┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン     ◆2002年6月28日発行第31号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(株)邦楽の友社 /


・・・‥‥…━━━━━━━━┃ご┃案┃内┃━━━━━━━━………・・・

  邦楽の友が送る、メールマガジンです。
  このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けした
  いと思っております。邦楽の友誌の内容とは関係ありません。月刊誌の補
  完をしているとお考えください。両方読めば鬼に金棒?
  もし希望されない方はお手数ですが
  Mailto:mag@hougaku.co.jp  までご返信下さい。
  このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使いの
  方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。

・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃★┣━┳━┳━┳━┳━┓
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫広┃告┃募┃集┃中┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┛
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは /mailmagazine/mg_koukoku.html
をご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     高崎芸術短期大学 第1回音楽・美術の講習会

   7月27日(土)〜7月28日(日) 9時〜16時30分
            受講料3000円

    この講習会はこの後9月・10月・12月と計4回行います。
邦楽に於いては、実技と理論について大切なポイントを重点的にしっかり
と講義する。また学内の、素晴らしい施設を見学し、説明を受ける。

詳細については―――高崎芸術短期大学 学科長 宮下伸(箏曲家)まで
          027−388−2301
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

目次
1>>「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
2>>「リアルタイム情報」新着情報
3>>「今週のおすすめ演奏会情報」
4>>「クイズ!プレゼント情報」正解者発表!!
5>>「月刊誌 邦楽の友のご案内」

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1>>「おたすけ社長の邦楽ここだけの話」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽ここだけの話(29)
      酔月会、増渕任一朗さんの2曲

                 (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則

「酔月会」というお座敷邦楽の会を立ち上げて2年弱。
第1回が宮下伸さん。第2回が砂崎知子さん。第3回が清元延初磨・延志佐
さん。第4回が山勢松韻さん、ときて今回第5回が増渕任一朗さんをお願い
した。
曲目は自作の2曲。「風に聞く」と「紅衣」(くれない)私流の解説です。

「風に聞く」は楠正成の夫人が正成戦死後、南河内で庵を編んで余生を送っ
たといわれている地を、増渕さんが訪れた折に作曲したもの。
耳を澄ませて聞く風の音は、夫人の庵を吹きぬけた風であり、夫正成、息正
行への哀悼の風であり、今時代を超えて吹き抜ける風である。

建武の新政の立役者、後醍醐天皇の懇望を得て、鎌倉幕府打倒に立ち上がっ
た楠正成は、現在に至るまで日本人にこよなく愛されてきた名武将の一人で
ある。
赤坂城、千早城の手に汗にぎる攻防戦は「太平記」に詳しい。
話を語るまでもない。誰でも知っている。
足利尊氏の大軍を迎えての「湊川涙の別れ」のくだりなど、泣かぬものはな
い。その後の南朝・北朝の歴史の中でも燦然と輝く出色の名場面であろう。

しかし、増渕任一朗さんは、戦記ものとして物語を構築しない。
視点はあくまで、楠正成夫人である。
風は無情に吹き抜けていくのか?
諦観を残して通り過ぎるのか?
戦場の匂いのない風音は清爽な曲調であればあるほど哀感をおびているよう
に感じられる。

2曲目の「紅衣」は中世の和歌を恋物語にあつらえて箏歌にしたものだが、
処女の恋心を「紅の初花」に喩えた詠み人知らずの秀句から発する。
淡い思いではない。深奥に濃く染められた強い想いである。

2歌の小野小町の「夜の衣を返してぞ着る」で、その情念がどうにもならな
いところにあるのが、さらにわかる。恋情の強さが悲劇を予感させ、3歌で
「逢わぬ君」が登場するにいたって、それが確信につながる。

4歌では帰って来ない君を泣きながら慕う姿が、5歌では古き佳き日の想い
出に浸る姿が語られ、最後の6歌で時の流れによって浄化された心情が描か
れて完結するという非常に巧緻な構成である。
6歌の「かささぎ」が七夕を意味するとするならば、あるいは、せめて一年
に一度位は逢いたいという慕情への転化を示唆するのかもしれない。

