┏━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃邦┃楽┃の┃友┃メールマガジン     ◆2001年12月1日発行2号◆
┗━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 邦楽の友社 /
・・・‥‥…━━━━━━━━ご┃案┃内┃━━━━━━━━━………・・・
(株) 邦楽の友社の配信するメールマガジンの第2号です。
小社では、半世紀にわたって、邦楽界の業界専門誌、月刊「邦楽の友」誌を発
行して参りましたが、月刊誌の宿命として、どうしてもニュース性に乏しくな
ります。
これを解消するため、今後は定期的に邦楽界のニュースを、リアルタイムで、
お届けできるようになればいいなあというのが、この企画の趣旨であります。
邦楽の友社ホームページにメールをいただいたかた総てにご案内させていただ
きました。
料金は派生いたしません。(無料です)
ご意見を賜れば嬉しゅうございます。
                    (株)邦楽の友社社長 守谷幸則
・・・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………・・・
 邦楽の友メールマガジンを配信させていただきます。
 このメールは邦楽の友メールマガジン購読希望(無料)の方にお届けしたい
 と思っております。もし希望されない方はお手数ですが
 Mailto:mag@hougaku.co.jpまでご返信下さい。
 このメールは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使い
 の方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。

〓[PR]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓 お稽古場案内に参加しませんか?
〓    お稽古場をお持ちの方にお知らせ
〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓  2002年4月(来年)より中学校に、2003年4月(再来年)より高校に、
〓  「邦楽器」(和楽器)が入る時代です。
〓  筝や三味線、尺八などの日本古来の楽器に興味を持つ子供たちが出てく
〓  るのは当然のことだと思います。
〓  そのとき子供たちは自宅の傍にある「お稽古場」を、インターネットで
〓  探すでしょう。今の子供たちはパソコンの申し子です。
〓  お弟子さんを増やすこと、それが邦楽を広めることに直接つながること
〓  は言うまでもありません。
〓  どなたでも参加できます。
〓  あなたも邦楽の友社のホームページに参加しませんか?

〓  制作費1件1万円(変更なければ翌年以降無料)
〓  管理費3千円(一年分)
〓  お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
〓  参照 http://www.hougaku.co.jp/cgi-bin/kensaku.cgi?act=keiko

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓[PR]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓 邦楽の友レーベル第二弾
〓    宮下伸「SHIN」新発売
〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓  これは日本の音である。
〓  日本人が日本人の心を癒すための音楽である。
〓  天才・異才・鬼才とその才能を謳われるソリスト、宮下伸が
〓  自作品の中から7曲をセレクト。
〓  道源飛鳥の解説は曲調に合わせた詩的リズムを刻み、
〓  宮下伸の音はやさしく、強く、聞き手を包み込む。
〓  芸魂をもつ人がいる。
〓  この芸神と同時代に生きていられることが嬉しい。
〓  
〓  CD「SHIN」3150円(hougaku-2)
〓  お申し込み Mailto:nakamura@hougaku.co.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  読む人だけが得をする!邦楽の友社最新メールマガジン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
目次
1>>「邦楽のおたすけ」おたすけ社長の最新情報
2>>「リアルタイム情報」新着情報
3>>「今月のおすすめ演奏会情報」
4>>「クイズ!プレゼント情報」
5>>「メールマガジン広告募集中」
6>>「月刊誌 邦楽の友のご案内」

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
1>>「邦楽のおたすけ」おたすけ社長の最新情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

邦楽の友メールマガジン」配信にあたって(1)
                    (株)邦楽の友社 社長 守谷幸則

「邦楽の友」という月刊誌が創刊されたのは昭和30年6月1日である。初代社長は
久保重良、2代社長矢部洋文を経て現社長守谷幸則(3代)まで半世紀の歳を数え
る。

その間邦楽界には様々なことがあり、多くの名人上手が鬼籍に入り、バブルの影響を
受けたりもし、いいときもあり悪いときもあるといった状態を、邦楽人総てが味わい
ながら此処まできた。

邦楽の友誌は業界誌であったから、邦楽界の情報宣伝媒体誌に特化しておれば、まず
まずそれなりに評価も受けたろうし、邦楽界が隆盛の一途を辿るさまを、ただ喜んで
いればいいという立場を堅持していれば良かった筈だった。
しかし難問はいつでも不意にやってくるもので、それはこの世界からではなく、外の
世界の都合で出現した。バブルの崩壊がそれである。
邦楽の世界というのは、「芸」の世界である。「芸」の世界にはバブルは存在しない。

何十年もかけて育成される「芸」にはマガイモノはない。
しかし人間であるから生活していかなければならない。「芸の世界」をささえるもの
は、「趣味の世界」であるから、土台となる「趣味の世界」がバブルの影響を受けれ
ば、やはり「芸の世界」もその影響とは無縁ではいられない。
それで「温習会」お浚い会が減った。10年前に較べると三分の一以下になっ
たように思う。

お浚い会は減ったが、その分「リサイタル」と「師範会」が増えている。
趣味の世界が芸の世界を支えきれず、芸の世界が趣味の世界を必死に引き止めてい
る、といった構図に見える。三角形が逆三角形の様相を態してしまうのだろうか?
「記念会」や「追善会」も昨今は分けずに合同会でやるのが普通になってきた。
「趣味の世界」の崩壊が「芸の世界」を侵食している好例である。
さらに2002年4月には中学校に「和楽器」が入る。
楽しみでもあるが、頭の痛いことでもある。
その辺の所は次回に譲るが、言いたいことは、つまり大変な世相である、ということ
だ。このような時期に我々は何をしなければならないか、そのような埒もない?

