐吉、杵屋新右衛門(出演順)の
5会員による長唄の新グループ結成第1回。いずれも50歳前頃の期待される
メンバーが集まった。第1回目はぜひ聴きたいもの。
……………………………………………………………………………………………
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
7「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
「邦楽の友」誌ご案内はこちら /book.html
                          をご覧下さい。
月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
6月号は、5月22日(木)に発売されます。
【「邦楽維新」特集】
1 邦楽の鑑賞と和楽器体験研修会
2 初心者と教える人のための三味線講習会
【邦楽好日抄】守谷幸則
【ウズベク紀行】柘植元一
【季々評】上野晃
【長唄芸語】稀音家義丸
【余音余情】波多一策
【四季随想】杵屋栄禧
【小唄オシャレ考】竹越治夫
【邦楽道しるべ】東山晋士
【小唄散見】目賀田武藏
【長唄詞章考】長崎由利子
【創作の景色】菊村しづ
【ホームページ便り・古典の景色】守谷幸則・山木七重
【ホームページ便り・天に咲く花】守谷幸則・小笠原千世子
【にほんのおと・しんせいき】笹井邦平
【舞踊年表】如月青子
【ぷれびゅー演奏会】楽明会・歌沢隆勢会
【長唄正本研究】【演奏会へ行く前に】【演奏会案内】
【ラジオ・テレビ放送案内】【邦楽カレンダー】ほか。
グラビア写真40点掲載。
■ 1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
■ 年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)
お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
/qa.html
……………………………………………………………………………………………
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など、弊社へのお問い合わせ
に関しましては、下記までご連絡下さい。
■編集:邦楽の友社
■発行:株式会社邦楽の友社
〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ /
            Mailto:mag@hougaku.co.jp
……………………………………………………………………………………………
◆邦楽の友メールマガジンのバックナンバーはこちらからどうぞ。
/mailmagazine/mg_back.html
……………………………………………………………………………………………
◆このメールマガジンの購読を希望しない人は、
/mailmagazine/form.html
より登録・解除のページにて解除をお願い致します。
無事解除された場合「登録解除」のお返事を差し上げます。
……………………………………………………………………………………………
◆お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カ
タカナに変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたくよろしくお
願い申し上ます。
……………………………………………………………………………………………

TOP