歌は夫人の増渕陽子さん。箏の絹糸で編まれた衣装が座敷の舞台にも映える。
絹の衣が大和言の葉を詞章の意を精確に縁どっていた。

前回まで使用していた会場を人形町の吉晁に移すに当たって、9ヶ月もの会
場探し。40名限定の会なので、大きい場所は不向きだし・・・けっこう難
しいものです。食事も会席料理がいいし・・・お酒も美味しくなくっちゃね。
さて、次回は誰にお願いしようかな♪

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2>>「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【ニュース募集】
邦楽の友メールマガジンでは邦楽ニュースを募集しています。
冠婚葬祭、ちょっとした時事ネタなど危ないもの以外は、なんでもどうぞ。
Mailto:mag@hougaku.co.jp へメールでお送りください。
----------------------------------------------------------------------
【人間国宝決まる】(斯界関係のみ)

鳥羽屋里長(歌舞伎音楽長唄)66歳

山本邦山(尺八)64歳

藤井久仁江(地唄)71歳
----------------------------------------------------------------------
【平成14年度文化庁芸術祭音楽部門審査委員】
大木正純、久保田敏子、國土潤一、鴨原真一、竹内道敬、長廣比登志、中村
孝義、楢崎洋子、悠雅彦。以上9名。
----------------------------------------------------------------------
【邦楽の友社専属 山木七重 読売文化センター錦糸町新講座】
【山田流箏曲入門 気軽にたのしくお箏にふれてみませんか?】

この講座では気軽に楽しく「おこと」に親しんでいただくことを目標としております。
箏、爪という生きた素材からできた楽器を用いて奏でる豊かな音色に触れることから始め、
次第に「和音とリズム」からできる演奏の楽しさを味わえるよう指導します。

         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【山田流箏曲入門 山木七重】第1・3土曜10:00〜11:30 3か月 入会金5000円
7月期/4回 8,000円  10月期/6回 12000円 1月期/5回 10000円
お申し込み 03−5625−2131 読売日本テレビ文化センター錦糸町
         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■日程・カリキュラム■
【期日】
【テーマ】
(1)
7/6
おことに楽しくふれてみましょう楽器について知ってもらい、実際音を出してみる
(2)
8/3
曲を弾いてみましょう右手だけで簡単な曲をひく。楽譜の読み方
(3)
9/7
曲を弾いてみましょう左手も使い簡単な曲をひく。 楽譜の読み方
(4)
9/21
曲を感じてみましょう 音色 楽譜の読み方
(5)
10/5
曲を感じてみましょう リズム楽譜の読み方
(6)
10/19
曲を感じてみましょう リズム楽譜の読み方
(7)
11/2・16
曲を感じてみましょう テンポ 楽譜の読み方
(8)
12/7・21 ,1/18
唄いながらひいてみましょう。自分で唄いながらひいてみる。
(9)
2/1・2/15
合奏してみましょう合奏の楽しさを知り、自分で曲を表現してみる。
(10)
3/1・15
一人で演奏してみましょう。

■持参品/爪 ■テキスト代・教材費・設備費 ■その他


----------------------------------------------------------------------

    【 邦楽の友レーベル第6弾 7月1日発売!!】
   「新たなる旅立ち 新内の世界」hougaku-6税抜価格3,000円
 富士松鶴千代、新内勝凰、新内勝一朗 他 Mailto:mag@hougaku.co.jp
       たまには新内(しんない)はいかが?
風にのって、遠く、近く。高く、低く、聴こえてくる三味線の連れ弾きの音。
       叙情的、扇情的に人の心を揺さぶる歌。
 江戸の町に流れていた新内が、劇場新内に変わり、今CDになりました。
    これが、日本人のための、日本人による、日本の音楽です。

          【お聴きになりませんか?】
      7月1日、発売の邦楽レーベル6枚目です。
3150円、どこのレコード屋さんでも買えますが、邦楽の友社のレーベルで
      すので、ご希望の向きはご予約ください。
    当社に予約なされた場合、消費税、送料はサービスします。
                       