話を、このページで書いていこうと思う。
ご意見を賜れば嬉しい。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
2>>「リアルタイム情報」新着情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
 
【急告 邦楽界にコンピューター・ウィルス】
 
11月29日の午前中にパソコンの件名に「Re     」と何も書かれていない
添付メールが出回りました。開くとウィルスに感染します。このウィルスは勝
手にパソコン内にあるメールアドレスに同じ病原菌をばらまきます。開かずに
消去なさることをお薦めします。お気をつけ下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【パーティ】
山勢松韻師 重要無形文化財認定記念祝賀会 盛会に終了
11月25日、東京會舘ローズルーム
400人の招待客が参加。当日は常磐津「老松」のご祝儀に始まり、鏡開きも
あり、和やかな祝宴となった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【パーティ】
鶴賀若狭ジョウ師 重要無形文化財認定を祝う会
1月5日、3時より、赤坂プリンス「クリスタルパレス」
昨年の、鶴賀若狭ジョウ襲名につづく人間国宝の認定。新内仲三郎師とならん
で新内界の初の慶事である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【訃報】
舘野善二氏夫人舘野淑子さん死去
11月26日、死去。91歳。11月27日〜28日、目黒五百羅漢寺において葬儀がお
こなわれた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【小野衛師告別式】
式場変更のお知らせ
11月14日、肺癌のため逝去された小野衛師の告別式の会場が幡ヶ谷清岸寺より
下記会場に変更になりました。
12月11日(火)午後1時〜2時、
増上寺光摂院(港区芝公園4-7-35)03-3432-1431
連絡先創明音楽会事務局03-3728-5925(穂積)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【御礼】
邦楽の友社の主催公演盛会に終了
邦楽の友社主催演奏会11月26日「粋有芙ミニリサイタル」並びに
11月29日「増渕任一朗作品リサイタル」は盛会の内に終了しました。
当日ご来場いただきました多数のお客様、有難うございました。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
3>>「今月のおすすめ演奏会情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【新内小唄創始50周年記念会】
12月1日(土)日本橋三越劇場 11時開演
主催は2代目家元・ふじ松加奈子。
開曲「船流し」ふじ松加奈子作曲。ほか波乃久里子による新内舞踊もあり楽し
める。
邦楽の友社でもチケットを扱います。
お問い合せ /
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【邦楽の友社主催公演】
小唄春香会
1月16日(水)九段下日刊ホール 10時開演
小唄界の若手唄方が勢ぞろい。美声を聴かせます。是非お出かけください。
20名様、お弁当つきご招待。
3時頃、松峰千照作曲の新曲を開曲。
また里園志寿代作曲「可愛い人」(作詞 邦楽の友社社長 守谷幸則)を
蓼延は留師で東京初演。
お問い合せ /

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
4>>「クイズ!プレゼント情報」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
【邦楽ものしりクイズ】
邦楽ものしりクイズ「100問」にご参加ください。
/top.html
100問解答者の中から、10名のかたに、ご希望のCDを差し上げています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【チケット☆プレゼント!!】
3>>の、邦楽の友社主催公演のチケットを差し上げます。
小唄春香会 20名様(お弁当つき)
 
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【差し上げます!!】
三味線 5挺(1挺〜5挺まで、先着順)
(ただしメンテナンス必要)
お申し込み Mailto:mag@hougaku.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
5>>「メールマガジン広告募集中」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
邦楽の友社発行の邦楽の友メールマガジンでは広告を募集しています。
詳しくは下記までご連絡下さい。
お問い合せ Mailto:mag@hougaku.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
6>>「月刊誌 邦楽の友のご案内」
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
「邦楽の友」誌ご案内はこちら /book.html
                          をご覧下さい。
月刊「邦楽の友」(毎月25日発行)
 
誌代値上げのお願い
平成元年4月以来、小誌におきましては、13年以上に亘って本誌価格を、
本体534円(消費税をいれて560円)に据え置いて参りましたが、邦楽維新とも
いうべき、来る平成14年4月の「和楽器導入」を目前にした、この1月から(1月
号から)月刊「邦楽の友」誌の誌代を1部750円(消費税込み)に値上げさせてい
ただくことになりました。
ご愛読の皆様に深いご理解と、ご寛恕を賜りますよう、ここに告知し、お願い
申し上げます。
 
■ 1部 750円 (1部売りの場合は送料実費とさせていただきます。)
■ 年間購読料 9,000円(前払い・送料サービス)
 
お申し込みは、当社あてメールにてご連絡下さい。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
お支払方法などご案内いたします。
/qa.html
 
尚、本年12月号までは1冊560円とさせていただきます。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。
ご意見・ご要望など
弊社へのお問い合わせ先に関しましては、下記までご連絡下さい。
 
■編集:邦楽の友社
■発行:株式会社邦楽の友社
 
〒150-0002渋谷区渋谷1丁目7-5-201
 
邦楽の友社ホームページ /
            Mailto:mag@hougaku.co.jp
 
◆このメールマガジンの購読を希望しない人は、こちらまでメールでお知らせ
ください。お問合せやご意見ご感想などもこちらへお願い致します。
Mailto:mag@hougaku.co.jp
*お手数ですが、お名前等を明記してください。
 
お名前の文字が送信する時に、文字が化けてしまう可能性があるものは、カタ
カナに変えさせていただいております。どうぞご理解を賜りたくよろしくお願
い申し上げます。