----------------------------------------------------------------------

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3>>「今週のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
♪───────────┐
│演奏会に行きませんか?│
♪───────────♪

いずれも「邦楽の友」誌の「演奏会案内」ページ、「演奏会へ行く前に」ペー
ジ、「演奏会カレンダー」ページ、本誌広告などに掲載されています。詳細は
そちらをご参照下さい。またご連絡をいただければ無料掲載いたします。PR
にご利用ください。mag@hougaku.co.jp メールでどうぞ。
----------------------------------------------------------------------
6月29日(土)現代三味線音楽協会主催「杵屋正邦作品演奏会」
4時開演 4千円 新宿朝日生命ホール
「奏鳴」「夏野」「小鼓と箏17絃による嬉遊曲」「呼応」「八段恋慕」「月
の絵島」「三絃四重奏曲第2番」「箏三絃二重奏曲」「友垣」「綺羅」「去来」
「太鼓の曲」出演は現代三味線音楽協会会員による。
----------------------------------------------------------------------
6月29日(土)第206回長唄東音会
1時開演 5千円 有楽町マリオン朝日ホール
「外記猿」「鞍馬山」「官女」「安宅の松」「球磨川」「鳥羽絵」「ウツボ猿」
----------------------------------------------------------------------
6月29日(土)地唄しぐれ茶屋
1時半開演 1,5千円 お江戸日本橋亭
「色香」「七夕」「五月雨の頃」「一口地唄」二世菊棚月清、菊棚優華、菊棚
夢華。第122回。上方の地唄を東京で聞こうという会。
----------------------------------------------------------------------
6月30日(日)長唄幸城会
11時開演 ホテルエドモント春琴の間(3階)
第42回。会主は稀音家六幸城・東音近藤幸子。「雛鶴三番叟」より「白露」ま
で全26番を上演。特別出演・家元5世稀音家六四郎、ほか。
----------------------------------------------------------------------
6月30日(日)清韻会
10時45分開演 3千円 国立小劇場
日本芸能タイムス社主催第14回。長唄・箏曲・新内・詩吟・小唄・端唄・・・
たぶん終演は9時過ぎるのではないか?いろいろ聴けて面白い。
----------------------------------------------------------------------
7月1日(月)箏曲新潮会
6時半開演 3千円 朝日生命ホール
「岡康砧」「四季のすさび」「桜狩」「六玉川」「蕪村の和詩による悼歌」「三
絃・箏・尺八のための二章」芸大卒業生による山田流箏曲演奏会、第46回。
----------------------------------------------------------------------
7月2日(火)新内枝幸太夫の世界「新内七夕の夕べ」
6時半開演 1,5万円 リーガロイヤルホテル京都2F朱雀の間
第3回。新内流しから演歌まで、多彩な才能を持つ新内枝幸太夫の魅力満載のデ
ィナーショウ。下落合に東京稽古場あり。090−8205−3009まで。
----------------------------------------------------------------------
7月4日(木)清元研究会
6時開演 5千円 紀尾井小ホール
「鳥さし」益次太夫・吉志郎。「雁金」梅光・梅丸。「かさね」梅園路・紫葉。
「流星」梅寿太夫・梅吉。清元流主催。聞き物はやはり「流星」になるか。家元
清元梅吉のタテ三味線に、お囃子を入れた芝居仕立ての趣向。必見。
----------------------------------------------------------------------
7月5日(金)福田輝久尺八聖流創立演奏会
7時開演 4千円 津田ホール
現代尺八の旗手、骨格の大きさに将来性を感じさせる人。新時代の若手洋楽作曲
家に創作を依頼。彼らと共に、新たな可能性を探求する。新作7作品を演奏。
----------------------------------------------------------------------
7月6日(土)中垣雅葉KOTOライブー2「箏・自然体」
2回公演 5時半・8時半開演 タイレストラン「チェント・コーゼ」池尻大橋
ケーナにギター、パーカッションとのコラボレーション。3,5千円。
----------------------------------------------------------------------
7月6日(土)李忠信フルートコンサート
7時開演 千円 かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール(小ホール)
三味線に上原潤一、箏・五十川真子、フルートにピアノのコラボレーション。
----------------------------------------------------------------------
7月7日(日)三好ゲン山「清ゲン社」第32回定期演奏会
1時開演 無料 京都府立文化芸術会館
ロビーにおいて尺八と箏のワークショップを行う。子供たちに直接楽器に触らせ
邦楽に親しんで貰う試み。上演曲目にも子供向けの楽曲を予定している。
----------------------------------------------------------------------
【永山さんより演奏会情報です】
メルマガ読者の方で情報掲載をご希望のかたは必ずメールでお送りください。

【第29回 長唄「如葉会」】

◆平成14年7月19日(金)午後6時半開演 
◆九段下日刊工業新聞社ホール

「越後獅子」唄/東音西垣和彦・杵屋勝彦・杵屋巳津也
      三/杵屋五三助・杵屋五丈・杵屋五吉郎
「酒」   唄/杵屋崇光
      三/東音村尾愼三・東音小島直文
「秋色種」 唄/杵屋君三郎・和歌山富朗
      三/稀音家祐介 上調子/杵屋栄八郎
「綱館」  唄/東音渡邉雅宏・東音西垣和彦・和歌山富朗・杵屋勝彦・杵屋巳津也
      三/杵屋五司郎・東音村尾愼三・杵屋五丈・杵屋五吉郎・東音小島直文
チケット代/3000円
お申し込みは、永山 setsuinu@dc4.so-net.ne.jpまで!
----------------------------------------------------------------------

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4>>「クイズ!プレゼント情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

:------- 8<-----------(ここから切り取り)--------- 8<---------:

【今週の邦楽クイズ第23弾】
三曲の曲名の読み下しです。簡単すぎるかな?

1 藤戸
  (         )

2 融
  (         )

3 常世の曲
  (         )

4 調の栄
  (         )

5 桂男
  (         )

6 海山の曲
  (         )

7 玉の台
  (         )

8 歌恋慕
  (         )

9 万歳
  (         )

10新玉の曲
  (         )

全問正解者の中から抽選で3名様に記念品を差し上げます。
締切り7月5日。
当選者は7月26日発行の本メルマガ欄で解答とともに発表します。
ハンドルネーム使用可。お答えはメールで。Mailto:mag@hougaku.co.jp
:------- 8<-----------(ここから切り取り)--------- 8<-----------:

【今週の邦楽クイズ第19弾】(6月号より出題)
4択です。正しいものはどれでしょう。

1 写楽が歌川豊国だという説をとなえた人は?
  イ 横山隆一 【ロ 梅原猛】 ハ 福富太郎 ニ 池田満寿夫

2 テレビ界の業界語、晴天は?
  イ アッパレ 【ロ ピーカン】 ハ カンピー ニ テンセイ

3 潮来出島の真菰の中に咲くのは?
  【イ アヤメ】 ロ ショウブ ハ カキツバタ ニ 恋

4 いずれアヤメかカキツバタの出典は?
  イ 源氏物語 ロ 平家物語 【ハ 源平盛衰記】 ニ 太平記

5 成瀬巳喜男監督の「流れる」に出演していないのは?
  イ 山田五十鈴 ロ 杉村春子 ハ 田中絹代 【ニ 吉永小百合】

6 守谷幸則の作詞「可愛い人」の曲名をつけたのは?
  イ 守谷幸則 ロ 里園志寿代 【ハ 里園志寿榮】 ニ 蓼延は留

7 ジャーマンアイリスの別名は虹色の何?
  【イ アヤメ】 ロ ショウブ ハ カキツバタ ニ 恋

8 「秋波」なんと読む?
  イ アキナミ ロ サザナミ 【ハ ナガシメ】 ニ アキシメ

9 新三国志IIの主役は誰?
  イ 劉備 ロ 関羽 【ハ 孔明】 ニ 曹操

10 小唄「梅雨もよい」に出てくる鳥は?
  イ カラス ロ ウグイス 【ハ ホトトギス】 ニ スズメ

【正解者発表】
正解者は 名でした。伊藤正治郎さん、さくらさん、よろぼうしさんです。
ということは・・・?本誌を読んでいるのは3人しかいないのかな(笑)
                           (おたすけ社鳥)
---------------------------------------------------------------------

【クイズダービーのお知らせ】
メルマガクイズ(下記の邦楽クイズ)の第1弾から年間クイズ王選手権を始め
ます。ルールは簡単。

正解1問につき1点さしあげます。全問正解者にはプラス10点(20点です
ね。)本年12月最後のメルマガクイズが締切りです。優勝者には「けっこう
いいもの」(未定ですが)を差し上げます。2位、3位もあるかな?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━☆
┃プ┃┃レ┃┃ゼ┃┃ン┃┃ト┃┃!!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━★お申し込みMailto:mag@hougaku.co.jp
【チケット☆プレゼント!!】
先着順です。お早めにお申し込みください。
---------------------------------------------------------------------
◆小笠原千世子「天に咲く花」
7月29日(月) 高田馬場アートボックスホール あと8名
---------------------------------------------------------------------
◆山木七重「古典の景色」第2回
9月12日(木) お江戸日本橋亭 あと8名
---------------------------------------------------------------------
◆遠藤千晶箏三絃リサイタル
9月14日(土) 福島テルサFTホール あと10名
---------------------------------------------------------------------
◆日本音楽集団
9月20日(金) 津田ホール あと20名
---------------------------------------------------------------------
◆遠藤千晶箏三絃リサイタル
9月27日(金) 旧東京音楽学校奏楽堂 あと5名
---------------------------------------------------------------------
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【差し上げます、三味線2挺】
●杵屋栄ヨシさんより、長唄稽古三味線 1挺
(二つ折れ・樫棹・戦前のもの。メンテナンス必要)
●蓼胡真紗さんのお弟子さん牟田口さんより 小唄三味線 1挺
(三つ折れ・ソフトキャリングケースつき。メンテナンス必要)

会社に取りにきていただける方。お申し込み先着順です。
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5>>「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「邦楽の友」誌ご案内はこちら /book.html
                          をご覧下さい。
月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)

7月号は6月25日に発売されました。

7月号内容
【「邦楽維新」特集】
【石川台中学校の選択授業と河野豊氏のサポート】

【邦楽好日抄】守谷幸則
【邦楽プロデューサー45年】水野好子
【余音余情】波多一策
【四季随想】杵屋栄ヨシ
【小唄オシャレ考】竹越治夫
【邦楽道しるべ】東山晋士
【小唄散見】目賀田武蔵
【津軽路三和子の邦楽たんけん記】初見れい子
【長唄詞章考】長崎由利子
【創作の景色】菊村しづ
【季々評】上野晃
【漢方の歩きかた】岩崎治之
【ホームページ便り】守谷幸則・山木七重
【にほんのおと・しんせいき】笹井邦平
【舞踊年表】如月青子

【長唄正本研究】【邦楽カレンダー】【ぷれびゅー演奏会】ほか。
グラビア写真56点掲載。

■ 1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
■ 年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)

お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:pmag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
/qa.html

===[PR]===============================================================
お稽古場案内に参加しませんか?
  お稽古場をお持ちの方にお知らせ
=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--==--=--=--=--=--=--=--=--=--=-=-
あなたも邦楽の友社のホームページに参加しませんか?
制作費1件1万円(変更なければ翌年以降無料)
管理費3千円(一年分)
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
参照 http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko
===[PR]===============================================================

記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など
弊社へのお問い合わせ先に関しましては、下記までご連絡下さい。

■編集:邦楽の友社
■発行:株式会社邦楽の友社
〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
TEL:03-3400-2806
邦楽の友社ホームページ /
            Mailto:mag@hougaku.co.jp
--------------------------------------------------------------------
◆このメールマガジンの購読を希望しない人は、
/mailmagazine/form.html
より登録・解除のページにて解除をお願い致します。
無事解除された場合「登録解除」のお返事を差し上げます。
--------------------------------------------------------------------
◆お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カ
タカナに変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたくよろしくお
願い申し上ます。
--------------------------------------------------------------------